厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

月末音楽のまとめ 2019

毎年大晦日に、こんなことしてていいのかっていう感情に苛まれながらも、ずっと続いてる月末音楽のまとめをことしも。

2019-12-30 001.jpg

なんだかテスト前にマンガの本を読みだしたら止まらなくなって、こんなことしてていいのかっていう感情に苛まれながらもマンガから離れられなくなる、あの感覚。まあ、言ってみれば現実逃避なんだけどね。

 

で、ことしも音楽の話は1月から11月までの計11枚。

ボブ・ディランのカバーが2枚と、ビートルズのカバーが9枚。

上の画像はそのうちの9か月分なんだけど、ことしはベスト1とアナザ1は別に。

(そのほうが画像のおさまりがいいんでね)

で、まずはアナザ1から。

2019-12-30 003.jpg

1月の「Tribute to The Bob Dylan 1985−1989 〜FOR OUT Of TUNE GENERATION〜」

(一応リンクを貼ってあるので、詳細はそちらをご覧ください。)

まあ、1月のっていうか、これは厳密にいうと、その前の年からずっと聴いてたアルバム。

だから、これをアナザ1にっていうもっともな理由をつけたいところなんだけど、それも少しはたしかにあるけど、来年4月に来日公演があるっていう話だから、もう一度引っ張り出して聴いてみようかなぁっていう思いもあって。

しかし、こんどの公演、「ノーベル文学賞受賞後初となる9度目の日本ツアー」だって。このキャッチコピーにすごい違和感を覚えたのはぼくだけではないと思うんだけど、どうかなぁ・・・

 

とまあ、アナザ1はこんな感じで、じゃあベスト1はっていうと、これが・・・

2019-12-30 002.jpg

これが、いや、これもアタリマエの話なんだけど先月の「Tribute to The Beatlesのまとめ1

(これもリンクを貼ってあるので、詳細はそちらをご覧ください。)

 

Y氏からもらったビートルズのカバー集、「Tribute to The Beatles」。

1〜3シリーズの6枚ずつと4シリーズの2枚で合計20枚。

先月の「Tribute to The Beatles」のまとめ1は、そのうちのシリーズ1から、ぼくのフェイバリットをセレクトしたわけだから、ベスト1がこのアルバムになるのはアタリマエっていうわけ。

 

たぶん、来年もY氏からの新作が届かない間はこの方法で凌がないといけないだろうなぁ。

じゃあ、そのあとは・・・

来年も悩み多き1年になりそうな予感だな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
音楽 | comments(0) | - | 

「Tribute to The Beatles」のまとめ1

11月ももう終わり。

冬がやってくる。

でも、Y氏から新着は届かない。

なので、これまでずっと載せてた「Tribute to The Beatles」のまとめをということで、まずは1-Aから1-Fまで。

TRIBUTE TO THE BEATLES.jpg

1. Love Me Do / Sandie Shaw(1-A-2)

2. A Hard Day's Night / FIRE BALL(1-A-5)

3. Help! / Howie Day(1-A-16)

4. Yesterday / Marvin Gaye(1-A-24)

5. Nowhere Man / Paul Westerberg(1-B-6)

6. Lucy In The Sky With Diamonds / Aimee Mann(1-C-2)

7. Sexy Sadie / Paul Weller(1-C-17)

8. Two Of Us / Aimee Mann & Micheal Penn(1-D-11)

9. Across The Universe / Fiona Apple(1-D-12)

10. Don't Let Me Down / Stereophonics(1-E-21)

11. Jealous Guy / Bryan Ferry(1-F-11)

 

Y氏のアルバムをまとめるっていうこの手法、「Tribute to Antonio Carlos Jobim」の時にも使ったんだけど、その時には大胆にもアルバム14枚から「イパネマの娘」のカヴァーだけを抜き出してつくったので、「イパネマの娘」のイメージだけでジャケットのデザインができたんだけど、今回はもうばらばらだから、結局ビートルズのイメージに頼るしかなかった。

