厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 定まらない朝ごはん それもまた楽しからずや  Tribute to Antonio Carlos Jobim 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 1-B >>

サッシカイアのグイダルベルト 最近デブってるのが気になってるんですが

ここ一年でちょっとデブったかなぁ。
家人に指摘されてるのもあるんですが、最近また、そんなことが少し気になり始めてる。
だからちょっと食べるものも考えらんとあかんのやろなぁ・・・と思いつつも、ついこんなメニュウ。鶏胸肉のフライとミンチカツ。
2015-04-29 001.jpg
鶏胸肉のフライが手前の。ミンチカツは奥の黒っぽいの。
胸肉にしたのは、からだのことを考えてっていうわけではなくて、何かの商品にパルメザンチーズがついてたのが余ってたから。この手の商品についてるパルメザンチーズって、ふだんすりおろして使ってるパルミジャーノよりも味が濃くって、あんまり使わない。
けども、その手のやつを鶏胸肉に絡めて揚げると、淡白な胸肉にけっこうしっかりとした味がついてわりとイイ。だから。
それから、ミンチカツはわざわざつくったのではなくて、生のハンバーグに衣をつけて揚げただけ。
それにポテトサラダ。
2015-04-29 002.jpg
これはキャベツのせん切りにしようかとも思ったんですが、春キャベツを使い切ってしまったので。それにうまそうな新じゃがを買ってきてたのでそれを食べたいって言うのも手伝って。
でも、キュウリもない。
気がついたのは買い物から帰ってきてから。
仕方なくアスパラガスで代用。
でも、あのキュウリのシャキッとした食感は何物にも代えがたいようで、どうもシマラナイ。それに少しマヨネーズも足りてないかなぁ。
それにスープ。
2015-04-29 003.jpg
ベーコンと野菜のスープ。
オリーブオイルとみじん切りしたにんにくを火にかけ、香りが立った段階でベーコンを投入。ベーコンの脂が出て少しカリッとなった段階で野菜を入れ、油がまんべんなくまわって火が通ったら水を加えてコンソメキューブを1かけら。乾燥バジルを加えて煮込み、あとは塩胡椒で味を調える。ま、言ってみればミネストローネのトマト抜き。トマト高いですからねぇ。
で、この日こんなメニュウにしたのは結局ワインが飲みたかったから。
2015-04-29 004.jpg
ところが、いざワインを呑もうと探したら、手ごろな赤ワインがなくって、仕方なくサッシカイアのグイダルベルト。ちょっと独りで家飲みするにはもったいないかなぁってくらいの。でも、さすがスーパータスカン、ボルドーが北斗神拳なら、こっちは北斗琉拳って感じの強さ。
とまあ、けっこういいワインを呑めたし、ちょうど手頃な赤ワインがなくなったんで、少しワインも控えられたらなぁとも思うんですが、白ワインはまだ何本かあるんでねぇ・・・

JUGEMテーマ:グルメ


ワイン | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>