厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< リクエストはアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ  最後のグランドスラム >>

娘のリクエストでHARAKAWAで拉麺

きのうは下の娘のバレエの発表会でずいぶんと遅くなったので、がんばった娘のリクエストに応えて、ラーメンを食べに家の近所の中国料理HARAKAWAに行ってきた。
ま、ラーメンって言っても中国料理ですから、そこへ行きつくまでにいろいろありまして、まずは前菜の棒棒鶏。
2016-08-06 001.jpg
さすがに家でつくる棒棒鶏風とは違って、まんまの棒棒鶏ですから鶏肉も頗るジューシー。
で、さらにいつもは下の娘のために控え目なゴマダレも、どっぷりとかかっててこれがまたうまい。あっ、きょうはその娘のためにラーメンを食べに来てたんやってことをすっかり忘れてしまいましたが。

で、前菜にもう一品、中華風のお造り。
2016-08-06 002.jpg
最近でこそポピュラーになりましたけど、むかしシゴトで中国に行った頃は、中華風のお刺身って言えばサーモンが一辺倒で、薬味も別になくって、わさび(たぶん溶いたの)をまるめて添えられてるだけでしたから、最近、何百年も前からこんなふうに綺麗に盛り付けてましたよっていう感じですまして出てくるのって、なんだか違和感があって仕方がないんですけど、まあ食べてみれば実際にうまいわけで、殊にパクチーをこういうのに合わせるっていうのはけっこう病み付きになったりもしてて。

で、ちょっと順序が変わりますけど、点心。
2016-08-06 005.jpg
まずは焼売。
挽肉っていうよりも粗く切られた肉と海老とでぷりぷり、ぷりぷりっとした感じ。
それから焼き餃子。
2016-08-06 007.jpg
これがデカい。
これを二皿頼んだおかげで、あとの満腹感が全然違うものになりましたが、ま、この時点ではそんなのを配分できるはずもなく。

そうこうしてたら酢豚がやってきた。
2016-08-06 003.jpg
ああうまい。
家族で食べにいってましたから、あっという間に手が伸びて、あっという間になくなったんですが、かろうじて一切れだけでもって感じでしたが。

それから、これがお義母さんのおススメ。
2016-08-06 004.jpg
エビとタマゴのふわふわ。
ま、言ってみれば芙蓉蟹の海老バージョンってところかな。
このお店のこういうのってすごい手慣れた感じがあって、そのプロの手慣れた料理を味わうっていうのが、やっぱりさすがにこれでお金取ってるだけあるよなぁっていう感心に至るワケ。

で、もうひとつ、その手慣れた感のある麻婆豆腐。
2016-08-06 006.jpg
土鍋に入って出てくるんですが、これとは別に花椒の入った大きな胡椒挽きを渡される。
で、花椒は別にお好みでどうぞという感じ。
こちらは手慣れた感はあるものの、なんだか前と味つけが変わったような。
よく言えば日本的にモディファイしたような、悪く言えば大衆に迎合したっていうか。
前はもっと四川ぽかったような気がするんですがね。

というわけで、最後は拉麺で〆。
2016-08-06 008.jpg
ラーメンではなく拉麺。まあ、そういう店ですからこう表現してみたんですけど。
まあ、娘はようやくですから、拉麺であろうがラーメンであろうがどっちでもいいらしい。
ただ、こちらも以前とはちょっと違って、なんか最近のトレンドみたく魚貝系のニュアンスがあるようにも思うんですけど、気のせいかな。
ま、そうこう言ってる間に、久しぶりに満腹まで喰ってしまいましたけど。
餃子の食べ過ぎかな。

JUGEMテーマ:グルメ
   

中華 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>