 

で、そのばらばらの中身。

1曲目のサンディー・ショウの「ラヴ・ミー・ドゥ」や6曲目のエイミー・マンの「LSD」、9曲目のフィオナ・アップルが歌う「アクロス・ザ・ユニバース」なんかのチャラ系もあれば、7曲目のポール・ウェラーの「セクシー・サディー」とか、10曲目のステレオフォニックスの「ドント・レット・ミー・ダウン」みたいなシブ系もある。

調子に乗ってカテゴリー分けをすると、3曲目のハウイー・デイの「ヘルプ!」や5曲目のポール・ウェスターバーグの「ノーフェア・マン」なんかはさしずめアコ系とでも言うべきかな。じゃあ、2曲目のファイアー・ボールの「ア・ハード・デイズ・ナイト」はハード系、4曲目のマービン・ゲイの「イエスタディ」はやっぱりモータウン系かな。

でも、最後をブライアン・フェリーの「ジェラス・ガイ」で締めてしまえばなんとか格好はつくかな。

まあ、いずれはカテゴリーを意識して、最後にもう一度まとめをつくってみようかな。

そうこうしてるうちにY氏から新作が届かないかなぁ・・・

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
音楽 | comments(0) | - | 

Tribute to The Fab Four 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 4-B

いろいろあった10月もようやく終わり。

なので、月替わりの音楽の話。

音楽の話は、ぼくの友人Y氏の編集した「Tribute to The Beatles」。

長く続いたこのシリーズもとうとう最後の一枚。

2019-10-31.jpg

1. Be-Bop-A-Lula / John Lennon

2. Stand By Me / John Lennon

3. Rip It Up/Ready Teddy / John Lennon

4. You Can’t Catch Me / John Lennon

5. Ain’t That A Shame / John Lennon

6. Do You Wanna Dance / John Lennon

7. Sweet Little Sixteen / John Lennon

8. Slippin’ And Slidin’ / John Lennon

9. Peggy Sue / John Lennon

10. Bring It On Home To Me/Send Me Some Lovin’ / John Lennon

11. Bony Moronie / John Lennon

12. Just Because / John Lennon

13. Just Because / Paul McCartney

14. Only You(And You Alone) / Ringo Starr

15. True Love / George Harrison

16. Baltimore Oriole / George Harrison

17. I Really Love You / George Harrison

18. Got My Mind Set On You / George Harrison

19. Don’t Get Around Much Anymore / Paul McCartney

20. No Other Baby / Paul McCartney

21. Lonesome Town / Paul McCartney

22. Coquette / Paul McCartney

23. Shake A Hand / Paul McCartney

24. Between The Devil And The Deep Blue Sea / George Harrison

 

今回もジャケットを見ていただくとお分かりのとおり、「Beatles」じゃなくて、「Fab Four」になってる。

以前も書いたように、「Fab Four」っていうのは「Beatles」の愛称みたいなもんだそうで、今月のも「Fab Four」ってなってるっていうのは、要はビートルズナンバーではなくて、メンバーが歌うソロバージョンで、前回に引き続き、メンバーが誰かの歌を歌うっていう、逆カバー集。

まあ、Y氏の好みなのか、ジョンが半数の12曲、ポールが6曲、ジョージが5曲、リンゴが1曲っていう割合。なんだかこの偏りがビミョ〜なテイストを生み出してるわけで、あらためて考えると、この配合にY氏の好みとぼくの好みの違いが垣間見えて、ちょっとおもしろいなぁと。

ぼく的には、聴きなれた前半のジョンよりも、ポールとジョージの、特に17曲目から20曲目あたりの編成が好みで、ジョージの歌うドゥ・ワップとか、ポールが歌うデューク・エリントンとか、音楽性の幅広さとか、意外性があって新鮮だなぁと。まあ、先月のが単調だったせいもあって、その反動かもしれないけども。

