厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 宮崎の次の日は梅田 アサヒスーパードライ・梅田  北海道みやげのモッツァレラでマイブームのピッツァを >>

北海道みやげの野菜を回鍋肉に合わせて

このところ、外食の話ばかりで、その上きのうは実家に泊まったので、しばらく自分の料理の話から遠ざかってたもんですから、少し詰めていこうかと。

とはいえ少し前の話、北海道が雨に祟られはじめたころの話ですが、つれあいの両親が北海道みやげにいろいろ野菜を買ってきてくれまして、さっそくそのうちのとうもろこしを使ってごはんを炊いてみた。
2016-09-05 001.jpg
とうもろこしごはん。
これはもう、すなおにおいしい。
もうちょっとでバターを乗せるところでしたけど、すんでのところで思いとどまった。
で、バターはこちらに。
2016-09-05 002.jpg
北あかりのロースト。
もちろんこれも北海道みやげ。
掘りたてのを丹念に洗ってグリルでローストしただけ。
それにバターをたっぷりと落として、塩を少々、それだけ。
それだけでもう、文句なく。

とまあ、そんなコンビがあればあとはもう何があっても怖くない。
ま、こわいかどうかは知りませんけど、回鍋肉。
2016-09-05 003.jpg
その日はむすめらが食事を済ましてたんで、つれあいと二人。
最近はむすめが回鍋肉をつくってくれるせいか、なかなかぼくの出番が回ってこないんですが、今宵こそはと。
もちろん、先に豚肉をカタマリのまま茹でて白肉をつくる本格的な工程で。
そこは娘との差を確認するっていう大人げない考えもままあるんですけど、それよりもこれでスープもつくれると踏んだから。
というわけで、茹で汁をつかったスープ。
2016-09-05 004.jpg
もちろんアクを丹念に取り除いて、淡口醤油と塩、それに少しの味覇で味を調え、少し片栗でとろみをつけたうえでタマゴを溶く。具は豆腐とシメジと春雨と。ねぎを散らしてできあがり。

というわけで、おみやげの野菜を回鍋肉に合わせて。
ちょっとミスマッチ気味ですけども、なかなかそれでもうまし。
まあ、何に合わせてもうまいんやろなぁ、きっと。

JUGEMテーマ:グルメ
    

家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>