厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

昭和40年代のマドレーヌ

このところ昭和な話が多いんですけど、今回は昭和40年代のマドレーヌ。菓子工房T.YOKOGAWAの。
ここんちには昭和40年代のモンブランっていうのもあって、シェフが幼い頃に食べた味を再現したっていうコンセプトなんだそうで、きっと今回のマドレーヌもそうなんでしょ。
2017-10-13 001.jpg
昭和40年代っていうと、ぼくも幼い時期やったんですけど、たしかに昭和40年代のモンブランは、昭和な感じで、どこか懐かしいような味わい。
けど、実のところマドレーヌなんてそんな時期に食べたことがあったかどうだか。
それでも、貝殻型のあのマドレーヌなら食べたことがあったかなぁ。
2017-10-13 002.jpg
で、その昭和40年代のマドレーヌひとくち食べると、ほわぁ〜っとはちみつの甘味が口の中に拡がる。
それでコーヒーをひとくち含むと、その苦味にほだされてバターの風味が鮮やかになる。
でも、正直なところ、じっさいに昭和40年代に食べたであろうマドレーヌがこんなんやったかどうかはあんまり覚えてない。
2017-10-13 003.jpg
きっとコーヒーではなく、紅茶にでも浸すとその記憶が鮮やかに蘇るのかなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
    


スイーツ | comments(0) | - | 

少し遅れての月見

10月4日は中秋の名月。
煌々と照らす月のあかり、光輪がつくる虹色もまた見事なもんでした。

でも、もう、なんでこういうことに厳格なのか、自分でも呆れてしまうんですが、10月4日は満月の2日前ってことで、満月にはややスリムなそのかたちがどうも気になってしまう。なので、少し遅れての満月を狙っていたのですが、もののみごとに曇天でした。
というわけで。
2017-10-05 003.jpg
中秋の名月に合わせてつれあいが買ってきてくれた、餡焚き屋中井の月見団子。
これはもう、満月を待つまでもなく。

すこしつぶの残る団子をこしあんで半分くるんでる。
団子も思った以上においしかったんですが、やっぱり特筆すべきはあんこ。
甘味が控え目で、小豆の味が立ち昇るように味わえる。
2017-10-05 002.jpg
で、その月見団子をほうじ茶で。
小さな月見団子に合わせて、いつも中国茶なんかを呑んでる小ぶりの器をひっぱり出してきて、それに温かいほうじ茶を。
ついこのあいだまで、冷たい麦茶が本流やったんですが、いつの間にやら温かいほうじ茶がおいしく味わえる。
2017-10-05 001.jpg
というわけで、少し遅れての月見。
今も月を探しに外に出てみたけど、やっぱり一面の曇天。
虫の声が慰めてくれるんですが、みごとに空振り。
まあ、また来年もあるさ。

JUGEMテーマ:グルメ
    


スイーツ | comments(0) | - | 

嶋屋の芋はベタに甘くなく

きのう遅くに大阪へ帰ってきたんですが、きょうは朝から娘の運動会の用意。
運動会の話は明日以降ということですが、きのうの帰りがけに買おうと思ってた舟和の芋ようかんを買いそびれてシマッタっていうことから、今回はこれを載せないとっというわけで。
2017-09-29 001.jpg
阿倍野にある嶋屋のポテト。
このあいだ、高島屋の特設で売ってたのを見つけて。
最後の1個やったんですけどね。

で、パッケージ。
2017-09-29 002.jpg
「大阪阿倍野にきはったらうちのイモ食べてくれまっか・・・」なんていう文句を延々と書いてる。ぼく的にはあんまりこういうのって好きじゃないんやけどね。

で、そのパッケージを解いて、中を見ると。
2017-09-29 003.jpg
なんていうか、武骨にごろんごろんと入ってる。
これでいいんやない。
あとは味で勝負すれば。