 

でも、ながく聴いてきた「Tribute to The Beatles」もこれでおしまい。

11月からは何を聴こうかなぁ。

 

JUGEMテーマ:グルメ

音楽 | comments(0) | - | 

Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 4-A

もう月替わり。

月替わりには音楽の話。

音楽の話はこのところ、ぼくの友人Y氏の編集した「Tribute to The Beatles」。

で、このシリーズもそろそろ、終わり近くで4-A。

ちなみに、これまではビートルズナンバーを誰かが歌うっていうカバー集だったんだけど、今回のはビートルズが誰かの歌を歌うっていう、逆カバー集。

2019-09-30.jpg

 1. My Bonnie (With Pete Best) / The Beatles

 2. Ain`t She Sweet (With Pete Best) / The Beatles

 3. Three Cool Cats (With Pete Best) / The Beatles

 4. The Sheik Of Araby (With Pete Best) / The Beatles

 5. Besame Mucho (With Pete Best) / The Beatles

 6. How Do You Do It / The Beatles

 7. Anna (Go To Him) / The Beatles

 8. Chains / The Beatles

 9. Boys / The Beatles

10. Baby lt`s You / The Beatles

11. A Taste Of Honey / The Beatles

12. Twist and Shout / The Beatles

13. Till There Was You / The Beatles

14. Please Mister Postman / The Beatles

15. Roll Over Beethoven / The Beatles

16. You Really Got A H0ld On Me / The Beatles

17. Devil ln Her Heart / The Beatles

18. Money (That`s What I Want) / The Beatles

19. Rock and Roll Music / The Beatles

20. Mr.Moonlight / The Beatles

21. Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey! / The Beatles

22. Words Of Love / The Beatles

23. Honey Don`t / The Beatles

24. Everybody’s Trying To Be My Baby / The Beatles

25. Long Tall Sally / The Beatles

26. Slow Down / The Beatles

27. Matchbox / The Beatles

28. Bad Boy / The Beatles

29. Act Naturally / The Beatles

30. Dizzy Miss Lizzy / The Beatles

 

ああ〜、この歌、オリジナルじゃなくて誰かの曲だったんだぁ〜っていうのと、ええっ、この歌、ビートルズも歌ってたんだぁ〜っていうのが全30曲。

まあ、ビートルズのカバーはもう何千、ひょっとしたら何万とあるんだろうけど、反対のビートルズが歌うカバーに関してはやっぱり限界があるよなぁ。だから、30曲っていうのはまあ妥当かな。

でも、ずっとビートルズ。

やっぱりちょっと飽きる。

これまで、途中ボブ・ディランを聴いてたけど、ここ数年かけてこのシリーズを聴いてきたからビートルズそのものに飽きてきたのかもしれない。正直、家人らはクルマに乗るといつも(カバーではあるにせよ)ビートルズがかかってるので、うんざりしてたみたいだから。

でも、ぼく自身はそんなに飽きもせずにずっと楽しんでたんだけど、最後のこれはさすがにちょっと飽きてしまったな。だって全部誰かの曲とはいえ、ビートルズだもんね。

これまでは、いろんなアーティストが入れ代わり立ち代わりだったのが、今回のはだいたいがマッカートニーかレノンだから。

というわけで、今回がThe Beatles Sing Other People’s Songs。

で、次回はFab Fourの。

そろそろ、そろそろ終わりが見えてきたぁ。

 

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
音楽 | comments(0) | - | 

Tribute to The Fab Four 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3- F

1か月に1度の音楽の話。

このあいだ、夜更かしをして、何気にTVで流れてた『箱入り息子の恋』っていう映画を観てた。ミュージシャンとしても活躍している星野源が市役所に勤める恋愛初心者の主人公を演じてるんだけど、その星野源が1曲目に登場する。

