厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 受難のトマトでパスタ 湯剥きするのが面倒なんで、まあ・・・  主役不在 テレビ局の苦悩はいかばかりかと >>

石焼きピビンバ オーナーがニッコリ笑って「オイシイヨ、ソレ」って

少し前、和泉市の府中町で研修がありまして、そこで偶然逢ったのが貝塚のKさん。
前にも書いたんですが、近畿の某県にJなんたらという研修所がありまして、厨房男はかれこれ十数年前、そこでいろいろと研修を受けてました。そのとき、大阪出身者で結成した大阪府民の会っていうのがありまして、Kさんはその会のおカシラ。もう、Kさんが黒いと言えば黒いものは黒い、白いと言えば白いものは白い。ン?
そんなわけですから、当然、昼飯時になればなったで金魚のフンのようにKさんに付いていきまして、府中の商店街までぶらぶらと歩いてふらりと入ったのがこのお店、慶州。

慶州。
まあ、その名のとおり韓国料理のお店なんですが、ちょっと困ったなぁと。
というのもその日の夜は焼肉と決まっておりまして、なるたけ夜とかぶらないのは何かなぁと。
オーナーとおぼしき女の人はカタコトなんですけど、上の小皿をいろいろ運びながらも熱心にお店の宣伝をひとくさり。
だからメニュウの「これはどう?」、「 あれは?」って何を訊いても「オイシイヨ、ソレ」ってな具合。
そんなわけで、いろいろ逡巡しながらKさんが頼んだのは冷麺。Kさんのお連れの方はテールの煮込み(やったっけ?)。

ボクはというと、もうしばらくう〜んと悩みまして、結局決めたのが石焼きピビンバ。
もちろんオーナーはニッコリ笑って「オイシイヨ、ソレ」って。

で、石焼きピビンバにはなんだか辛そうなスープが付いてる。まあ、実のところ見た目ほどには辛くないんですけどねぇ。
で、そのスープを使い、オーナーがあっという間にピビンバを混ぜてくれました。
で、当のピビンバはどうかって言うと、まあ、ふつうにおいしい。
オーナーがニッコリ笑って「オイシイヨ、ソレ」っていうのは、こんな感じかなって、けっこう納得したりして。


JUGEMテーマ:グルメ


エスニック | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>