厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< Her Memories of Anthology 〜For Out Of Tune Generation〜  まずはごはん >>

口上 〜 2年目を迎えて

「厨房男」もきょうでひと区切り、このブログも2年目を迎えました。
1年365日、助走期間の10日間を含めると375日間も、来る日も来る日もエントリをアップし続けて、気が付けば1年間といったところ。
1回のエントリに費やす時間はおよそ1.5時間。食事を摂っているときはたいていこのブログのことを考えているし、週に数度は料理をするから、僕にとってだいたい1日3時間、およそ起きてる間の1/6がパーソナルな「厨房男」の時間と言えるのではないでしょうか。

話は変わりますが、「ウェブ進化論」の梅田望夫さんと脳科学者の茂木健一郎さんの対談「フューチャリスト宣言」で、茂木さんが「日本人って所属が大事だと考えがちですが、いまは個人として屹立するためのインフラがネット上にちゃんとある。・・・個人が組織に所属という考えはもう古い・・・7割は会社なんだけど3割は個人、そんな考え方もアリだと僕は思っている。」と述べられています。
茂木さんはまた、7:3の3がウェブ世界の人格ということも「アリ」とも言います。そして、そのことばを受けた梅田さんが「そうそう。そういう意味で自分の分身をネットに置いてあると。分身がそこで表現活動をしていくみたいな・・・」と述べられています。
厨房男はこうしたはなしを我田引水的に解釈したいと思います。

まあ、こんなふうに我田引水的な解釈とはいえ、今が旬のお二人のはなしを背に受けて、2年目もほぼ日刊のペース(糸井重里さんではないのですが)をなるたけ維持していきたいと思います。

ただ、このままのペースを維持するとなると、当然なことにほぼ毎日コンテンツを用意する必要がある。きのうまでの1年目を振り返ると、画像はともかく、文章はまさに玉石混交。料理の内容と同様、今年はもうちょっと何とかしたいとは思ってはみるものの、どうもこのあたりが限界なようです。とはいえ、食べたものの羅列だけのような文章は極力避けたいとも思いますし、やっぱり何らかの思いも伝えたいし・・・

・・・こんなふうに、いろいろと考えることはあるんですが、あんまり気張らずに、それでいて前向きに行きたいと思いますので、どうぞ2年目もよろしく。

イントロ | comments(0) | trackbacks(0) | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

TB URL :: http://tyuubou.jugem.jp/trackback/389
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>