これまで1ヶ月このアルバムを聴いてて、まったく星野源って気づいてなかったんだけど、このエントリを書くにあたってY氏のリストでそれに気づき、思わず2度見した・・・

2019-08-31.jpg

1.  All Things Must Pass / 中納良恵 & 星野源

2.  Love / Janet Kay

3.  Love / Ann Sally & 細野晴臣

4.  Love / Priscilla Ahn

5.  Look At Me / 湯川潮音 & 曽我部恵一

6.  Every Night / Claudine Longet

7.  Junk / Various Artists

8.  Imagine / Tania Maria

9.  Imagine / The Ventures

10.  Oh My Love / ハナレグミ & 原田郁子

11.  Oh My Love / Tim Christensen

12.  Happy X'mas (War Is Over) / Sarah McLachlan

13.  Happy X'mas (War Is Over) / 蔡忠浩, 湯川潮音, 曽我部恵一, 小池光子, 星野源, 土岐麻子, Ann Sally, おおはた雄一

14.  Happy X'mas (War Is Over) / Tim Christensen

15.  The Light That Has Lighted The World / 白鳥マイカ・田中和将・亀井亨・根岸孝旨

16.  Be Here Now / おおはた雄一 & 永山マキ

17.  Here Today / 蔡忠浩 & Ann Sally

18.  When We Was Fab / 鈴木茂バンド

19.  Real Love / Cris Camacho

20.  Free As A Bird / キセル

21.  Free As A Bird / Orgel

 

さて、今回も引き続き、友人Y氏が編集した「Tribute to The Beatles」の3-Fなんだけど、今回のは「Beatles」じゃなくて、「Fab Four」。

「Fab Four」っていうのは2-Fのときにも書いたように、「Beatles」の愛称みたいなもんだそうで、要はこのアルバム、ビートルズナンバーじゃなくて、メンバーのソロのカヴァー。

で、今回はいつになく日本で活動してるシンガーやバンドが数多く登場する。ていうか、今回のアルバムはどうもそっちが主役のよう。冒頭に触れた星野源とEGO-WRAPPIN'のボーカリスト中納良恵のデュオからはじまって、Ann Sally & 細野晴臣とか、湯川潮音 & 曽我部恵一とか・・・

ぼく的には、10曲目のハナレグミ永積タカシとシンガーソングライターの原田郁子の夫婦デュオとか、20曲目の京都府出身のキセルの兄弟デュオなんかがお気に入り。15曲目の白鳥マイカ・田中和将・亀井亨・根岸孝旨のは、サビのところとかすごくイイんだけど、意識的に入れてるノイズがどうもザンネン。

で、今回はどちらかというとサブに回ってる洋楽系では、4曲目のプリシラ・アーンとか、11曲目と14曲目のティム・クリステンセンのがいい。

さらに随所にベンチャーズのインストゥルメンタルとか、オルゴールとかが挿まれてて、それがまた別の曲に呼応したりして、構成が一筋縄でいってないところなんかも、なかなかY氏の本領発揮ってところかな。

 

で、今回もビートルズメンバーのソロのカヴァーを数多く取り上げてるんだけど、やっぱり聴いてしまうのは12曲目から14曲目のHappy X'mas (War Is Over)。あいにく暑い夏に聴くタイミングになってしまったんだけど、やっぱりここらあたりがグッとくる。

そういえば、2-Fのときも暑いさなかに「ハッピー・クリスマス」を聴いて、娘が「この暑いのに、なんでハッピークリスマスやねん!」とぼやいてたのを思い出した。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
音楽 | comments(0) | - | 

「Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3-E」

Y氏からいただいたこのシリーズも、そろそろ終いが見えてきた。

まあ、あと3か月はもちそうだけど、ちょっと心細いなぁ。

ことしのはじめに、「もうすぐ送るよ」って言ってたきりなんだけど。

かまやつひろしさんの「我がよき友よ」の中に、「暑中見舞いが帰ってきたのは秋だった」っていうお気に入りのフレーズがあって、それがぼくにも彼にもけっこうあてはまるわけで、まあ、少し遅れても、もう笑うしかないってな心境なんだな。

