厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< Your Memories of a Dream 〜The Otherside of Midnight 1〜  土鍋のレゾンデートル >>

アサヒスーパードライ・梅田への帰還

以前から何度も書くんですが、このあいだ、近畿の某県にあるJなんたらという研修所の近畿の会がありまして、また、いそいそと出かけてまいりました。
で、この会合、いつもは梅田の「アサヒスーパードライ・梅田」でするんですが、前回はあいにく、アサヒがつまってたので仕方なく、「酉の舞」というお店で。
でも、やっぱり元の「アサヒスーパードライ・梅田」の重厚というか独特の雰囲気が妙に恋しい・・・というわけで、今回は無事ホームグラウンドへと帰還しました。
で、まずは一杯、ハーフ&ハーフ。

最初に注がれた生ビールをグイと半分飲み干し、そこへ黒ビールを注ぎこむ。さあ、それではというキブン。
で、のっけからイクラにホタテにe.t.c.と、また出たホタテ!(厨房男は貝が苦手ですから)、仕方がない、喰ってやるかという心境。
それから、やっぱりビアホール、やっぱりソーセージがないとね。
それに、鰹のたたき風。最近納豆なんかについてるらしいゼラチン仕立てのポン酢醤油。液だれしないのでなかなかにええ感じ。しかもゼラチン仕立てだから舌の上でノホホンと溶けてくる。その具合がまたなかなか。
それから、どうした・・・

で、それから、タケノコ。もう春ですなぁ。
それに、チキンピカタはくっつりとしたドミグラスソースで。このドミグラスソース、日ごろハインツの缶詰のとかを食べ慣れてるのでしょうかね。やけにおいしい。なんだか回転ずしを食べすぎて、すし本来の味を見失ってたことに気付いたような気分ですな、まったく。
それから、画像で見れば鯛のアメリケーヌソース仕立てのようだけども、実は味噌仕立てのソース。
でもってサラダ、生ハムやらなんやかや。
それから、それから・・・

それから、赤白のワインは飲み放題。
それにやっぱりビアホール、ソーセージだけでなくエダマメもないとね
で、チーズの盛り合わせにレーズントースト、濃厚な味わいで貪欲に頭をもたげる食欲に引導を渡してくれる。
そして最後はプチシューとイチゴ、おっさんどもにはもったいないデザートですかな。

ま、そんなわけで、改めてアサヒへと帰還すると、なんだかホッとしたような、ほんとにホームグラウンドへと帰ってきたような、そんな印象。
で、アサヒスーパードライ梅田の重厚な雰囲気の中で会を催すと、その会自体が何やら格式めいたようなな気分になるから不思議なもんですなぁ。それに料理、あらためて考えるってなわけでもないんですが、全体のトーンはやっぱりコンチネンタル料理っていう風情なんですが、そこここにあたらしい感覚を取り入れている、無理のない範囲でね。アサヒスーパードライ梅田の重厚な雰囲気も含めてひとつの時代、でもってそこから新しきを知るって感じです。

JUGEMテーマ:グルメ


洋食 | comments(0) | trackbacks(1) | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

ご当地グルメ
美味そうなモノだらけ・・・
ご当地グルメ at 2009/03/05 11:50 AM
TB URL :: http://tyuubou.jugem.jp/trackback/1043
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>