厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

やっぱりパンはこうあらねば

きのうは、乃が美の食パンでつくったフルーツサンドの話を載せたんだけど、ぼく的にはこういうのってイレギュラーな話で、やっぱりパンはこうあらねば。

2019-05-22 001.jpg

ここ最近、週末に実家に泊まることが減って、土曜日の朝、フルニエに寄ることも少なくなったんだけど、久しぶりに早起きしてフルニエのバゲットアンジュ。

きのうの乃が美の食パンじゃないけど、やっぱりパンはカチカチでないと、ぼく的には。

 

で、バゲットに何を合わせようかっていうんで、オムレツをつくった。

2019-05-22 002.jpg

ベーコンとたまねぎとを粗めに刻み、あらかじめソテーしたのをくるむんじゃなくて、そのまま混ぜ込んだオムレツ。なので、なめらかな感じじゃなくて、あばた面みたいなオムレツになってしまうんだけど。

 

それからコーヒーを。

2019-05-22 003.jpg

日中はずいぶんと暑くなってきたんだけど、まだまだ朝は熱いコーヒーがおいしい。ことにバゲットアンジュには。

 

で、焼きたてのバゲットアンジュを買ってきて、軽くオーブンでトーストすると、外がカリッとなって、たまらん。

2019-05-22 004.jpg

やっぱりパンはこうあらねば。

 

JUGEMテーマ:グルメ
   
パン | comments(0) | - | 

天の配剤とTo err is human

GWにイケアへ行って俎板を買ってきた。竹の集成材の。

それから、このあいだ、わが家の近所にも乃が美ができて、つれあいがさっそく一斤買ってきた。

2019-05-21 001.jpg

それとまた、タイミングがいいことに、つれあいがポテトグラタンをするために生クリームを買ってて、さらに言うと、このあいだも書いたけど、つれあいの親戚がいちごを箱ごとくれたわけで、もうこれは天の配剤としか言いようがなく、さっそくいちごのサンドウィッチを。

2019-05-21 002.jpg

とはいっても、天は配剤するだけで、その後の運びは人間に任されてるわけで、To err is human。生クリームを泡立てるのに、電動のハンドミキサーを出すなんて邪魔くさいって思い、バーミックスのアタッチメントを交換してやったんだけど、このありさま。生クリームが完全に立ってない。

2019-05-21 003.jpg

それでも、捨てる神あれば拾う神あり。それはそれでとろっとろの生クリームまみれでけっこううまい。強がりみたいだけど。なので調子に乗ってぶどうでも。

こちらもとろっとろの生クリームまみれ。乃が美の食パンとの相性も悪くないし。

ただ、難点はとても食べにくい。皿で受けてないと生クリームがずいぶんとこぼれてしまう。

2019-05-21 004.jpg

もちろん、優雅にウインナーコーヒーなんていうわけにもいかないし、まあ、やっぱりハンドミキサー使ったらよかったよなぁ。

 

