厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 2日目のミネストローネにパンを浸してぐずぐずになったのを・・・  桃と芋焼酎(北薩)で「ももいも」 >>

じゃがいもゴロリのカレー、なんですが・・・

チキンカレーをつくってってリクエストが来たので。
でも、くれぐれもフツーのチキンカレーを、ていう条件付きなもんで、インドカリー風とか欧風カレーっぽくとか余計なことは考えずに、アイサー、市販のカレールーで・・・てな具合で。
それでもやっぱり、何かしでかしたいなぁっていうんで、下拵えに少し手間をかけてみた。
2015-06-24 001.jpg
まずは鶏肉。
この日は手羽元とモモ肉を使ったんですが、カレー粉をまぶしたうえでフライパンに皮目を下にしてじっくりじっくりと火を通し、皮にこんがりと焼き目がついたら大鍋に移す。
もちろんフライパンには鶏の脂がずいぶんと溜まってるわけで、そこにクミンシードを加えて再加熱し、さらにそれを使ってたまねぎなんかを炒める、炒める、炒める。
それから、この日はじゃがいもをごろんと丸ごと入れてみた。
こちらは一旦蒸して、皮をピリリと剥がしておく。
で、そんなのを全部大鍋に移してコトコト、コトコト火を入れる。
2015-06-24 002.jpg
というわけで丸1日かけてカレーの下拵えを。
で、翌日につれあいがルーを入れて、それでようやく完成というわけ。
だから完成までにずいぶんと煮込んで合うわけで、先のカレーの画像で、じゃがいもの後ろに写ってるのはマイタケなんかじゃなくて手羽元の骨ですぜってな具合。
で、結果はさぞかしと思いきや、娘らから「じゃがいもが大きすぎて食べにくい!」ってな苦情が出てくるわけ。
おいおい、このじゃがいもがごろりと入ってるのがこのカレーのいいところやないかって嗜めたんですが、つれあいが横から、「これじゃあ、火入れするのにじゃがいもの中まで火が通りにくくて、傷む原因になるのよ」って。
2015-06-24 003.jpg
というわけで、娘とつれあいに押し切られて完敗。
ひとりチビチビとビールを飲む。

””
JUGEMテーマ:グルメ


カレー | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>