厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< この日もトマトソース この日はトマトと鶏と  つれあいの居ぬ間(?)のエビフライ >>

テイクアウトのテイクアウト

これはずっと前の話。
その日はぼくだけシゴトか何かで遅くなったもんですから、つれあいが実家から中華料理をテイクアウトしてきてくれた。富木の兆楽の。
富木の兆楽っていうと、堺の西区界隈では有名な中華料理屋さんなんですが、つれあいの実家もそこからのテイクアウトですから、いわばテイクアウトのテイクアウト、ちょっとややこしい言い回しになるけども。
で、まずは唐揚げと肉団子。
2016-01-17 001.jpg
さすがに揚げたてではない(アタリマエ)。
ま、テイクアウトのテイクアウトですから。
だがうまい。
洋食や和食では、テイクアウトをお願いしても、あんまり融通が利かないんですが、その点中華料理はけっこう商売っ気がある。つまり、テイクアウトに寛容なわけで、そういう意味ではこういう揚げ物っていうのはいちばん融通が利くからなんでしょうね。

それにこんなのも、海鮮焼そば。
2016-01-17 004.jpg
さすがに油通ししたてのヤワヤワっとしたイカではないんですが、味はしっかりと。

それから、これは芙蓉蟹。
2016-01-17 003.jpg
中華料理のテイクアウトは、よくある内部がアルミコーティングされた紙箱でなんですが、フライや炒め物はともかく、こういうあんかけなんかにも対応してる。よく漏れずにイケてるもんですねぇ。

で、これは回鍋肉。
2016-01-17 002.jpg
といっても、白肉から作る本格的のではなくて、切り落としの肉でつくる簡易なの。さすがに味はしっかりしてるんですがね。

というわけで、つれあいがテイクアウトしてきてくれたのは以上。
で、それを白飯で食べておけばいいんですが、なんだか炒飯が食べたくなったんで。
2016-01-17 005.jpg
塩蔵肉とネギ、万願寺唐辛子とタマゴだけのカンタンなのですが。
ま、中華料理屋で出てくる炒飯とは比べるべくもないんですが、まずまずうまくいったかなってところ。なんたって敵はテイクアウトのテイクアウトでしたからね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


中華 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>