 

さて、その終いが見えてきたこのシリーズ、今月もBeatlesのカバー曲集で、「Tribute to The Beatles」〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜の3−E。

2019-07-31.jpg

1.  I Feel Fine / Jose Feliciano

2.  She's A Woman / Jose Feliciano

3.  Day Tripper / Sergio Mendes & Brasil '66

4.  Day Tripper / Yellow Magic Orchestra

5.  We Can Work It Out / Judy Collins

6.  We Can Work It Out /高橋幸宏

7.  The Fool On The Hill / Sergio Mendes & Brasil '66

8.  The Fool On The Hill [El Dondo Sur La Collina] / Edmundo Ros With Catarina Valente

9.  The Fool On The Hill / John Williams

10.  The Fool On The Hill / Maria Augusta

11.  The Fool On The Hill / The Munroes

12.  Penny Lane / Maria Augusta

13.  Penny Lane / Judy Collins

14.  All You Need Is Love /高橋幸宏, 高野寛, 延原達治, 桐島かれん, 佐木伸誘,稲葉智, 笠原敏幸,和田加奈子, 田中一郎, 村田和人, 日野皓正

15.  Lady Madonna / Caetano Veloso

16.  Lady Madonna / Andrea Braido & Giorgio Cordini

17.  Hey Jude / Jose Feliciano

18.  Hey Jude / Shango

19.  Hey Jude / King Curtis

20.  Hey Jude / Diana King

21.  Hey Jude / Judy Collins

 

で、このアルバム、前半の「ザ・フール・オン・ザ・ヒル」と後半の「ヘイ・ジュード」が大きなヤマかな、個人的には前半の「デイ・トリッパー」が好きなんだけど・・・。

中でも3曲目の「デイ・トリッパー」と7曲目の「ザ・フール・オン・ザ・ヒル」を歌うセルジオ・メンデスがやっぱりカッコエエ。

それから、Y氏の評価は低いけど、個人的にはやっぱりYMOの「デイ・トリッパー」(4曲目)とか高橋幸宏の「ウイ・キャン・ワーク・イット・アウト」(6曲目)なんかが今聴いてもやっぱりカッコエエ。

さらに、マリア・アウグスタが歌う10曲目の「ザ・フール・オン・ザ・ヒル」と12曲目の「ペニー・レイン」もしっとりとしてイイねぇ。

とまあ、これらの曲が完成度の高い構成をかたちづくってるんだけど、1曲どうも引っかかる曲があって、それが8曲目の「ザ・フール・オン・ザ・ヒル」を歌う、エドムンド・ロス with カテリーナ・ヴァレンテ。

この、なんていうか昭和歌謡のような合の手がなんだか耳に残る。

今回はYMOと高橋幸宏のを除き、めずらしく評価が一致してる。

まあ、でも、このアルバム、好きなのは前半のほうで、後半はあんまり・・・なんですがね。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
音楽 | comments(0) | - | 

「Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3-D」

先月、音楽を紹介するときには「もうすぐ梅雨入りかなぁ」って呟いてたんだけど、結局、近畿が梅雨入りしたのは月も終わりのこと。思ったよりも長く、いい季節を過ごすことができた。

で、その、いい季節を共に過ごしたアルバムがこれ、ぼくの友人のY氏がセレクトしてくれたBeatlesのカバー曲集「Tribute to The Beatles」〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜の3−D。

