厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 蘇州  お好み焼きのレシピをようやく・・・ >>

朝ごはんのことなど、ちょっと思うところを

きのうのエントリの最後、「実は朝ごはんのことなど、まだネタはあるんですが、あしたはどうしようかなぁ〜、最近外食のことばっかりやからなぁ〜。」と呟いてたんですが、まあ、どうせ火曜はパンのことを書くことが多いし、となればウチメシのようでウチメシでない。それに朝ごはんつながりで・・・などと屁理屈を並べ立ててホテルの朝ごはんのことを。

ただ、あんなもの食べた、こんなもの・・・ていうのは措いといて、ちょっと思うところを。

というのも、最近のホテルや旅館の朝食、まあ、お客のニーズに合わせたのか、ホントにいろんなメニュウ、和・洋・中と取り揃えられてます。もっと言えばいろんなメニュウが氾濫してるというか・・・
もっとも、おかげでこの日も厨房男はご飯とみそ汁を主軸にいろいろと。つれあいはパンと紅茶が主軸であれやこれやと好きなものを食べられるわけなんですがね。
まあ、ホテルや旅館の朝食っていうのは、いわば非日常と高をくくればいいんでしょうが、非日常なら非日常で、違った意味での贅沢をしたい。

漫画、「美味しんぼ」の42巻に「愛ある食卓」っていう1篇があって、その中で主人公の山岡(その時はパートナーの栗田さん)は究極の朝食としてパンが主体の洋食の朝食を、敵役の海原雄山は至高の朝食として和食の朝食を提案するんですが、それをすべて食べてみたいなどという過分な贅沢は申しません。
ただ、許されるなら、この中で出てきた搾りたての牛乳でつくる、バターのできたてのやつを食べてみたいんですがね。ホテルならではっていうことを考えれば、何とかなると思うんですが、いかがですかね。
それか、ホテルならではと考えれば、思い浮かぶのは香り立つような削り立ての鰹節でつくったみそ汁かなぁ〜。別段、バイキングであれもこれもとは言いませんから、ささやかな非日常的な贅沢を味わえればと思ったりもして。

まあ、味噌汁の方は鰹節を削る手間さえかければできるでしょうし、フレッシュバターも乳脂肪分の高いの生クリーム(無添加のやつ。乳化剤が入っているものは不可)に塩を少し加え、フードプロセッサーにかけると手軽にできるそうなんで、どちらも家庭でやってできないこともないんですが、やっぱり贅沢は非日常的なものですからねぇ〜。
それに鰹節の方は削り器がいるし、まあ、フレッシュバターの方は今度半額(それでもイケルらしい)の生クリームが目に止まったら買ってやってみようかな、と。


JUGEMテーマ:グルメ
その他 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>