厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< カリフラワーとサーモンのパスタ 珍しくなるたけレシピに忠実に  日曜の夕餉 鮭にだし巻きに味噌汁と、なんか朝ごはんのようですが >>

グリルミナミのハンバーグとエビフライ 昔どおり、昭和って感じの味です

最近はハンバーグも探求の道を半ばに、ちょっと停滞気味なんですが、久しぶりにここのハンバーグを食べて、そうそう、ボクの求めてるハンバーグはこの方向やったんやと、あらためて思い出した、和泉府中にあるグリルミナミのハンバーグ。
140223-2.jpg
遠方より友人のSさんが来ましたんで、昼メシをということで、最初はチャイニーズダイニング真へ行こうと電話を入れたんですが、あいにく・・・ということで、それならば久々にグリルミナミへ行こうとなったワケ。
で、グリルミナミ。
もう、昔っからの洋食屋さんで、ウリはやっぱりハンバーグ。
あっさり目のドミグラスソースでサァッと煮込んでから出てくるんですが、このハンバーグ、ホントやわやわで、いつもフォークナイフではなくて、お箸を頼んでそれで食べる。
けっこうたまねぎの存在がまだ残ってる感じなんですが、そのせいか胃もたれもしなさそう。
で、いつもはこのハンバーグに何かフライをつけて頼む。まあボク的にはビーフカツかエビフライのどちらかなんですが、今回は海老フライを。それにコーンポタージュも付けて。
140223-1.jpg
一方のSさんはというと、こちらの推奨どおりにハンバーグをまずは押さえて、それにつけたのがホタテのフライ。
で、エビフライの方もそうなんですが、フライにはウスターソースみたいなのがドボリとかけられてて、それに加えてオーロラソースみたいなのが添えられてる。むかしはたしかマヨネーズとレモンやったと思うんですが、いつのまにか変わったのかなぁ。
140223-3.jpg
とまあ、ソースの方は若干の変更があったみたいやけど、フライ本体の味は相変わらず。衣が薄くて中身がプリップリ。よその海老フライはパン粉と海老の間に衣がけっこうあって、衣が厚くなればなるほど海老が貧相になるんですが、ここのはホント衣が薄くって、海老が丸々プリップリ。ボクシングでいう6オンスのグローブってな感じ。
とまあ、久しぶりのグリルミナミ、内装も綺麗になって老舗の洋食屋さんっていう感じも薄れてはいるんですが、味は昔どおり。昭和って感じの味です。

JUGEMテーマ:グルメ
    

洋食 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>