厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 無性にワインが呑みたくて  ベーコンとオニオンのパン >>

幾千の料理も値千金の桜にしかず

新しく引っ越した家から目鼻の先というくらいのところに広い公園があります。
ここには桜の木が林といってもいいくらいに植わっていて、今の季節、それはそれは見事な景色を見せてくれます。
というわけで、このあいだの休みの日、家族で花見に行って来ました。

で、去年もたしか、今の季節に家族で花見へ出かけまして、そのときも前の晩の天ぷらや、筍ごはんをおにぎりにしたもんとか、とにかくあり合わせのもの。それに肉屋でコロッケを調達して花見へと臨んだんですが、今年はもっとカンタンに、サンドウィッチとおにぎりをつくり、それにまた肉屋のコロッケを調達しただけ。

花見の料理がどんどんとカンタンになっていくのの言い訳でもないんですが、やっぱり花見の主役は桜。でも、来年あたりは七輪でも携えて焼肉か何かで愉しみたいですね。ワインなんかも抜いたりして。もっとも状況が許せばの話ですがね。

まあともかく、ことしも桜に乾杯!
ゴクリと呑むといろいろごちゃごちゃと言ってたのが莫迦らしくなってしまう。
幾百、幾千の料理よりも、値千金の桜が勝るってとこです。


JUGEMテーマ:グルメ
催事の料理 | comments(0) | trackbacks(0) | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

TB URL :: http://tyuubou.jugem.jp/trackback/1081
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>