で、熱いほうじ茶と一緒に。
2017-09-29 004.jpg
これが・・・すこぶるうまい。
油で揚げて蜜を吸わせてるっていう工程なんですが、その蜜に水飴とかを使ってないせいか、わりとサラッと仕上がってる。けど、これがパッケージのようにベタな味ではなく、しっとり甘くてうまい。。
いいですねぇ。来月から糖質制限ダイエットするつもりやけど、最後にもう一回食べたいなぁって思えるくらいやね。きっとそんなチャンスはないとは思うけど。

JUGEMテーマ:グルメ
    

スイーツ | comments(0) | - | 

結果オーライなリーフパイ

少し前、つれあいがクラブハリエのリーフパイをいただいてきた。
2017-09-22 001.jpg
なんでも、つれあいの知り合いがラ・コリーナ近江八幡とか、クラブハリエのお店を一巡してきたおみやげなんだそうで、葉っぱのパッケージにリーフパイが数枚入ってるっていう、ちょっとしゃれたおみやげ。
ラ・コリーナ近江八幡って言えば、以前出かけたときは、おそらく藤森照信さんが設計したって感じの銅板葺の建物が建築中で、是非また行ってみたいなぁって。
2017-09-22 002.jpg
で、クラブハリエはご存じのとおり、滋賀の「たねや」っていう和菓子屋さんがはじめた洋菓子屋で、何週か前にアップしたバームクーヘンがつとに有名なんですが、このリーフパイもクラブハリエでは、わりとスタンダードなよう。
もっともリーフパイもバームクーヘン同様に、けっこういろいろな洋菓子屋さんがつくってるんですが、クラブハリエでスタンダードっていうかぎりはそれなりに、よそのとはひと味違うってな自負もあるんでしょ。
2017-09-22 003.jpg
で、さっそく。
薄く延ばしたパイ生地をサクッと焼き上げ、シュガーをはらりとまぶしてる、そんな感じ。
コーヒーと一緒に食べると、バターの風味とほのかな甘味が拡がる。
う〜ん、クラブハリエならではっていうところは、ぼくにはあんまりわからなかったですが、丁寧につくられてるってな味わい。
2017-09-22 004.jpg
そういえば、大阪の箕面にもみじの天ぷらっていうのがあって、本物のもみじの葉っぱに甘い衣をつけて揚げたかりんとうのようなお菓子なんですが、たねやはそうは考えずに洋菓子に走ったようで、ま、結果オーライってなところ・・・ですかね。

JUGEMテーマ:グルメ
   

スイーツ | comments(0) | - | 

「無性にロールケーキが食べたくなったのよぉ」って・・・

「無性にロールケーキが食べたくなったのよぉ」
ていうんで、つれあいがこれを買ってきた。ケーニヒス・クローネのフルーツのロール。
2017-09-08 002.jpg
もう、一目瞭然。べつに名前を改めて書く必要もないくらいやったんですけど。
ハーフサイズのロールケーキ。

で、中身はっていうと、これまたパッケージを見ればわかるっていう話。
2017-09-08 001.jpg
黄色いのは何か分からなかったんですけど、リンゴとキウイ、いちごの絵が描かれてる。
それがカスタードと生クリームと一緒にくるまれてる。
ロールケーキにいちごとキウイが入ってるっていうのはポピュラーな話なんですけど、生のリンゴが入ってるっていうのはちょっと記憶にないなぁ。
2017-09-08 003.jpg
ケーキの生地はスライスアーモンドで覆われたサクサクしたビスキュイっぽい生地。
この手の生地って、パウダーシュガーの甘味がいちばん先に来るんやけども、そんなところがコーヒーとよく合う。
2017-09-08 004.jpg
ケーニヒス・クローネっていうところは、ぼく的にはそんなに高価ではないんやけども、なんていうかほっこりしたお菓子が多いっていう印象。つれあいもきっとそんなイメージを持ってると思うんやけど、そういう意味では無性にロールケーキが食べたくなったっていう気まぐれにはちょうどイイんかもしれない。
それが証拠にけっこう満たされたぁっていう表情でしたから。

JUGEMテーマ:グルメ
    

スイーツ | comments(0) | - | 

バームクーヘンにはアイスコーヒー、まちがいない!

