厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

岐阜の二つの愉しみ

引き続き週末の話です。きのうも書いたように、翌日は別働で岐阜へ。
岐阜の友人T家を訪問するためなんですが、T家にはブリティッシュショートヘアの「おしし」っていう猫がいて、そのおししをもふもふするっていうのと、長良川の鮎をよばれるっていうのが大きな愉しみだったわけ。
で、その愉しみのひとつ、長良川の鮎を、川原町泉屋っていうお店で。まずは前菜の盛合わせ。
2018-07-24 001.jpg
まんなかのはラタトゥイユみたい。パプリカやズッキーニ、ブロッコリーなんかが入ってるんやけど、ただひとつ、クキっとした歯応えの野菜はなんやったんやろね。
それから、上のブルーのグラスにはゴリの佃煮その横にはウルカを練り込んだとおぼしきグリッシーニ。下は、なれずしと枝豆。

で、こういうのが出てくると、やっぱりお酒。
2018-07-24 002.jpg
まずはたしか三千盛っていうのやったかな。
おししに嫌がられるよっといじられても、やっぱり止まらない。

で、冷やで口を湿らせたくらいのところでやってきたのが笹に包まれた焼き鮎のお寿司。
2018-07-24 003.jpg
三角に包まれた笹をほどくと、中から焼き鮎の手鞠ずし。
山椒の香りをぷんとまとったすしめしがいいですねぇ。

それから、少し変化球で鮎のリエットをバゲットに塗ったの。
2018-07-24 004.jpg
それで、いよいよ焼き鮎の登場。
皿の模様がさながら流水のようで、横にレモンが添えられてるんですけど、それさえフレームから外せば、さしずめ川でぴちぴちと跳ねる姿のよう。
2018-07-24 005.jpg
炭火の遠赤外線でじっくりと焼かれた鮎。
目で愉しみながら、頭からかぶりつけば、香ばしいけども、なんていうか身を持ち崩さないような上品さがある。はらわたも全く気にならない。いや、そのわずかな苦みが反対に愛おしいくらい。しかし、こんなに酒に合うとはね。

で、その余韻冷めやらぬうちに、またも若鮎と野菜の天ぷら。
2018-07-24 006.jpg
愛しのはらわた。
残念ながら、お酒と一緒に飲み下し、もう味わえないわと思った次の刹那に現れた若鮎の天ぷら。焼き鮎とは少し趣は違うんですが、これをこの店特製の鮎山椒塩っていうのでいただく。

で、そろそろ〆にかかろうということで。
2018-07-24 007.jpg
漬物と佃煮と。
たしかに、そろそろ〆にかかろうということなんですが、こういうのが出てくるとまたよけいにお酒が欲しくなる。
それを断ち切るかのように出てくるのが雑炊とラーメン。
2018-07-24 008.jpg
いずれかを選ぶていうんですが、ぼくは今回はラーメンを所望。
すると、またしても焼き鮎が乗ったラーメンがやってきた。
2018-07-24 009.jpg
でも、案外鮎の香りは抑え気味で、ベースの鶏のダシがけっこう濃いめに作用してる。
そこへ細いけれどもしっかりとした小麦の味の麺。

で、最後は山椒のジェラート。
2018-07-24 010.jpg
というわけで、愉しみのひとつ、長良川の鮎。
先に「うるか焼きも食べる?」って訊かれたんですが、それを頼まずとも大いに堪能。
でも、そのあと、おししにはあんまり気を許してもらえず、それならうるか焼きを咥えてきたらよかったよなぁと。
まあ、いずれにしても、またチャレンジできればいいんやけどねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
  



旅行先の料理 | comments(0) | - | 

25年ぶりの同窓会 イン 名古屋

先週末は名古屋〜岐阜に行ったんですが、近畿の某県にあるJなんたらという研修所の同窓会。今回は25周年ということで、名古屋で開催となりました。
で、きのうも書いたように、行きの車中からオードブルセットを膝に置いて、窓際でワインを傾けるなんてことをしてたわけなんですが、やっぱりいちばんメインは夜の宴会。
今回は、シャンクレール名古屋っていうところでして、何かというと、婚活パーティーなんかでよく使われるパーティー会場。
で、世の婚活パーティーってどんな風なんかなぁっていう興味ももちろんありまして・・・
2018-07-23 001.jpg
まずは、パスタ。こちらはタラコパスタかな。
やっぱり若い世代は腹に底入れが必要なんでしょうねぇ。

