厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 因縁の氷くるみ  生ハムと水茄子のサラダの昇格 >>

カンティーナ おいしい確信

ここ最近、以前行った店を再度引っ張り出してばかりいるような気もするんですが、まあ、あんまり気にもせず。
というわけで、大阪狭山のイタリア料理カンティーナ。このお店、クルマで気軽に行ける範囲の中では、イチバンのお気に入り。だから何度も登場するっていうわけでもあるんですが、きょうはそこのランチ。
で、まずはアンティパストからピッツァまで。

で、前菜の一皿は、鶏肉の薫製、ワカサギにカポナータ、パプリカ、そしてタコのジェノバソース。
イタリア料理のお店でアンティパストミストを頼むと、いろいろとおいしいのがあったり、なんじゃこりゃと期待をハズすのがあったりと、味にブレがあるっていうようなことがよくあるんですが、ここのお店にはそういうブレがほとんどなくって、おいしいって確信して食べることができる。
でもまあ、たまになんじゃこりゃっていうのがあってもいいかもね。
それから、焼きとうもろこしのポタージュとサラダ。
つれあいが言うには、この店では、サラダにしますか、スープにしますかって訊かれると、厨房男はいつもサラダを選んでるようでして、で、スープとサラダが出てくると、いつもスープにしておいたらよかったとこぼすそう。まあ、次は忘れずにスープを選ぶことにしよう。
それに、生ハムとルコラのピッツァ、パルメジャーノがけ。
相変わらず生地にシッカリと塩味が効いててモチッとしつつもクリスピー、で、うまい。

そんなこんなでようやくパスタ。まずは、小海老と二色のパプリカのタリアテッレ。

あぁ小海老がプリプリっとしててうま〜い。タリアテッレもシコシコで・・・そういえば長いあいだ家でタリアテッレを打ってないなぁ〜と思いつつ。

それから、水茄子と万願寺唐辛子のスパゲティ、マリラーナソース。

なぜか照明の加減か、画像が赤っぽく映ってしまうんですが、実際には万願寺の緑が冴えて、もっとうまそうなんやけどなぁ〜

で、締めのドルチェ。ベリー系のトルテと桃のジェラートなどなど。それに厨房男はエスプレッソ。

まあ、アンティパストミストに限らず、外食っていうのは、おいしいのがあったり、なんじゃこりゃと期待をハズすのがあったりと、多分にギャンブル的な要素があるんですが、ここのお店にはそういうブレがほとんどなくって、おいしいって確信して食べることができる。
先に「たまになんじゃこりゃっていうのがあってもいいかもね。」って書いたんですが、それは10のうちの1つくらいであって、やっぱり安定感というか安心感のあるお店っていうのは使いやすい。それをコンサバって言う向きもあるんやろうけど、ことメシのことについてはあんまりとハズしたくないもんでねぇ。


JUGEMテーマ:グルメ
イタリアン | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>