バームクーヘンをいただきました。
クラブハリエの。

デカい。
おそらくいちばんデカいやつやないかなぁ。
2017-09-03 001.jpg
で、こういうのを前にするとちょっと舞い上がってしまう。
どうして食べてくれようかと。
でも、とりあえず切り分けて・・・切り分けていくにしたがって、また、こうも思う。
どうして完食できるかなと。
1/8に切ってもこれくらいですからねぇ。
まあ、その問題はご近所にちょっとお裾分けをするっていうんで解決しましたが。
2017-09-03 002.jpg
さて、その切り分けたバームクーヘン。
説明書によると食べごろは18℃〜24℃。電子レンジで軽くああためると焼きたてのふわふわの食感が楽しめるっていうんで、さっそく。フォンダンが溶けないくらいの頃合を見計らってレンジから取り出すと、ほんとふわふわしっとりって感じ。
で、それをコーヒーで。
2017-09-03 003.jpg
ぼくはアイス、つれあいがホットで。
で、その焼きたてみたいにふわふわしっとりしてるのをひとくちいただき、ブラックのアイスコーヒーをゴクッと。
ホワンと拡がったバームクーヘンの甘味がサァーッと洗われる。
これがイイ。ほのかに温まったバームクーヘンに冷たいアイスコーヒー。つれあいには異論があるかも知れないけど、バームクーヘンにはこの組み合わせ、まちがいない。

JUGEMテーマ:グルメ
   


スイーツ | comments(0) | - | 

健啖二代

お盆はもう2週間前になりましたが、そのお盆のこと。
実家のおかんと久しぶりに氷くるみでも食べよう屋ってことでぽんぽんやまで出向いたんですが、あいにくお盆の期間は忙しいんで氷くるみはやってないと。
仕方がないなあってことで、くるみ餅を買って実家へ帰りまして。
で、さっそく仏壇のおやじにお供えをして、残りをおかんと二人で。
2017-08-26 001.jpg
くるみ餅。
世間では堺のかん袋のがつとに有名ですが、泉大津界隈ではやっぱりこのぽんぽんやのくるみ餅。
思うに、くるみ餅には2種類あって、青大豆や抹茶とかをつかったみどり色のと、大豆をつかったクリーム色のと。味わいにも少し違いがあって、大豆を使ったのはアタリマエの話ですけど大豆そのもののうまみが前面に出る。それがもう、えも言えぬおいしさで、泉大津界隈の人はこれの虜になってるという話。

で、それを冷たいお茶で。
2017-08-26 002.jpg
よく大豆をつかったくるみ餅は、きび砂糖とか黒糖とかで風味付けをしてるのがあるんですけど、ここのは蜂蜜を使ってるらしく、甘味からくる風味は隠し味程度に抑えられてる。
だから、それを洗い流すお茶もこだわる必要もないようで。

で、ぽんぽんやのくるみ餅の特徴をもうひとつ。
入ってる餅は白餅と草餅と。
2017-08-26 003.jpg
むかしは白い餅ばっかり食ってたんですけど、最近は草餅もうまいなぁと。まあ、餅は餅屋というけど、どっちもうまい。
でも、娘らと食べると、娘らは草餅を敬遠しがちなもんで、白い餅から食べてやる。そうすると娘らが敬遠する草餅を後で独り占めできるってワケ。

それはともかく、おかんと二人でペロッと平らげてシマッタ。
健啖。ぼくもそうやけどおかんも。91歳にしては極めて健啖。
まあ、この親にしてこの子あり、かな。
仏壇のおやじは何思ってるやろ。