2019-06-30.jpg

 1. Something / Cris Delanno

 2. Something /竹松舞

 3. Here Comes The Sun / Andrea Braido & Giorgio Cordini

 4. Here Comes The Sun / 畠山美由紀

 5. Here Comes The Sun / Luca Colombo

 6. Because /湯川潮音

 7. Because / The Munroes

 8. Because / Orgel

 9. Golden Slumbers / Claudine Longet

10. Golden Slumbers / Carry That Weight / Bola Sete

11. Golden Slumbers / Carry That Weight / Judy Collins

12. Golden Slumbers / The Munroes

13. Two Of Us / 蔡忠浩

14. Across The Universe / Chie

15. Across The Universe / The Munroes

16. Let It Be / Odette Telleria

17. The Long And Winding Road / Aaron Lordson

18. The Long And Winding Road / Andrea Braido & Giorgio Cordini

19. The Long And Winding Road / Judy Collins

20. The Long And Winding Road / The Munroes

21. The Long And Winding Road / KOKIA

22. Medley: Here,There And Everywhere/Yesterday/Let It Be / Jake Shimabukuro

 

このアルバム、辛口のY氏の選評(Y氏はそれぞれの曲に★を1個〜3個付けてるんだけど)では、最高評価の作品は該当なしってことだったんだけど、ぼくにとってはこの季節を過ごすのにずいぶん彩りを与えてくれたように思う。

このアルバム、ぼくが思うにヤマが3つあって、まず最初のヤマが3曲目〜4曲目。

3曲目のアコースティックなヒア・カムズ・ザ・サンと、それに続く畠山美由紀さんの普段着のような歌声のヒア・カムズ・ザ・サン。なにげない日常が幸せに思えてくるような、そんな気分にさせる。

 

それから、13曲目の蔡忠浩さんのツー・オブ・アス。新しい何かが始まったような、そういう軽快さ。そして、それに続くCHIEさんのアクロス・ザ・ユニバース。ジョン・レノンのともすれば深い内容の曲をやすやすと鼻唄のように歌いきるような、そんなイージーさがいい。

 

で、最後のヤマが21曲目のKOKIAさんのザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード。終末に向かう曲がりくねった道程を、なんだか眠りを誘うように、囁くように諭してくれる。

そして、それがJake Shimabukuroのメドレーへと続く。

 

奇しくも、ここに掲げた6曲はすべてがすべてY氏の最低評価、★ひとつ。

まあ、彼が言うにはおよそ千曲あったカヴァーの中から厳選した200曲だから、★ひとつでもきっと悪くはないんだと思う。

でも、このあたりにグッときてるぼくっていうのは、ちょっとズレてるんかなぁ。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
音楽 | comments(0) | - | 

「Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3-C」

たまに暑い日もあったけど、ちょっとしぐれる日もあったけど、いい季節だよね。

で、そういうときに、今回のアルバムはよく合ってたよなぁ、ぼくの友人のY氏がセレクトしてくれたBeatlesのカバー曲集「Tribute to The Beatles」。今月は〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜の3−Cってやつ。

 

でも、もうすぐ梅雨入りかなぁ。

2019-05-31.jpg

 1. With A Little Help From My Friends / Sergio Mendes & Brasil '66

 2. With A Little Help From My Friends / Bola Sete

 3. With A Little Help From My Friends / Natalia Chapman

 4. Lucy In The Sky With Diamonds / Cris Camacho

 5. Lucy In The Sky With Diamonds / Andrea Braido & Giorgio Cordini

 6. She's Leaving Home / Marcia Lopes

 7. Dear Prudence /中納良恵

 8. Ob-La-Di,Ob-La-Da / Arthur Conley

 9. Ob-La-Di,Ob-La-Da / Youssou N'Dour

10. While My Guitar Gently Weeps / Santana Feat. India.Arie & Yo-Yo Ma

11. Hapiness Is A Warm Gun / Odette Telleria

12. I'm So Tired /曽我部恵一

13. I'm So Tired /湯川潮音 + LEO今井 + James Iha

14. Blackbird / Jose Feliciano

15. Blackbird /ハナレグミ

16. Blackbird / Judy Collins

17. Blackbird / Flavio Mendes

18. I Will / Goran Sollscher

19. Julia /イノトモ

20. Honey Pie /首里フジコ

21. Honey Pie /加藤和彦

22. Good Night / The Moog Beatles

23. Good Night / Ann Sally

24. Good Night /細野晴臣

 