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
パン | comments(0) | - | 

開いててよかった

GWの終わり、パンが食べたくなった。

連休に備え、はじめに買い置きしてたパンもなくなって、でもパンが食べたくなって、ダメもとで朝早くにフルニエに行ったんだけど、案の定シャッターが閉まってた。

そうなると、よけいにパンが食べたくなるもので、ちょっと遠いけどフクシマへと赴いた。

けど、フクシマも休み。

なら、泉北高島屋のドンクにでもって行ったんだけど、高島屋はまだ開店前。

あきらめて帰ろうかと思ったんだけど、思い直した。ていうか、思い出した。そうだ、泉北堂があったっけと。

で、開いててよかった。

2019-05-14 001.jpg

この日は、バゲット・ルヴァンとくるみチーズ、キャラメルアーモンド。それに写ってないけど泉北堂定番の食パン。

きょうはそのうち、くるみチーズとキャラメルアーモンドを。

で、まずはくるみチーズ。

2019-05-14 002.jpg

フランスパンの生地にゴーダチーズとくるみが練り込まれてる。なかなかぼく好み。

この日は目玉焼きとソーセージ、それにきゅうりとフルーツトマトをワンプレートに用意したんだけど、それぞれとの相性もいい。

2019-05-14 003.jpg

くるみチーズの塩味と風味が、目玉焼きとよく合う。

きゅうりでさっぱり口直しし、ソーセージにかぶりつく。その後にフルーツトマトをつまめば甘さが染みる。さらにいい。

でもって、あついコーヒーを。

2019-05-14 004.jpg

そうそう、キャラメルアーモンド。

まあ、くるみチーズとワンプレートを平らげた後のデザートみたいな扱い。

全部を食べるとちょっとカロリーオーバーかなぁっていうんで1/3くらいをカットして。

これがもう、買ってきた自分を褒めたいくらい。

2019-05-14 005.jpg

GWの終わり、パンが食べたくなってあちこち回ったけど、泉北堂が開いててよかった。

泉北堂のパンって、そんなに好みじゃないって思い込んでたんだけど、いやいや、そんなことないって。家からそんなに遠いこともないし、今後はスーパーサブにいいんかもしれないなぁ。

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
パン | comments(0) | - | 

翌日は当然カツサンド

きのう書いたヘレカツ。

少し残ったんで、翌日は当然カツサンド。

2019-05-07 001.jpg

残り物のヘレカツは4枚。

最近、カツサンドっていうと、やたら分厚いカツを挟むのが多いけど、ヘレカツが4枚だとそうもいかない。だから、ヘレカツを半分にスライスして、これまた残り物のキャベツも挟み込む。

負け惜しみじゃないけど、こっちのほうがバランスはいいぞ。

 

キャベツを使ったあとのサラダには、またフルーツトマトを足して。

2019-05-07 002.jpg

同じく残り物のさつまいものフライは、まあ、コーヒーのおつまみみたいなもんか。

2019-05-07 003.jpg

こんなふうに残り物がキチンと片付いていくっていうのは、精神衛生上、とてもカイカン。

シゴトだと、適材適所も役割分担もなかなか思い通りには運ばないんでね。

 

令和になっていうのもなんだけど、きのう書いたヘレカツをつくったのは昭和の日。

その翌日、つまりこのカツサンドをつくったのは平成最後の4月30日。

そしてそのことを令和になって書くわけで、なんだかちょっと不思議な巡り合わせ。

まあ、どうでもいいことだけどね。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
パン | comments(0) | - | 

平成最後のサンドウィッチ

相変らず天気がすぐれない。

きょうは月替わりの音楽のことを書いたんだけど、天気がすぐれないんで、本来書くはずだったパンのことも。この時はいい天気だったんでね。

2019-04-30 001.jpg

GWは10連休。いつもなら和泉中央のフルニエで食パンを一斤、バゲットを1本買うんだけど、休みになるとパンの需要も増えるし、食パンはいっそ一本買い置いておこうと。

 

で、パンを買った当座は天気も良くって、庖丁も研ぎあがってるし、キャベツを刻んで沼サンド風のトーストサンドをつくってみた。結局これが平成最後のサンドウィッチになってしまったんだけど・・・

2019-04-30 002.jpg

薄い目にパンをスライスして、片方に本来はベーコンなんだけど、今回はロースハムを乗せ、もう片方にチーズを乗せてトーストする。

焼きあがったら、せん切りにしたキャベツをハムのほうに乗せ、上からチーズを乗せたパンで蓋をする。順番を間違えるとハムが剥がれ落ちてばらばらになるから、この順番でないとね。

で、もうひとつ、沼サンドだと本来はキャベツをあらかじめマヨネーズに和えておくんだけど、ここ最近はそれなしで、挟む際にマヨネーズを少し絞るだけにしてる。

マヨネーズでしっとりとしたキャベツもいいけど、マヨネーズを最小限にすると、キャベツほんらいの食感が残ってて、朝のキブンによく合うような気がする。

で、コーヒー。

2019-04-30 003.jpg

サラダをもう一品とか、せめてタマゴでもとか言わない。

とにかく、明るい日ざしの中で、こういうのがつまめるっていうだけで満足。

平成最後のサンドウィッチは、穏やかに味わえました。

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
パン | comments(0) | - | 

早起きしてフルニエの食パン

以前なら土曜の朝、実家に泊まった帰りにフルニエに立ち寄って食パンとバゲットを買ってきてたんだけど、しばらく実家に泊まることがなかったもんだから先週は早起きして、久しぶりにフルニエの食パンを買ってきた。