JUGEMテーマ:グルメ
   

スイーツ | comments(0) | - | 

フルーツ大福にするとうまくなるフルーツは・・・

このあいだ、堺の萩原天神にある一心堂のフルーツ大福を買ってきた。
回はマンゴー、パイナップル、ぶどうにいちごの白あんのと黒あんの。
ただ、買ってきて言うのもなんやけど、この包装、なんとかならんかな。
2017-08-10 001.jpg
まあ、でも、取り出してしまえばそれでおしまいなんですが。
とりあえず、漆の大皿に並べてみたんですけど、マンゴーとパイナップルはけっこうデカい。
2017-08-10 002.jpg
もちろん、ひとりで1個食べるんではなくて、それを切り分けてみんなでシェアする。
もちろん、シェアするだけではなく、撮影するっていう目的もあってのことですが。
で、まずはマンゴーとパイナップル。
2017-08-10 003.jpg
ぼくはマンゴーだけいただいたんですが、これが格別。
マンゴーそれ自体はそんなに好きでも嫌いでもないんですけど、これは別。
フルーツ大福にするとうまくなるフルーツとそうでもないのがあって、これはそのうまくなる部類のひとつって言える。フルーツの素直な甘さと、白あんのしっとりした甘さがうまく合わさって、それがお互いのおいしさを高めてる。

それから、ぶどうにいちごの白あんのと黒あんの。
2017-08-10 004.jpg
ぼく的には、どっちかといえば手亡豆で作った白あんよりも小豆の黒あんのほうが好みなんですが、こといちご大福は白あんの方がいい。いちごの酸味を白あんがうまくカバーしてくれるっていうような。

で、それを冷たいお茶ではなくて温かいお茶で。
2017-08-10 005.jpg
フルーツ大福にするとうまくなるフルーツっていうのは、マンゴーといちご以外だと、桃なんかがあるんですが、あいにくっていうか、ちょうどご近所から清水白桃をいただいたところやったもんですから、今回は見送ることにした。
まあ、でも、フルーツ大福ならではのうまさっていうのも捨てがたい。次は必ずやなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
    


スイーツ | comments(0) | - | 

札幌の友人を悔しがらせる完熟桃のたっぷりタルト

先月のかかり、札幌の友人ヤスコが来阪した折にGOKANの完熟メロンのスペシャルブランマンジェをオトナ食いしたって言ってたので、完熟メロンのスペシャルブランマンジェの次はこれって悔しがらせてやった、完熟桃のたっぷりタルト。
2017-08-04 001.jpg
以前にも書いたと思うんですが、結婚してからつれあいに桃のうまさを教えられ、今じゃあ、焼酎のロックにも桃を放り込んでるくらい。

そうは言いながらも、ぼくと娘はけっこうぞんざいにロックグラスにアイスコーヒーとミルクを放り込んで。
2017-08-04 002.jpg
つれあいはきっちり紅茶を淹れてましたけど。

で、この完熟桃のたっぷりタルト、一面もう、モモ、もも、桃です。
完熟メロンのスペシャルブランマンジェは大胆にもメロン半分が使われてるんですが、こちらは桃をたっぷり使って半円形に。
2017-08-04 003.jpg
で、4つに切り分けでみると、中は実はミルキーなムースが入ってる。
ま、これ以上デカくしたら、中に桃太郎でも入れないと格好つきませんからね。

JUGEMテーマ:グルメ
   

スイーツ | comments(0) | - | 

娘の作戦なんかな

娘にはたまに助けてもらう。
といっても、まあ、ブログのネタを提供してもらうってだけの話ですけど。
で、きょうもそれ。
2017-07-14 002.jpg
ケーキやクッキー。
たまに思い出したように焼くんですが、今回はカップケーキ。
鬼のようにチョコチップが入ってる。
で、その余りものをひとつ、おとうさんにと。
2017-07-14 001.jpg
娘は高校生。
勉強せえよ、なんて、あんまりうるさく言ってないつもりなんですけど、こうしてケーキなんかをくれると、余計にそんなの言わなくなる。

娘の作戦なんかな。

JUGEMテーマ:グルメ
  


スイーツ | comments(0) | - | 
| 1/51P | >>
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>