厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

誕生日でアリマス

誕生日でアリマス。
幾つになったかは、まあ、あえて書きませんが。
とにかく誕生日なので、リクエストで久々に四ツ橋のラ・ギャロワーズへ。
で、さっそくですが、アミューズ・グール。
2015-12-19 001.jpg
生ハムとラフランス。
ああ、こんなのスプマンテをキューって飲めばええ感じなんやろなぁと思いつつも。
当然、クルマで行ったもんですから、そのあたりはご法度。

で、アンティパスト。
アンティパストは2品頼んで、それを家族分で分けてサーブしてもらった。
2015-12-19 002.jpg
あれっ?
トラフグとウルイのサルモリッリオソースを頼んだつもりなんですけど、来たのはセコガニとユリ根の菊菜のソース。
オーダーミスですねぇ。
今更変えてとは言わずに、ま、これで仕方ないかと。

それから9CUBO(キューボ)っていう、泉州野菜の前菜9種盛り。
2015-12-19 003.jpg
これを上段の左から順に食べてと言うことで。
まずはキャベツのマリネ、ジュニパーベリ―風味っていうの。
それから、鳴門金時レモンの香り。娘らはこれが気に入ったよう。
つぎがブロッコリーとセミドライトマトのアーリオ、オレガノ風味。
で、中段に入って左がカリフラワーのパルミジャーノ風味。ぼく的にはこのあたりがいちばんかな。
それから、かぼちゃのタルト。これが親子ともに人気を集めて総合一位といったところ。
それからキノコのムース。
で、下段の左がカブの炭火焼き、カブの葉ソース。
それから菊菜のアンチョビソース。
で、最後がにんじんのブリュレ。
ああ、こんなのをフルーティーな白ワインなんかでつっつけばええ感じなんやろなぁと思いつつも。

で、次がプリマのパスタを2品。
まずは、ワタリガニのエスニック風味のキタッラ。
2015-12-19 004.jpg
これはここのTシェフが昔っからつくってた一皿。
ワタリガニに、たぶんナンプラーか何かを忍ばせて、パクチーを絡めて食べるっていうの。
大昔はキタッラではなくて、たぶんリングイネでこしらえてたと思うんですが、もはや記憶もあいまいなので。

それからもう一皿が、ほろほろ鳥と栗のラグーソースのパッパルデレ。
2015-12-19 005.jpg
栗が入ってます、栗が。なんかに似てる味やなぁって思ってたんですが、そういえばインカのめざめによく似てる。もっとも、インカのめざめの方が栗っぽい味って言うべきなんでしょうがね。
で、それがほろほろ鳥のラグーとよく合ってる。安心して頼めるっていう一皿。

で、セコンド。
セコンドは赤牛の炭火焼き。
2015-12-19 006.jpg
これもすべて家族分で分けてサーブしてもらったんですけど、ま、取り分ける手間は省けるんですが、カタマリをゴクッと唾を飲みながら切り分けるってな、半ば儀式的なパフォーマンスがないもんですから、ちょっとインパクトが薄いような気もする。
でもまあ、表面に浮き出てる肉汁とかを見れば、なまじっかぼくが取り分けるよりも、あっさりと店側にお願いしてよかったような気もする。
ま、いずれにしても、こんなのを芯の通ったピノノワールなんかでいただければシアワセなんやろなぁと・・・妄想はもうええか。

で、本来なら、このあとドルチェってとこなんですが、それはうちへ帰ってからバースデーケーキをいただくっていうことで。

JUGEMテーマ:グルメ



イタリアン | comments(0) | - | 

誕生日にはここにすべきか、それとも・・・

誕生日にどこにメシを食べに行こうか悩んでる。
そうそう高級な店へ行くってことを目論んでるわけではなくて、近くでささやかに、でもうまいものを食べたいって悩んでる。

そんな折、つれあいが候補に挙げてくれた店、炭火焼がメインのイタリアン、ラ・パーチェっていうところ。なんでも茶美豚がうまいらしくって、ぜひ百聞は一見にしかずっていうわけで。
で、まずは前菜。
2015-12-06 001.jpg
海老と小柱のサラダ仕立て。
エビの上に乗ってるのが何かわからなかったんですけど、たぶんにんじんとかごぼうとかの根菜の細切りを素揚げしたのやと思うんですけど、それにカレーの香りがついてあって、それがこのサラダにインパクトを与えてる。これがうまい。
へぇ〜、つれあいが候補に挙げるのがよく分かるヮ。

