厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 栗よりうまい十三里 ずっと栗ばかりでしたから・・・  豚しゃぶと回鍋肉の共通点 >>

慶金 うまい焼肉屋は住宅街の中にある?

とある会の話なんですが、暑気払いがずいぶんとのびのびになって、ようやく。
場所はメンバーの長老、Fさんおススメの「慶金」っていうところ。
なんて読むんやろ、「けいきん」? 韓国語でむずかしい読み方なんやろか・・・なんて思ってたら、なんてことはない、「よしかね」って読むんだそう。ご主人の苗字なんだそうで、なんでも、以前繊維関係のお仕事をされてた慶金さんが一念発起したお店ということで。
きっと肉好きが高じたんでしょうかねぇ。ある意味羨ましいお話ですが、それはともかくきっと期待できるのではということで、まずは塩タン。
2016-10-22 001.jpg
少し大皿に厚めにスライスされた塩タンが並べられ、葱が一面まぶしてある状態で運ばれてくる。
それを葱を落とさないように、こんなふうに片面だけを焼いてレモンをつけていただく。
なかなかですねぇ。

で、お次がFさんおススメの特上ハラミ。
2016-10-22 002.jpg
「トクハラミ」。Fさんが慣れたように、こんなふうに注文してた。
で、このトクハラミ、Fさん自身もなかなか当たらないそうな希少性なんだそうで、その分もさらにありがたく。

で、最初にいただいたのは生ビール、お次にいただいたのはこれ。
2016-10-22 003.jpg
ジネステっていうボルドーのワイン。
カベルネとメルローだそうですけど、ヒエヒエやったんであんまりわからん。
でも、焼肉には少し冷えてた方がいいんでしょう。

それから大皿で。
2016-10-22 004.jpg
カルピにロースにハラミに・・・

さらに追い打ち(?)をかけて壺漬カルピ。
2016-10-22 005.jpg
なかなかごっつく切ったカルピと丸ごとにんにく、それがタレと一緒に小ぶりのツボにつけられてる。それをジュ〜っと。
2016-10-22 006.jpg
歪に切られてるんですけど、かたちよりもそのヴォリュームが嬉しい。肉喰ってるなぁって感じになりますよね。

で、壺漬けのカルピに堪能したら箸休めにキムチも。
2016-10-22 007.jpg
きゅうりと白菜、だいこんと。

で、タレの次は塩ロースも。
2016-10-22 008.jpg
タレがない肉本来の味を噛みしめて。

もちろんホルモンも。
2016-10-22 009.jpg
こちらはテッチャンと上ミノに絞り込んで。

さらにこれ・・・
2016-10-22 010.jpg
というわけで、慶金。
行ってみるとほんと住宅街の中の一軒家を改装されたようなたたずまい。
ほんとにこんなところにお店があるんかなって、心細くなりながら辿り着くっていうところは、宮崎のみょうが屋と共通するところ。
うまい焼肉屋は住宅街の中にある?

JUGEMテーマ:グルメ
  


焼肉・鉄板焼き | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>