厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< にんじんと鶏肉をサッと煮込んだラグーパスタ  小松菜と厚揚げの煮物 >>

蕪の味噌汁

引っ越しから一週間。いろんな変化があって戸惑うことが多いんですが、ことにオール電化のキッチンにはなかなか馴染めずにいます。1000回の区切りのときにも書いたジャン=フィリップ・トゥーサンの「浴室」の主人公のように、厨房(浴室)でくつろぐことができなくなってしまってる(単に年とったせいで環境への適応能力が低下している?)。
そんなわけで、まだまだ新しい厨房で本格的に料理するってところにまで至ってないので、ここでの料理は、スイーツやパンなんか以外は、以前からのストックか、つれあいのつくってくれたヤツ。
そんなわけで、最近はフツウの和食からずいぶんと遠ざかってるような感じなもんで、きょうはつれあいのつくってくれた和食から。
でも、まあいずれも以前取り上げたヤツやし〜というわけで、今回主役に抜擢したのは蕪の味噌汁。

蕪はけっこう火の通りが早くて、見かけよりもトロットロになるんで食感が面白い。口の中でクシュッと崩れていくのは冬ならではの食感ですかね。
それから、ブリ照りに五穀米、キュウリの漬け物に厚揚げを炙ったの。何故だかこの日はお酒は飲んでなかったみたい。

ま、そんなわけで引っ越し前のストックから。
けど、ストックもいずれかは底をつくのが必定。というわけで、早く新しい住処(厨房)に慣れて本格的に始動しなくては。

JUGEMテーマ:グルメ


和食 | comments(0) | trackbacks(1) | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

日田温泉 亀山亭ホテル
いつも素敵なブログを読ませて頂いており参考にさせて頂いております。 今後とも宜しくお願い申し上げます。
日田温泉 亀山亭ホテル at 2009/03/16 4:18 PM
TB URL :: http://tyuubou.jugem.jp/trackback/1031
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>