ぼくがビートルズを聴き始めたのは、たしか中学生の頃。

その頃からの刷り込みなのか、その頃好きだった「ルーシー イン ザ スカイ・・・」とかに惹かれてしまう。殊に5曲目のアンドレア・ブレイド&ジョルジオ・コルディーニのアコースティックなメロディって、なんだか無印良品でぼんやり買い物してるような気分になったりする。

そういう意味で、10曲目の「ホワイル マイ ギター・・・」とかもいいよねぇ。

でも、このアルバム、キモは14〜17曲目のブラックバードなんじゃないかな。

14曲目のホセ・フェリシアーノから15曲目のハナレグミ、16曲目のジュディ・コリンズ、17曲目のフラヴィオ・メンデスと、それぞれの味付けは違うけど、通底してるのは軽さ。まあ、ポール本人が言うように、「黒人女性の人権擁護や解放について歌った内容」ってことなんだけど、その重みを反転させてる軽さかな。で、この流れで19曲目のジュリア、さらに20曲目、21曲目のハニーパイがいい。首里フジコのもトノバンのもほんとにいい。甘味の効いたハニーパイが食べたくなるもんね。

でもって、最後の細野晴臣のグッドナイト。きょうも夜更かしして書いてしまった、おやすみなさい。

 

JUGEMテーマ:グルメ
    
音楽 | comments(0) | - | 

「Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3-B」

毎月、月替わりに音楽のことを書いてるんだけど、今月は月替わりでもあるけど、なんと元号替わり。ありていに言えば時代が変わる、その区切り?

で、その区切りに(相変わらずだけど)ビートルズのカヴァーっていうのが、なんとも意味深い。

2019-04-30.jpg

 1. Norwegian Wood / Sergio Mendes & Brasil '66

 2. Norwegian Wood / Judy Collins

 3. Michelle / The Sandpipers

 4. Michelle / The King's Singers

 5. Michelle / Luca Colombo

 6. Michelle / Ben Harper & The Innocent Criminals

 7. Michelle / 鈴木康博

 8. In My Life / Jose Feliciano

 9. In My Life / Nana Mouskouri

10. In My Life / Goran Sollscher

11. In My Life / Tuck & Patti

12. In My Life / The Munroes

13. In My Life / 藤田恵美

14. Eleonor Rigby / Caetano Veloso

15. Here,There And Everywhere / Jose Feliciano

16. Here,There And Everywhere / Cris Camacho

17. Here,There And Everywhere / Liz Story

18. Here,There And Everywhere / Emmylou Harris

19. Good Day Sunshine / Judy Collins

20. For No One / Caetano Veloso

21. For No One / 小沼ようすけ

22. Tomorrow Never Knows / Monsoon

23. Tomorrow Never Knows / 高橋幸宏

 

今回も23曲。

でも、オリジナルは、数えてみると8曲だけ。

殊にミッシェルが5曲、イン・マイ・ライフが6曲だから・・・

で、Y氏がおススメなのは、1曲目のセルジオ・メンデスの「ノルウェイの森」と、ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズの「ミッシェル」。

たしかに、セルジオ・メンデスの「ノルウェイの森」を聴くと、村上春樹の同名の小説も、もう少し違う展開になりそうだね。

それから、ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズの「ミッシェル」は、このアルバム、いやこのシリーズとしては珍しく、ハードでスピード感のある1曲。

 

