厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< ラーメン(機  犬鳴ポーク >>

Little comfort on the“Gran comfort”

さて、ようやく週末に漕ぎ着けました。きょうはいつもの料理の話題を離れて、ちょっと音楽のはなしを・・・

厨房男にはY氏という大学以来の友人が居ます。
このY氏、建築&デザイン事務所経営の傍ら、大量のコンピレーションCDをつくって厨房男にプレゼントしてくれます。(厨房男は、Y氏は事務所経営の傍らではなく、CD作成の傍ら、事務所を経営している筈だと睨んでいます。)

それに感化されたのか、厨房男も昨年あたりから自分でコンピレーションCDをつくりはじめました。
そして、これが記念すべき第1作、「Little comfort on the“Gran comfort”」。ちなみに右上の画像は自作のジャケット。
  1. オルゴール/Gontiti
  2. 上を向いて歩こう/渡辺香津美
  3. 砂に消えた涙/憂歌団
  4. Share the Moonligtt/Gontiti
  5. しあわせになろうよ/高橋幸宏
  6. Bye bye love/David Lindley
  7. Chloe/Ry Cooder
  8. Brazil/Michael Kamen
  9. セロリ(prototype)/山崎まさよし
  10. 元気なら うれしいね/高橋幸宏
  11. お嫁においで/憂歌団
  12. 二人でくらしてみたいね/高橋幸宏
  13. A Summer's Melody/Gontiti
  14. KAHALA Mood/Gontiti
  15. 十九の春/憂歌団
  16. I think it's going to work out fine/Ry Cooder
  17. Pine-Bamboo-Plum/Gontiti
  18. 骨まで愛して/憂歌団
  19. September in The Rain/Robert Wyatt
  20. Pepper song/Gontiti

題名の、“Gran comfort”は、ジャケットで猫がくつろいでいるソファーの名前。20世紀を代表する建築家、ル・コルビュジェのLC2という作品の別名です。
その上で、欠伸をしながら日向ぼっこでもしているというような気分。
要するに“Gran comfort”というソファーの上で、Little comfortを感じる、そんなコンセプトでつくったCDです。

ちょうど今時分の季節に好適かな。
音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

TB URL :: http://tyuubou.jugem.jp/trackback/11
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>