厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< ザルツブルグのメロンパン?  なら、とんかつでもしようかっていう軽いノリで >>

栗ごはんに唐揚げっていうゴールデンタッグに黒ビールを加えて

おととい、秋になるといろいろ食べ物の愉しみも増えてくるっていうんで、まず新米のことを書いたんですが、次はその新米を使って炊いた栗ごはん。
130925-1.jpg
ま、栗ごはんにするのは別に新米でなくてもいいんですがね。それにホントはここにもち米を混ぜるっていうのが原則なんですが、ま、そこはそれ・・・。
で、栗ごはんとくれば、わが家では当然のごとく登場するのが唐揚げ。毎回書いてますが、小林カツ代さんのエッセイからのインスパイア。
130925-2.jpg
130925-3.jpgそれによると、鶏の唐揚げと栗ご飯が抜群の相性であることを発見したのは、なんと娘をお産した日だそう。陣痛がかなり強くなってきたところに届いた昼食。見れば鶏の唐揚げと栗ご飯。陣痛でどうにかなりそうなのに身体をよじりつつ、唐揚げを一口かじり、なお足踏みしながら栗ご飯も一口。なんと、鶏の唐揚げの香ばしさが残る舌に栗ご飯は絶妙の相性だったそうな。
とまあ、何年か前にこのエッセイを読んでから、わが家では栗ごはんといえば鶏の唐揚げが定番となりまして、以後は飽きもせずに。
で、唐揚げとなれば蛇足気味ですが、トマトにきゅうりにキャベツのせん切り。
もうひとつ言うと、この日はきゅうりの漬物に冷奴も。ホントは冷奴にせず、揚げ出しにするつもりやったんですが。

130925-4.jpg
というわけで、栗ごはんに鶏の唐揚げ、あと種々。
ここはなんだか黒ビールのキブンっていうんで、キリンのスタウト。130925-5.jpg
黒ビールっていうのには実はいろいろと論争があるそうなんですけども、それはさておいてこのビール、見た目よりも苦味は少なくて甘っぽい。で、わが家の唐揚げは紹興酒の風味をまとってあって、それがこのビールとビミョ〜にイイ。
栗ごはんに唐揚げっていうゴールデンタッグにもう一枚、黒ビールっていうのを加えて、ゴールデントリオっていうのもいいんやないかなぁと。まあ、ビールならたいていはイケそうですけども・・・

JUGEMテーマ:グルメ

■イチオシレシピ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>