厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 北の鯛と西の鯛(前)  ちょっとごっついホットドッグ ちょっとええ感じなホットドッグ >>

北の鯛と西の鯛(後)

きのうは義弟一家から釣果のおすそ分けでソイとタイをいただきまして、さしずめ北の鯛と西の鯛やなぁってことで、北の鯛、つまりソイの方からいただいたんですが、きょうは西の鯛、つまりホンモノのタイのほうを。
まずは例によってお造りから。
2016-12-12 001.jpg
やっぱりタイは1日おいたほうがイイみたいで、身がなんていうかまったりとした、そんななごみ方をしてる。
でも、今思うと片身は昆布締めにでもしたらよかったかなぁ

それから副菜。
2016-12-12 002.jpg
副菜はそんなにこだわりがなくって、つれあいがデパ地下で買ってきた揚物をオーブンで温めただけ。

それからほうれんそうも。
2016-12-12 003.jpg
こちらも2束を茹でてザックリ絞って切っただけ。
ごまが苦手な娘のこともあって、めいめいが取り皿に取ってから胡麻をまぶしてだし醤油で和える。

それにきのうに引き続きの豚汁。
2016-12-12 004.jpg
家人が朝昼と食べたせいか
きのうに較べて具がごっそりと減ってる。それでもまあ、ふつうの豚汁くらいには。

てなわけで、副菜はそんなに大したものもないんですが、もう一品、タイといえばアラはあら煮に。
2016-12-12 005.jpg
アラをお湯でサッと霜降りにして、あらためてうろこを掃除し、酒とみりんを等量入れ、強火でアルコールを飛ばしてからアラを入れ、中火に落として炊いていく。ごぼうも一緒にね。
で、ちょっと煮詰まってきたかなぁていう頃合で醤油を回し入れて味を調え、少しだけ煮込んで全体に味を馴染ませて引き上げる。残りの煮汁をもう少し煮詰め、とろんとなったところで再び盛ってあったアラに廻しかけて完成。季節が季節なら庭の木の芽を摘んでくるんですが、今の季節ですからね。
とまあ、これがあるのできょうは日南娘。
2016-12-12 006.jpg
獺祭はきのう呑みきってしまいましたし、白ワインにしようかとも迷ったんですけども、あら煮にがあるからやっぱり焼酎がよかろうってことで。

というわけで、2日にわたり堪能させていただきました。Mちゃん一家ありがとう。

JUGEMテーマ:グルメ
  



海鮮 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>