厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 残り物のカレー攻略その2  言い訳とか屁理屈とか無理やりこねまわしてヘレカツ >>

娘の釣果?

きのう、お義父さんや義弟一家と釣りに出かけた下の娘が、鯛を抱えて帰ってきた。
見事な鯛。釣果であることを示すように、口に釣り糸を咥えたままです。
2016-07-10 001.jpg
まさか娘が釣ったわけではないでしょうが、誰かの労に報いるように余すことなくイタダキマス。

で、まずはお造り。一番身の分厚い背身のところ。
2016-07-10 002.jpg
1日おいたので身も幾分柔らかく、上々の味。

それから、腹身のところはわが家風のたたきにして。
2016-07-10 003.jpg
腹身をお造りよりも幾分小さめにつくり、それにすりごまをまぶす。
それから大葉としょうが。ことしは裏庭の大葉がよく茂ってて、それとしょうがをせん切りにして。でもって胡麻油を廻しかけ、最後に醤油を落として混ぜていただく。

で、さらに余ったところはあら煮にして。
2016-07-10 004.jpg
鯛のアタマの部分にカマ、中骨、中落ち・・・などなど。
もちろん、ごぼうとしょうがも忘れずに。

で、まあ、鯛づくしもいいけれど、ちょっと箸休めも。
2016-07-10 005.jpg
かぼちゃの煮つけ。
この日はぼくが炊いたので、煮干しのダシで。

それから味噌汁。
2016-07-10 006.jpg
この日はワカメとにんじん、じゃがいも、油揚げっていったところ。

さらにこの日は、出所のたしかな鯛ですから、長く冷蔵庫に眠らせてた獺祭の磨き二割三分を。
2016-07-10 007.jpg
というわけで、前口上のとおり、誰かの労に敬意を表し、余すことなくいただきました。
ま、厨房はあちらこちらにうろこが飛び散ってますが、それはともかく、ごちそうさまでゴザイマス。

JUGEMテーマ:グルメ
   

海鮮 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>