厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< カステラのしっとりとさっくり  ひさびさのワインの会 ブルゴーニュVSボルドーで行きたかったんですが・・・ >>

豪也のランチ ふかひれ煮込みつゆそば また食べに行きたくなります、コイツは

毎年、年末になると庭木の剪定をお願いするんですが、ことしはきのう。
またいつもの如く、知り合いの植木屋さん、Tくんにお願いして、朝からとりかかっていただきました。
で、御昼どきになって。
去年は満席で入れなかったって言ってたんで、あらかじめ予約を入れておいた豪也へ。お目当ては、ふかひれ煮込みつゆそばのランチ。
で、まずは前菜3品。
131221-1.jpg
奥がサーモンの中華風刺身で、手前が棒棒鶏とじゃがいもの中華風マリネ。
サーモンも棒棒鶏もおいしいんですが、特筆すべきはじゃがいも。
シャキシャキっとした食感で、五香粉と香菜で風味付けてある。これがイイ。
きっと手間もかからないササッとできる料理なんでしょうが、センスイイですね。
で、お次が点心。
131221-2.jpg
奥は、雲呑なんかな。レタスが敷いてあって、タレがかかってる。
前は見たとおりの海老蒸餃子。
こちとら朝から植木の手入れで汗を流してたわけで、腹の減り方が半端ない。
なので、もっと味わって食べればいいんでしょうが、パクパクと。腹が減っててこの量だと、余計に空腹感が刺激される。
そこへやってきました、ふかひれ煮込みつゆそば!
131221-3.jpg
思ったよりも混濁したスープ。まずはそのスープを掬って味見する。ズズズ、アッチッチ。
熱いです、アツい(アタリマエですが)。でも、コイツはうまいぞ、なかなか。
で、麺を掬うとフカヒレがけっこう絡んでくる。なにせ腹が減ってるので、これをガッツリ啜りたいんですが、この画像の分量だとアツ過ぎる。だからこの半分くらいに加減してズルルと。コイツもうまいぞ。麺がけっこう負けてない。並みの細麺だとふかひれスープに負けてしまいそうなんですが、ここの麺は中細くらいの太さで、麺の味自体もしっかりしてるから、スープに堂々と渡り合える。
で、その麺をズルル、スープをズズズといただきながら、傍らのごはんを搔き込む。で、時折柚子風味の大根漬けをぼりりと齧って舌を休めては、またズルル、ズズズ・・・
というわけで、麺を平らげ、スープを飲み干して暫し、最後のデザートがやってきた。
131221-4.jpg
デザートは定番の杏仁豆腐。
ここのは少しゆるめでミルクの味が濃い。
なので、コーヒーをブラックでいただくと、ひとくち目にはその余韻が口の中に残ってて、ふたくち目以降にはそれが徐々にフェードアウトする。なかなかのフィナーレ。
というわけで、ヨカッタ、予想以上に。
それぞれの味もさることながら、その構成もイイ。ランチとしてはボクら庶民には少しお高いけども、また食べに行きたくなりますねぇ、コレは。

JUGEMテーマ:グルメ

中華 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>