2019-04-23 001.jpg

ところが、あいにくタマゴがない。

パンにはコーヒーがあればそれでいい、なんていう人もいるけれど、せっかく早起きして買ってきたパンだから、目玉焼きとサラダも一緒に食べたかったんだけど。

しかたなくサラダを頑張って。

2019-04-23 003.jpg

ちょっと乱雑に見えるかな。

ベースはふつうのレタスとサニーレタス、それに紫キャベツ。そこへ厚切りのロースハムを加え、きゅうりとブロッコリー、トマトをトッピング。

仕上げにパルミジャーノ化、フライ麺をトッピングしようかなって思ったけども、やめた。

なんだかはしゃぎ過ぎのような気もしてね。

 

で、パンを焼く。

2019-04-23 002.jpg

焼きたて、ふわふわ。

なんだけども、やっぱりトーストして。

あらかじめバターを乗せ、バターが泡立つくらいまでこんがりとトーストした。

わが家は5枚切りなんだけど、これだとふわふわのところに較べ、こんがりしたところが勝ってるかな。4枚切りだとちょうどいいかな。

 

それから、コーヒー。

2019-04-23 004.jpg

久しぶりにフルニエの食パン。

やっぱりおいしい。

アタリマエに週末にこのパンを食べてた以前のことがうらやましい。

前日に実家に泊まり朝早く起きてフルニエに立ち寄る。

まあ、もう戻れはしないけど、たまには実家に泊まろうかな。

 

   

JUGEMテーマ:グルメ
パン | comments(0) | - | 

せっかくのローストビーフサンドですから・・・

この前の休み、つれあいがバザーで花菜っていうところのパンを買ってきてくれた。

この花菜、和泉の分け入ったっていう表現が似合うような山奥にあるそうなんですけど、つれあいが買ってきてくれたのは、残念ながら(?)バザーで。

で、いろいろあったけど、ぼくはこのフォカッチャを。

2019-04-09 001.jpg

手作りの石窯で、薪で焼いてるそうなんですけど、これがやたらデカい。

このフォカッチャのちょっとでこぼこってした感じも手伝って、さながら草鞋みたい。

もちろん、ぼくのことですから、このまんま食べるってことはなくって、ちょっとスーパーにくりだしてローストビーフの切り落としを買ってきた。

で、それを挟む。

クレソンか、ルコラがあったらよかったんですけど、ちょっと見当たらなかったんでベビーリーフをどっさりと

2019-04-09 002.jpg

もちろん、ホースラディッシュなんて望むべくもなくて、あとは付属のグレイビーソースみたいなのをチューっとかけただけ。

それでも切り落としとはいえ、1パックそのままを草履みたいな大きさのフォカッチャに挟むんですから、これはもう娘に援軍を頼まないとカロリーオーバー。

そのかわり・・・

2019-04-09 003.jpg

昼間っからワイン。

この日はもうクルマは休み。

そう決めて呑むとうまいもんだなぁ、呑み残しのでも。

まあ、せっかくのローストビーフサンドですから。

天気もいいしね。

出かけるんだったら歩いてだな。

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
パン | comments(0) | - | 

ウィンピーのハンバーガー

J. ウェリントン・ウィンピー。

言わずと知れた、漫画『ポパイ』に登場するハンバーガー好きのキャラクターなんですが、ぼくの記憶では、ウィンピーの食べるハンバーガーって、横幅よりも高さのあるほどボリューミィなハンバーガーでして、今回はそれをイメージして。

2019-04-02 001.jpg

もちろん、挟んだのはきのうも書いたハヤシで煮込んだハンバーグ。

娘がちょうどお誂え向きのチーズパンを買ってきてくれたので、それにサニーレタスとともに挟んでみた。

もちろん、これ以外にもいろいろ挟んでもっとボリュームアップするっていう手もあったけど、ハヤシ自体がトマト風味だし、チーズはパンに入ってるし、ならばいっそシンプルな構成にしようっていうのが結論。