それから次がスープ。
2015-12-06 002.jpg
白菜のスープ。
甘い。
でも、白菜がこんなに甘いわけないよなぁ、たしかに白菜の気配はするけども。
つれあいは気に入ってるようなんやけど、ぼくはなぁ・・・
ま、もともと白菜ってあんまり好きな野菜でもないからかな。

で、プリモを飛ばしていきなりぼくのセコンド。
まずはバルバリー種の鴨の胸肉。
2015-12-06 003.jpg
もちろんそれの炭火焼き。
たしか、鶏、豚、鴨、魚、牛の中からのチョイス。で、牛と鴨だけ少し料金の追加があったはず。だから、それなりの期待を込めて。
で、どうかっていうと、う〜ん・・・。
ちょっとごっついですからねぇもう少し薄くスライスしてくれたらよかったんやないかな(ま、自分でカットすべきかな)。

一方のつれあいはというと、前にも食べてうまかったっていう鹿児島産の茶美豚のロース。
2015-12-06 004.jpg
こちらももちろん炭火焼。
で、もちろん少しいただくわけ。
これが・・・うまい!
追加料金を払った鴨よりもたぶん。
鴨の時にはあんまり感じなかった、炭火焼の香りが、ここではほどよく漂ってる。
カタマリを焼いて中がローズピンクっていうのとはまた違ううまさ。
つれあいがおススメっていうのもよく分かる気がする。

というわけで、あとはドルチェをいただいて。
2015-12-06 005.jpg
ガトーショコラと、リンゴのナントカとジェラートと。
それから飲み物はつれあいが紅茶でぼくがコーヒー。
2015-12-06 006.jpg
というわけで、炭火焼イタリアン、ラ・パーチェ
アンティパストが上々で、それとやっぱりつれあい推薦の茶美豚はうまかったぁ。
ただ、この日はコースと言ってもプリモがなくてセコンドから。
ま、プリモはきのうのクリームパスタでも思い浮かべて、と。
で、誕生日にはここにすべきか、それとも・・・
まだ揺れ動いてます。

JUGEMテーマ:グルメ


イタリアン | comments(0) | - | 

ジューダ バレリーノ

このあいだ、シュークリームのことを書いたときに触れたイタリアレストラン、大阪狭山へ用事で出かけて昼食に入ったジューダ・バレリーノのことを。
その日はつれあいと下の娘の3人で。
で、娘はキッズランチ、ぼくらはアンティパストとプリモ、セコンド、ドルチェがひとつずつついたランチをオーダー。このランチは2時間ほどかかりますけど、よろしいですかということやったんですが、まあいいかっていうことで。
で、まずはミネストローネ。
2015-06-14 001.jpg
なかなかしっかりしたローマ風の味付け。殊にガルバンソとか豆類がうまい。
それからアンティパスト。
2015-06-14 002.jpg
カツオから時計回りに、さつまいものオレンジ煮や根菜のグラッセ、オリーブのブルスケッタ、モルタデッラとサラダ、それにテリーヌ。それぞれにしっかりとしたたしかな味付け、おいしい。
ここで娘にもミネストローネと魚のフライやソーセージとかがついたプレートがやってきた。
それをいただいてると次にやってきたのがなんと娘のデザート。ンっ?
「そりゃ何かの間違いやない?」って尋ねると、パスタが代わりにやってきて、ほどなく先刻のデザートも。
「ぼくらのランチは2時間かかるって言うのに、それはどう?」って訊くと、「うちでは一緒に出させていただいてます。」ということで。
まあ仕方ないとテーブルの端に置いておき、次に来たのがサルシッチャのピッツァ。
2015-06-14 003.jpg
石窯焼きのよう。
こんがりとした耳、これもおいしい、すごく。
それからパスタ。
2015-06-14 004.jpg
鶏のセセリのところと、ズッキーニ。それをポモドーロソースで。
鶏の旨味がほどよく出てる。
それからセコンド。ぼくのはまた鶏。
2015-06-14 005.jpg
でも、これがうまかった。
鶏のうまみが凝縮されてて、肉にそのジュースがたっぷりと含まれてる。
で、皿につれあいのセコンド。つれあいのは魚。
2015-06-14 006.jpg
こちらもしっかりとした火入れ、アクセントのバルサミコソース。
魚はサゴシか何かかなぁ。こちらもけっこうおいしかったんだそう。
で、ようやくドルチェ。まずはぼくのババ。
2015-06-14 007.jpg
変な名前ですが、スポンジ生地 にラム酒の入ったシロップに漬け込んだドルチェ。
それから、つれあいのティラミス。あと、画像はありませんけどぼくのエスプレッソとつれあいの紅茶、それに娘のオレンジジュースが。
2015-06-14 008.jpg
ここで先刻の娘のデザートも一緒に食べようっていうことやったんですが、娘はいらないと。