このシリーズ、先月から再開したばかりだから、総括するのはまだ早いけど、なんだかビートルズナンバーをソフィスティケートしたような雰囲気なのかな。

もちろん、オリジナルがソフィスティケートされていないっていう意味ではないんだけど、オリジナルはやっぱり流行に乗せてプレイしていたわけで、カバーはオリジナルをスタンダードナンバーとして捉えてる、その違いはあるんじゃないかな。譬えて言うと、オリジナルが本物の虎だとすれば、カバーのほうは伊藤若冲の描く虎のよう。どちらもリアルなんだけど、オリジナルはその背景となる時代に対する鋭敏さを持ってるけど、カバーにはまた違ったリアリティが備わってるっていうか。

いや、だからカバーがダメだって言ってるわけではないんだけど・・・不易流行って言ったらいいのかな。カバーは不易で、オリジナルは流行。「ずっと変わらないこと」と「変わり続けること」は同じくらいに大切なんだ、と。

で、その不易流行の趣きがあるこのアルバムを、この元号替わりにアップするっていうのは、やっぱり、なんとも意味深いなぁ。

そして、ぼくがこの中で1曲ピックアップするとしたら、12曲目のインマイライフ。平成っていう時代の終わりに。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

  

音楽 | comments(0) | - | 

「Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3-A」

そういえば月替わり、だったよねぇ。

なので、音楽の話。

前回まではボブ・ディランだったけど、今回はビートルズ、再び。

2019-03-31.jpg

 1. I Should Have Known Better / She & Him                             

 2. If I Fell / Saigenji

 3. And I Love Her / Jose Feliciano

 4. And I Love Her (Y La Quiero) / The Sandpipers

 5. And I Love Her / Judy Collins

 6. And I Love Her / 坂本冬美

 7. Things We Said Today / The Sandpipers

 8. I'll Be Back / Cris Camacho

 9. I'll Be Back [Aku Kembali Lagi] / The Quests

10. I'll Follow The Sun / Various Artists

11. I'll Follow The Sun / Judy Collins

12. Help! / Caetano Veloso

13. Help! /吉井和哉

14. You've Got To Hide Your Love Away / Natalia Chapman

15. You've Got To Hide Your Love Away /高橋幸宏

16. I Need You /高橋幸宏

17. Ticket To Ride / Cris Camacho

18. Yesterday / Luiz Bonfa

19. Yesterday / Chris Montez

20. Yesterday (Ayer) / The Sandpipers

21. Yesterday / Nana Mouskouri

22. Yesterday / Andrea Braido & Giorgio Cordini

23. Yesterday / Ann Sally

24. Yesterday / Luca Colombo

25. Yesterday / Judy Collins

 

今回はなんと25曲。

でも実際は11曲しかない。

いちばん多い「イエスタディ」は8曲もありますからね。

 

でも、注目はその「イエスタディ」ではなくて、どうしてもジャパニングリッシュに目が、いや耳が行ってしまう。

その最たるものが坂本冬実の「アンド・アイ・ラブ・ハー」。

まあ、金沢明子のイエローサブマリン音頭まではいきませんけど、演歌でビートルズっていうのは、いくらシリアスな唄だったとしても、どうも脱力してしまう。

その陰に隠れてタカハシユキヒロ。

はじめて15曲目の「ユーヴ・ゴット・トゥ・ハイド・ユア・ラヴ・アウェイ」を聴いたときは、「おや?」って思ったんですけど、続く、「アイ・ニード・ユー」を聴いたらもう丸わかり。

なかなかYさんも人が悪いって思っててリピートしてたらわかった、13曲目の「ヘルプ!」。

吉井和哉だわ。

12曲目のカエターノ・ヴェローゾの「ヘルプ!」の印象が強くって、それで気がつかなかったとはいえ、この人の「ヘルプ!」。板についてるっていうか、すっかり馴染んでる。

 

なかなか楽しめた1枚でした、そういう意味で。

まだYさんからの新作も届かないんで、次もまたビートルズで行ってみようかな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
音楽 | comments(0) | - | 
| 1/19P | >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>