でも、ハンバーグじたい相当な厚みだし、サニーレタスもたっぷり挟んだんで、これだけでもかなりのボリューム。

で、今回もビールは我慢してコーヒーを。まあ、フライドポテトくらいは付けてもよかったかな。

2019-04-02 002.jpg

さて、ウィンピーのハンバーガー。

ネットで検索してみたら、実際にこのウィンピーに因んだハンバーガーチェーンがあって、日本にも出店してたそうなんですが1998年に撤退したんだそう。

まあ、それはともかくなんだけど、じっさいのウィンピーのハンバーガーって、ぼくの記憶にあるような、横幅よりも高さのあるほどボリューミィなハンバーガーではなかったのがちょっとザンネン。

 

でも、ぼくの中では顎が外れんばかりのハンバーガーを両手で持って、敢然とかぶりつくっていうのがウィンピーのハンバーガー。だから、きょうのお題はそのままにして

JUGEMテーマ:グルメ
パン | comments(0) | - | 

プチバゲで鯖サンド

先週に引き続き、クラブハリエのブーランジェリー、ジュブリルタンで買ってきたパン。

見た目はよく似てるんだけど、手前は「ショコラッテ」っていうバゲット生地でチョコレートを包み焼きあげたパン。奥は「プチバゲ」っていう、皮を薄めに焼きあげたバゲット。要はフィッセルみたいなものかな。

2019-03-26 001.jpg

で、ショコラッテのほうはチョコレート好きな娘に譲り、今回はプチバゲ。

もちろんそのまま食べるっていうわけではなくて、具を挟むわけなんですけど、一部にはネタばれしてたとおり、挟んだのは鯖でした。

2019-03-26 002.jpg

鯖は塩をしてクッキングシートで包み焼きにする。

こんがりと焼き上がったところでエクストラバージンオイルを回しかけ、アルファルファと一緒にトーストしたプチバゲに挟みこむ。

 

でも、アルファルファだけじゃあ野菜が足らない。

とはいえ、ご覧のとおり、もうそれ以上は挟めないわけで、あとの野菜はサラダとして。

2019-03-26 003.jpg

ベビーリーフを主体に、ブロッコリーとトマトを。

これだけを全部挟むと相当なヴォリューム。こんなのにかぶりつこうものなら顎が外れてしまいます。

 

で、昼間っからこんなのをしてもワインやビールは飲めないわけでして、そんなときは苦肉の策でノンアルコールのアサヒドライゼロ。

2019-03-26 004.jpg

というわけで鯖サンド。

案の定すごいボリューム。ただ、何かひと味足りないなぁ。ちょっとレモンなんかを絞ったほうがよかったかな。

 

で、これは後から知ったことなんですが、じつはこの鯖サンド、トルコ名物なんだそうで、かの国ではオニオンスライスをはさみ、レモンをたっぷりと絞るんだとか。

なるほどねぇ。それを聞いて自分の中でピースがハマったみたい。次つくるときは是非やってみよう。

    

JUGEMテーマ:グルメ
パン | comments(0) | - | 

ボンジュールでタンドリーチキンサンドを

「ウチメシのことを書きたいな」なんて書いてた矢先からこれ。

出張の道すがら、クラブハリエのブーランジェリー、ジュブリルタンに立ち寄った時に買ったボンジュールっていう名前の食パン。

2019-03-19 001.jpg

以前にも書いたとおり、食パンを見ると何か挟みたくなる性分でして、今回は鶏肉を挟もうってことで。

というわけで、鶏の胸肉にタンドリーチキンのパウダーをまぶしてしばらく置き、バターでこんがりと焼き上げる。

でもって、それをそぎ切りにして、ベビーリーフとともに。

2019-03-19 002.jpg

このパン、全粒粉が使われてるんですが、その割にはもっちり。タンドリーチキンとの相性もなかなかですね。

 

もちろん、サンドウィッチだけじゃあっていうんで、新じゃがを太めに切って、これまたバターで焼き上げる。

これですこしボリューミーなブランチのできあがり。

2019-03-19 003.jpg

けっこう炭水化物たっぷりなんですが、タンドリーチキンサンドっていうのはつれあいのリクエストでして、ぼく自体は少しいただいただけ。

ぼくのはジュブリルタンで買ってきた別のパンで、タンドリーチキンとは違うものを挟んだんですけど、それはまた別の機会に。

 

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
パン | comments(0) | - | 
| 1/54P | >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>