厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 嘉一 もう少し通ってみようかなぁと  パスタソースの残りと、冷凍してたパンの耳と >>

涼しくなってきたんでパスタ、茄子のミートソース

夏のあいだ、暑かったせいかパスタから少し遠ざかってたんですが、ここ最近はまた以前のペースのように週一とまではいきませんがぼちぼちと。
暑いとどうしても冷やしうどんとかそうめんとかに流れてしまうっていうのもあるんですが、家人には冷製パスタがどうも評判良くないもんですから。

けどまあ、ここ最近は涼しさも増してきたもんですから、ぼちぼちパスタをつくることも増えてきた。
で、わが家ではスタンダードな茄子のミートパスタ。
2016-09-26 001.jpg
以前はけっこうこのミートソースも仕込んでたんですけどね。
もう、ここ最近はぼくの中でものぐさが幅を利かせてまして、ミートソースといえばスーパーでレトルトのを買ってきて、それをベースに挽肉とソフリットを加えてつくってしまう。なのでこの日も。
ただ、レトルトのをベースにするときも幾つかポイントがあって、まずは牛の挽肉をフライパンで焼きつける。コレ、決して炒めるんではなくて少しきつね色になるまで焼きつけるんですね、あんまり触らずに。
で、もうひとつフライパンを使って、こっちはオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れてきつね色になるまで弱火で加熱する。でもって、頃合いを見てタマネギのみじん切りを入れしばらく炒め、ようやくそこへレトルトのミートソースを加える。
もちろんソースも控え目に。わが家は4人家族なもんですから、3人分くらいが理想。そこへソフリットと挽肉、さらにトマトなんかも足すんで、必然的に4人分まで膨れ上がるっていうのと、あんまりレトルトに頼り過ぎると味がレトルトっぽくなりすぎるんでね。
とまあ、いろいろと小細工を施してできあがったパスタ、仕上げにエクストラバージンオリーブオイルを絡め、さらに縁側で育ててるミニバジルを散らし、そのうえからパルミジャーノを削って散らす。まあ、レトルトを使うって言ってもけっこう手をかけてるっしょ。

で、あとはサラダとバゲットと。
2016-09-26 002.jpg
サラダはトマト、レタス、きゅうりに古いバゲットのトッピング。
新しいバゲットはその日の朝にフルニエで買ってきたの。
2016-09-26 003.jpg
とまあ、以前はチカラを入れてミートソースも仕込んでたんですが、ここ最近は。
家人らもこの味のほうが慣れてしまってるんでしょ。きっとまた自家製のミートソースを仕込んでも文句言われるかもしれませんねぇ、このままじゃ。

JUGEMテーマ:グルメ
   



パスタ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>