厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 手抜きの冷やしうどん  太刀魚は塩焼きにするだけで・・・ >>

お気に入りのアッシュ 次はぜひともタクシーで

このところ少し手抜きが過ぎるっていうんでジブンでも少し反省してまして、きょうはちょっとマジメに行こうかなと。あ、いや、いつも不マジメっていうわけでは決してありませんが。かといってジブンでつくるわけでもなくて、昨夜に行ったアッシュのことを。

アッシュ。
ここ最近、近所で一番気に入ってるフレンチ。
といっても、つれあいの誕生日以来なんですが、まずはアミューズ。
2016-06-26 001.jpg
泉州泉ダコときゅうリ、西瓜をガスパチョソースで。
泉州泉ダコっていうのは、きっと泉州沖で獲れるマダコのことなんでしょ。
で、それにコンソメゼリーがかかってて、きゅうりとスイカが添えられてる。
どちらもウリなもんで、けっこうウリ臭いって言えばウリ臭い。で、ゼリーもうっすらとした感じなんで、そこをガスパチョのソースに助けてもらうんですが、スイカにはソースをかけたくないし・・・
・・・と、ちょっとのっけからまごつきながらも愉しませていただいた。

で、次が鱧と焼き茄子のフラン。
2016-06-26 002.jpg
これがうまい。
ここんちは、このフランがよく出てくるんですが、この日のは特に炙った鱧の香ばしさと焼き茄子の香りが鼻腔をくすぐる。でもって、それに添えられてる大ぶりのジュンサイがぬるりとえもいえぬ食感。

それから、色鮮やかなえんどう豆のスープ。プティクロワッサンが添えられてる。
2016-06-26 003.jpg
プティクロワッサンはベーコンとアンチョビが入ってる。
これもここんちで何度かいただいた。
スープのほんわかとした味わいに、プティクロワッサンの塩味の効いたベーコンとアンチョビがパンチを与えてる。なかなかのコントラスト。

で、つぎが鮑とキノコの肝バター和え。
2016-06-26 004.jpg
本来だとぼくは貝がダメなんですが、鮑と貝柱はなんとか食べる。
それでも肝のところはやっぱり苦手なはずなんですが、このバター和えなら何とかいただけた。キノコは椎茸とエリンギ。貝好きにはきっとこの味がうまいんだろなぁ。

それから、戻りガツオとフルーツトマトにミニセロリの新芽の部分を添えて。
2016-06-26 005.jpg
戻りガツオはなかなかの脂の乗りで、塩味が少しつけられてる。
それにコクのあるカリフラワークリームとフルーツトマトの甘味をかぶせて、さらにセロリの新芽が香菜のような独特の香りをまとわせてる。いろいろと味と香り、食感、もちろん見た目も計算しての四重奏なんでしょ。

で、その次が貝と雑穀米のリゾット。
2016-06-26 006.jpg
小さなココットに入れられたリゾット。
これもベースは貝の味なんで、本来は苦手なはずなんですが、これがうまい。
で、ぼくのにはあらかじめ貝嫌いって申告してたので貝柱が使われてるんですが、つれあいのには蛤とサザエがこのとおり。
2016-06-26 007.jpg
このリゾット、めちゃくちゃうまいんですが、正直サザエのくるんととぐろを巻いた肝のところには引いてしまうよなぁ。

で、メインの肉に行く前に、下の娘のハンバーグ。
2016-06-26 008.jpg
これが横で見ててもいかにもうまそう。
で、物欲しげに見えたのか、下の娘がちょっとくれました。やっぱりうまかった。
でも、そのかわり、メインの肉を少し分けてあげるという約束。
で、そのメインの肉。牛フィレ肉のグリエ。
2016-06-26 009.jpg
これがうなるほどうまい。娘に少し分けてあげると約束したのを後悔してしまうほどの絶妙のスローキュイッソン。
添えてあるのは炙った万願寺唐辛子ととうもろこし、ベビーコーン、それに隠れてるんですがインカのめざめ。これもイイ。さすがのメイン。

・・・と、舌鼓を打った後はデザート。
2016-06-26 010.jpg
左の手前は抹茶プリンと小豆、それにフルーツを添えてある。
それから、マンゴーゼリーにはマスカルポーネムースを添えて。
さらにアールグレイのフィナンシェがあって、右端がアサイーとヨーグルトのアイスクリーム。
これらをこの日はコーヒーで。

と、この日も堪能。でも鱧のフランといい、貝柱のリゾットといい、そしてフィレ肉のグリエといい、この日は過去の何回よりもうまかった。
この店のだいたいのパターンはそろそろわかってきたんですが、それでも食べたくなるようなうまさ。いつものとおりクルマで行ったんで、一緒にワインを味わうことができなかったんですが、ワインを合わせたらさらにうまさが倍増するんやろなぁ。
あああ、次は是非ともタクシーで・・・。

JUGEMテーマ:グルメ
   


フレンチ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>