厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 紅ズワイ 常道の清酒で行かずにシャトー・レイノンで  モーンのシュークリーム 見た目地味ですけども、なかなか・・・ >>

方向音痴

けっこう方向音痴です。
よく前へ進んでるつもりが後に行ってみたり、目的地に近づいてるつもりが離れていったりする。今回の話もそう。
最近、取り沙汰されてる塩焼そばを、今回は中華風にまとめようって感じやったんですけど、よくよく考えれば、それって炒麺?
141113-1.jpg
焼きそばのルーツは、中国の塩味の炒麺なんだそうでして、それが塩焼そばになったっていう話。ただ、戦後は物資が不足がちで、素材をの味を活かす塩での味付けよりも、とにかくメリハリのある味っていうわけでソース焼そばが台頭したんだそう。
だから、塩焼そばっていうのはある意味先祖返りなわけで、それを中華風にまとめると、さらに先祖返って炒麺に近づくっていうわけ。

具は豚肉ともやし、ピーマン、椎茸。敢えてキャベツを入れずに。
っていうのは、もやしがずいぶんと多くて、その上キャベツを入れたら麺の所在が分からなくなるんやないかなっていう心配から。ならばいっそキャベツは抜いてしまおうっていう発想。味付けは塩と紹興酒、それに味覇を少し。

で、それから、中華風のスープを。
141113-2.jpg
こちらはまあ、レトルトのふかひれスープをベースに具を足しただけですが。
具は、豆腐と青梗菜、それにタマゴ。

で、豆腐が余ったので、こちらも中華風に冷奴を。
こちらは搾菜を刻んで胡麻油と醤油を垂らして。
141113-3.jpg
というわけで、三者三様に中華風にまとめたつもりなんですけども、実のところ、どうも中華風って感じがあんまりしない。
前へ進んでるつもりが後に行ってるなぁって気づき、目的地に近づいていこうとしたつもりが、なんでか違う場所へ行ってしまう。方向音痴っていうのは生物学的に女性に多いそうなんですが、なんででしょうかね。
ま、ともあれ、ここはひとつビールでも飲んで。
141113-4.jpg
あっちに行ったりこっちに行ったり。
ま、迷って途方に暮れるってわけでもないですから、行き当たりばったりでまあええかということで。

JUGEMテーマ:グルメ
    


お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>