というわけで、ジューダ・バレリーノ。質量ともにずいぶんとコストパフォーマンスは高いと思う。店が流行ってるのもよく分かる。
でも、どうしても先週の、時間にも気遣いしてくれたウ・ポンテベッキオと較べてしまう。
だから、残念やなぁ。

””
JUGEMテーマ:グルメ



イタリアン | comments(0) | - | 

なかなか満足の孤食のランチ ウ・ポンテベッキオ

その日は午後から淀屋橋へ出張って言ったら、「あっ、淀屋橋だったらウ・ポンテベッキオ行けるやん」って。
まったく食事のことなど考えてなかったもんですから、いきなり虚を衝かれたっていうか、気がつけばその店、ウ・ポンテベッキオに行ってましたヮ。

だいたいこの手の店へランチにおっさん1人が行ってるってこと自体がちょっと違和感のあるところで、内心ちょっと困ったなぁと思いながらも通されたのがカウンター席。オーダーを済ますと持ってきてくれるのがフォカッチャ。
2015-06-07 001.jpg
それから、サラダ。
この日は焼アジとウイキョウのポテトサラダ、オレンジドレッシングっていうのを。
2015-06-07 002.jpg
これが唸るほどうまかった。
焼アジは断片があちらこちらに。
それからウイキョウ、つまりはフェンネル。イタリアンでいうところのフィノッキオ。
これの根元をセロリみたいにザクザク刻んで散らばらせてる。これがけっこうなアクセント。
それにポテトもサイコロくらいにカットされたのがあちらこちらに。
で、オレンジも小さな断片が散らばってて、あとは色とりどりのレタスとか、クルトンとか。
全体をオレンジドレッシングでまとめてるんですが、カラフルであり、味わいもいろいろそれぞれに変化があって楽しめる。ただ、残念なのは食べにくいところ。
ま、食べるの下手なんかな。イタリアのレオン的なおっさんならば、きっとニキータ相手にジョークでも交えながらフォーク1本で食べてるに違いないんやけど、こっちはひとりで悪戦苦闘してました。
で、お次がほろほろ鳥の軽めのラグーのタリオリーニ、スモークプロボローネで覆ってっていうの。
2015-06-07 003.jpg
タリオリーニはタリアッテレの細いやつで、キタッラよりも太目って言ったところ。
それを軽めのラグーですから、あっさりと仕上がってあるところへ、深みのある味わいが特徴のスモークプロボローネをたっぷりと。タリオリーニのタマゴの風味がちょっと中華麺ぽくもありましたが、なかなかおいしい。
で、ドルチェは13:00以降に来店した方には違うコースのドルチェからも選べるようで、ならばとお願いしたのがこれ。
2015-06-07 004.jpg
メニュウどおりに書くと、ドライフルーツをたっぷりと詰め込んだストゥルーデルブラックベリーのコンポート添え。
まあ、あんまりわかりませんが、なんかトクしたキブン。で、エスプレッソ。
2015-06-07 005.jpg
というわけで、なかなか満足の孤食のランチ。
ことにサラダがうまかったんですけど、今度また真似してみようかなぁ。
それと特筆すべきはサービス。時間がない、時間がないって焦りながらオーダーしたんですが、店の方も「何分までなら大丈夫ですか?」とか、「なんとか急いでつくらせます」とか、いろいろと気遣いをしてくれまして、そういう意味でも満足。ちょっと違和感のあるおっさん1人やのに、いろいろ親切にしてくれてありがとう。
とまあ、いろいろあったけど、やっぱりたまに外食するといろいろ刺激があっていい。たまにはやっぱり外食しないと駄目やなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ



イタリアン | comments(0) | - | 

たまには外のパスタをというわけで、トラットリア アルモ

週末はパスタ。
いつもはウチめしなんですけど、たまには外のパスタも。
というわけで、たまーに行く店、和泉中央のアルモ。
で、これはつれあいの鳥飼茄子とトマトのパスタ。
141004-1.jpg
むろん、のっけからこれが出てくるわけではなくて、まずはアンティパストから。
141004-2.jpg
だいたいはいつものとおりガラスのプレートにとりどり乗せられて。
まず、黒い器に入ってるのはトウモロコシのムース。それから自家製ハムがあって、パンプキンのスープ。それに鶏のレバーペーストを乗せたブルスケッタにキャベツの酢漬け。ザワークラウトとはちょっと違う? で、中央にあるのがしらすの入ったスパニッシュオムレツ。
いつものとおりどれもおいしいけど、ひとつ挙げるならとうもろこしのムースかな。
それからパン。
141004-3.jpg
こちらはフルニエの。
バゲットは食べ慣れてるんですが、この栗饅頭みたいなのはここでしかお目にかかれない。
もっとも別段、特筆すべき味でもないんですけど。
で、ようやくのパスタ。
冒頭の鳥飼茄子とトマトのパスタと、ボクのはカンパチとキノコのパスタ。
141004-4.jpg
イタリアンパセリとシチリア風のフライパンで狐色に炒めたパン粉、モリーカがかかってます。
いろいろ工夫されてるんですけど、やっぱり魚臭さっていうか風味がちょっと気にかかる。
とかナントカ言いながらもガッツリ完食しまして、ドルチェ。
141004-5.jpg
ほうじ茶のジェラートとか、まあいつもどおり。
いろいろ言うんですけど、やっぱり外のパスタはジブンがつくるウチのと違って、安心して味わえる。やっぱりたまには外でパスタを食べるのもイイよねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

イタリアン | comments(0) | - | 

ひさびさのキャンティは甘酸っぱく

キャンティのこともむかし書いたように思ったんですけど、調べてみるとどうも書いた形跡がないみたいなんで。でも、よくよく考えると、もう10年くらい行ってなかったようにも思う。そのあいだに店の場所も変わったようで、新しい店には初めて。
でも、中味は変わってないようで、まずは昔どおりにスープから。
140525-1.jpg
店の照明が暗いんで判りづらいんですが、中に煮崩れしてないカットしたままのトマトとか、スパゲティとか、あさりとかが入って薄味のミネストローネといった感じ。これがグツグツ、いやグラグラしたままに出てくる。これを食べると、ああキャンティって感じでホッとする。寒い日ならうまさ倍増なんでしょう。
で、ピッツァ。
140525-2.jpg
この日は5人で行きまして、まずはめいめい1枚ずつ。
シーフードとかミックスとかベーコンとかアンチョビとか。
で、ボクはといえば、ハワイアンピッツァ。
140525-3.jpg
トッピングにハムとパイナップルが乗ってる。
パイナップル?って聞くと、みんなどうも敬遠するんですけど、これが食べてみると滅法うまい、ボクのおススメ。
で、飲むのははじめは白のボトルワインで、追加に赤のハウスワイン。
140525-4.jpg
名前どおりにキャンティクラシコにしたかったのは山々なんですがね。
140525-5.jpg
140525-6.jpgたしかオイルサーディンとミートピッツァ。
というわけで、5人で7枚ピッツァばかりを平らげた勘定。むろん一同満腹でデザートはアイスクリーム。

さて、このお店、ほんとボクの大学時代からある店で、その頃はここにデートに行くっていうのがボクらの間で流行ってて、この店のスープを飲んでハワイアンピッツァを食べるとなかなかに甘酸っぱい感情が湧き上がる。
甘酸っぱいのはきっとパイナップルの味だけではないと思う。
移転前のむかしの店だったらなおさらなんでしょうがね。


JUGEMテーマ:グルメ
   
イタリアン | comments(0) | - | 

コンポステラって、う〜ん

ピッツァが食べたい。
家人がいきなり言い出した。
別に遠くまで出かけてっていうわけじゃなくて手近なところで。
とはいえ、ウチでピッツァって言えば、あのシカゴピザみたいなゴージャスなトッピングのやつじゃなくて、ペラッペラのナポリピッツァみたいなの。あるとしたら石窯があるイタリアレストランかなぁ。
というわけで、思い出したのが和泉中央のコンポステラ。たしか、ここにあったよなぁというわけで。
で、通されたのがカーサ・コンポステラっていう、いわばコンポステラのアネックス。といっても隣接する部屋なんですけども。
そこで注文したのが、まずは当然のピッツァ・マルゲリータ。
それから、6種のアンティパスト、茄子とソーセージのポモドーロソースのパスタセットと、それにもう一皿、エビとブロッコリーのクリームパスタも大盛りで。
で、まず届いたのはアンティパスト。ま、順序からすれば当然のこと。
130908-1.jpg
アンティパストっていうと、ほんの味見程度しか出てこない店が多い中で、ここのはずいぶんとヴォリュームたっぷり。だから皿もデカくて、それぞれ4人で一口ずつ食べられるようになってる。ま、味はそれぞれそこそこなんやけどもね。
それから、つれあいがお目当てのピッツァマルゲリータ。
130908-2.jpg
これがホールで出てくる。で、円形のカッターで客が自ら切り分けるっていうのがこの店の流儀。こちらもデカい。ま、もう少しカリリと焼いてくれた方がわが家の好みなんやけども。
さらに茄子とソーセージのポモドーロソース。
130908-4.jpg
皮を剥いた焼き茄子とソーセージはバジルの風味。これがパルミジャーノがたっぷりのポモドーロソースと絡んでる。なかなかに濃厚。
でも、このカーサコンポステラのテーブルはそんなに大きくなくて、これだけでもう一杯。それにアンティパストも、ピッツァも食べないうちにこれが来るのは、ちょっとペースが早過ぎるんやないかな。
で、もうこれ以上来たらムリって思ってたら次のパスタもキター、案の定(?)
130908-3.jpg
いやもう、テーブルに乗り切りませんわ。
というわけで、ピッツァをめいめいの皿に取り分けて、無理やりスペースをつくった。
エビのダシがアメリケーヌソースみたいに濃厚で(ていうか、こんなダシはこのエビからは取れんやろうと)、それがさらにクリームと合わさってより濃厚なソースに。
でもちょっと待てよ、コースの前菜も、パンも来てないぞっていうんで確認したら、慌てて持ってきた。
130908-5.jpg
130908-7.jpgというわけで、ドルチェ。
しかし、コースの前菜やパンを忘れたり、乗り切れないテーブルをわかってながら次々ともってきたり、どうしたんやろね、このお店。
いい意味でホスピタリティーがあって、ファミレスのように子供連れでも気兼ねなく行けるっていうので重宝してたのに。ひょっとしたらコドモ連れやからこのアネックスに通したんかと思ってしまうほど、ちょっと首をかしげてしまう。これじゃあ、次行くのは考えてしまうね、残念ながら。


JUGEMテーマ:グルメ

イタリアン | comments(0) | - | 

珍しく、ラ・ギャロワーズでワインでも飲もうやってことで

130721-2.jpg以前にも書いたんですが、ボクが学生時代からずっと愛用してるコンブリオっていうシャツのブランドがありまして、それをつくってるスキャッティオークっていうシャツメーカーが年に2回、ファミリーセールを開催してたんですが、このところ、そのセールがどうも開催されずにいる。
これが困った。
むろん、シャツが手に入らないっていうのもそうなんですが、いつもこのセールの帰りに行きつけのイタリア料理、ラ・ギャロワーズに立ち寄るっていうのが、年2回のひそやかな愉しみやったわけで、このところちょっとその愉しみを果たせずにいたっていうこと。
で、それが平時ならそんなに気にもかけずにおれたんですが、最後に行ったとき、オーナーシェフのTさんが病気で暫く店に出てなかったもんですから、その後どうなったんかなと少し気になってたワケ。
そんなわけで、このあいだ、人間ドックに行ったときに、珍しくイタリア料理でワインでも飲もうやってことになりまして、ホント久々にギャロワーズに行くことに。
で、そのTシェフ、なんとかめでたく快癒したみたいで、すっかり昔むかしの細オモテへとなっておりまして、ああこりゃめでたいということでさっそく白から。
で、まずはペルノ・ベリカールっていうブルゴーニュのシャルドネで、ヴィンテージが2011だからまだちょっととも思ったんですが、なんのなんの。けっこうな辛口でバランスがよくって余韻がわりと長い感じ。で、これをまずはマグロのタルタルに。

130721-3.jpg
上に乗っかってるのはいろいろ野菜なんですけども、この日は茄子のペーストをメインにして。
で、これがイイ。たまらなく。マグロが柔らかくって、それに茄子のペーストとオリーブオイルなんかが合わさって、とろーりとした感じ。そこにワインがかぶさってイイ、たまらなく。
と、けっこう楽しませていただきまして、お次はというと、これがなんて言うかひとくちに言うのがムツカシイなぁ。
130721-4.jpg
オニオンのムースをクレープに包みまして、その上に鰻の白焼きを乗せ、さらにとうもろこしやレッドキャベツかなんかのスプラウトを乗せ、最後にバルサミコを廻しかけてある。
これもイイです。イイんですが、途中で白がなくなった。ちょっとペースが早過ぎか。
で、お次がムツカシイ。次の猪の3種盛を意識すべきか、それとも今食べてるのに合わせるべきか。ソムリエールのお姉さんとも相談して、セレクトしてもらったのがコレ。
130721-5.jpg
ディープウッズっていうオーストラリアのカベルネシラー。たぶんシラーの方が多いんかな。でも、その割にはそんなに重たくもないんで、やっぱカベルネの方が多い? まあどっちでもエエけど。
ソムリエールのお姉さんはこれを今食べてる皿のオニオンペーストにっていう思いでセレクトしてくれたんやけど、ザンネーン。むしろ上の鰻の方が割と合う。
で、そのうえ、次のこれにはどうよということで、猪の3種盛。
130721-6.jpg
ヘレと三枚肉のところをソテーしたのと、サルチッチャと。で、これにさっきのカベルネシラーを合わせてみた。
うん、まあ、ぼちぼち。強く主張する猪に合わせるとなると、もう少しグラマーなのの方がイイかも。
とまあ、そんなこんなでワインを二本空け、ここを起点にいつもの梯子ということで・・・

JUGEMテーマ:グルメ

イタリアン | comments(0) | - | 

ひさびさのトラットリア・アルモ なかなかオトナ味

このあいだ、オムレツをつくるのに生クリームを開けてしまったから、仕込んで冷凍してる塩蔵豚を使ってカルボナーラをつくろうっていうのがボクの思惑やったんですけど、整体に行って終わったのが1時過ぎやったもんで、もう、近くでなんか食べようよってことになりまして、で、ひさびさにトラットリア・アルモへ。
で、まずはアンティパストから。
130525-1.jpg
130525-2.jpgデミタスカップに入ったスープから時計回りに、北海道産のジャガイモのスープ。ナントカいう契約農家とか言ってたみたいやけども、ボクのアタマで覚えるのは限界がゴザイマス。
それから、青のりをピザ生地に練り込んで、油で揚げたゼッポリーネ。ナポリ風のおつまみってところ。
その横が、鰯のエスカベッシュ。松の実とか、イタリアンパセリとかを絡めてる。
それから、黒い器に入ってるのが豆のペースト。上に黒っぽい岩塩がかかってる。豆はたぶんえんどう豆やったような。
で、自家製のハム、それにスパニッシュオムレツみたいなのを真ん中に。いつもながら、なかなかみんなきっちりとした味付け。イタリア人ならそうはいくめえ。
で、ほどなくパンを持ってきてくれまして、ちなみにこのパン、きっとフルニエの。ていうか、フルニエのことを教わったのはこの店でですからね。
それからパスタ。まずはボクの牛肉と玉ねぎを白ワインで軽く煮込んだののパスタ。

130525-3.jpg
画像で見ると、けっこうパルミジャーノがもこみち並みにかかってるんですけど、あんまり気にならない。むしろ、味のまとまりにカドがなくて、ずいぶんと上手くまとまった綺麗な味わい。つれあいとオトナ味やなぁこれって言ってたんですけど、ウチのコドモはこっちの方が好きだそう。
で、もう一方のパスタ。鯛とオリーブのトマトパスタ。
130525-4.jpg
グリーンのオリーブと黒オリーブを粗く刻んで鯛の身と合わせ、トマトソースで煮込んだの。鯛のクセ、オリーブのクセがくどくなり過ぎないように、上手にトマトソースでまとめ込んでる。ウチのコドモはさっきのパスタの方が好きって言ってたけど、ボクはどっちかというと、こっちの方が好み。
で、ドルチェ。
130525-5.jpg
130525-6.jpgきょうのはムスメがいらないって言ったんで、奇跡的にボクの口へ。
あと、エスプレッソを飲んでおしまい。

ひさびさのアルモ。
ぼくらが以前持ってたイメージでは、若くて勢いのあるシェフの才気ある味付けっていう感じやったんですけど、今回いただいたのは、なかなかのオトナ味。ボクら的にはこっちの味わいの方がフィットする。もっともオトナ味って言っても、ウチのコドモもおいしいおいしいって食べるわけで、変にジジむさいっていうワケではなくって、単にこなれた奥ゆかしさがあるっていうニュアンス。カドが取れたっていう感じかな。


JUGEMテーマ:グルメ

イタリアン | comments(0) | - | 

ひさびさくえろくえら 元同僚などと一緒に

以前、娘が誕生日にフォンダン・ショコラを食べたいって言いまして、それで、近くの店を検索したら、偶然くえろくえらの名前が出てきた。で、くえろくえらのお兄さんにフォンダン・ショコラの話をすると、あれはクリスマス限定でということなので、結局、娘の誕生日にはまた別のレストランに行ったんですけど、くえろくえらへは、あらためて勤務先の元同僚などと一緒に。というわけでくえろくえら。
まずは前菜というか、呑み始めに何かっていうんで、くえろくえらのお兄さんのおススメは、ポテトサラダにトマトとカマンベールのブルスケッタ。
130223-1.jpg
ポテトサラダって聞くと、ポテトサラダァ〜? てな感じなんですけど、上にパンチェッタの焼いたヤツなんかが乗ってて、これがイイ。ブルスケッタもなかなかで、ワインをグビリ。ワインはまずはキャンティ。ここんちのはなんていうかホントに若い若いワイン。あんまり若かったんで、次のはとにかくアロモっていうチリカベをもらった。こちらはバランスはともかく、しっかりとしたワインで、おおお安旨やんって感じの。
それからどんどんと前菜が。こちらは焼き野菜。
130223-2.jpg
これがまた、ずいぶんとうまいんですわぁ。
野菜の味が凝縮されて、さすが元青果を扱ってたっていう面目躍如。
添えられてるソーセージ2切れがアクセントになって野菜の味が引き立てられる。
それからもう一品、鶏肉と菜花のソテー。
130223-3.jpg
鶏肉はささみをレアっぽく焼いて。ソテーした菜花とリンゴのソースやなにやらがいろいろと合わさってビミョ〜なバランス。ひょっとしたらささみが主役じゃなくて菜花の方が主役かな。いやそれとも・・・っていうなんか愉しめる味わい。
これは若いキャンティか、白の方がいいみたい。
で、そうこうしてるとパスタ登場。
130223-4.jpg
ボンゴレの青じそジェノベーゼ。上にトマトがかかってる。それとアマトリチャーナを自家製のキタッラで。
でも、この日のいちばんはやっぱりこれ、ゆり根のカルボナーラ。
130223-5.jpg
ずいぶんむかし、ここでカリフラワーのカルボナーラをいただきました。
それも記憶に残る一品やったんですけど、今回のゆり根のカルボナーラもなかなかにおいしい。
実は、ボクもパスタにユリ根を使おう使おうと思ってたんですけど、自信がなくて。
でも、これに味をしめたんで、なんとか今度は使えそう。そういう意味でも、この一皿も記憶に残るに違いない。
と、パスタでずいぶんと盛り上がってしまったんですが、後から頼んだコレも忘れずに。
130223-6.jpg
真鯛のグリル、アンチョビバターソース。
こちらはやっぱり白に代えて。
でもやっぱり、プリモでけっこう腹は満たされてて、あとのドルチェにも期待がかかってたんで、やっぱり存在感が薄れてしまってる、ボクの中では。
で、その期待のドルチェ、ティラミス。それにオレンジのプリン。
130223-7.jpg
前のパティシエがなんでも、エノテーカ・ピンキオーリに帰るっていうんで、その置き土産のティラミス。エノテーカ・ピンキオーリっていえば、イタリアNo.1の称号を持つ三ツ星リストランテ。えらいことです。
冒頭のフォンダン・ショコラもこの人の手によるものだったそうで、それはそれはというお話。
でも、ゴメンナサイ、酔っ払ってたせいか、正直に言って味はあんまり覚えてないんデス。
でもレシピは大事に受け継いでいくっていう話ですから、、次回は酔っ払わずに味わうことに専念したいと思いますヮ。

JUGEMテーマ:グルメ

イタリアン | comments(0) | - | 
| 1/10P | >>
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>