同じようにポテトも。
2018-07-23 002.jpg
やっぱりこんなのをがっつりと行くっていうのがキホンなんでしょ。

それからこれはローストビーフかな。
2018-07-23 003.jpg
ピンクペッパーがふんだんにかかってたのがアタマに残ってて、きのうのサラダにも、そういえばってな感じで使いましたヮ。

で、次が牛のサイコロステーキかな。
2018-07-23 004.jpg
こちらはステーキっていうよりも、シメジとかいろんな具材と炒めたっていうのに近い。

それから、バゲットのオープンサンド。
2018-07-23 005.jpg
奥がサーモンで、手前が生ハム。
中にチーズが忍ばされてるのは、やっぱりボリューミィなのが好まれるってことか。

それから、串カツ。
2018-07-23 006.jpg
ぼくらは単純にトンカツソースって思ってしまいがちなんですけど、後であらためて画像を見てみると、胡麻がかかってる。記憶があいまいなんですけど、かかってるのは味噌ソースやったんかなぁ。

それからクロワッサンサンド。
2018-07-23 007.jpg
これは残念ながら食べずじまい。
もうこの時には腹一杯だったもんで、ビールを離れて、ずっとワインを飲んでましたから。

だから、むしろこういうののほうがよかったわけ。
2018-07-23 008.jpg
ハム、ソーセージ、それにオリーブとチーズ、プチトマト。

で、最後の一角に盛られてたのが、これ。
2018-07-23 009.jpg
ピラフ。
さすがメインターゲットが婚活世代なだけのことはある。
ぼくらはもう、少しいただくっていう程度。

で、もちろん、デザートも。
2018-07-23 010.jpg
カラフルでボリューミィ。

もう一つあったのがチョコレートムース。
意外にこれが気に入って、実は2つも食べてシマッタ。
2018-07-23 011.jpg
というわけで、25年ぶりの同窓会。
いや、実のところ近畿の会は毎年半期に一度集まってるんですがね。
でも、今回は、先の豪雨で被災された真備町のマービーさんのために義捐金も集めることができ、非常に有意義だったと思います。
名古屋方面の準備をいただいた皆さん、ほんとにありがとう。
それから、義捐金を取りまとめていただいたFさん、どうもありがとうございました。

それから一夜明け、翌日は別働で岐阜へ。
そのあたりはまたあしたということで。

JUGEMテーマ:グルメ
  


旅行先の料理 | comments(0) | - | 

名古屋〜岐阜 行きの車中の愉しみから

きのうまで、実は名古屋〜岐阜に行ってまして、そのおみやげ話をいろいろと書き綴ろうって思ってるんですが、まずはやっぱり、行きの車中の愉しみから。
この日は少し早い目に家を出て、タカシマヤの大阪店で手みやげを買いこみ、ついでに買ったのがこのお弁当。いや、これってごはんが入ってないからお弁当ではなくて、オードブルセットかな。
2018-07-22 001.jpg
やっぱり、いちばんはじめに目に飛び込んでくるのがローストビーフ。その下にはマッシュポテトがたっぷりとあって、そこから時計回りにきんぴら野菜、さらにとなりがキャロットラぺ。それからその下がミートボールとブロッコリー、となりがカレーコロッケで、下にはオクラとかそんなのがあったと思う。で、となりがエビとイクラで、下にあるのがコンキリエを使ったマカロニ風のサラダ。でもって最後がデザートの大学イモ。

少し贅沢、ぼくにしては。
もちろん、それには魂胆があって、車中の愉しみにとタカシマヤの大阪店でお弁当の前に買いこんだのがこれ。
2018-07-22 002.jpg
じつは一番最初に洋酒売場へ飛び込んで、ソムリエとおぼしき人にスクリューキャップのハーフボトルの赤ワインってリクエストしたら、あいにくスクリューキャップのはなくて、車中で飲むならあらかじめこちらで抜栓して、テイスティング用のプラスチックのカップをお付けしますよって請け合ってくれた。

というわけで、オードブルセットを膝に置いて、窓際でワインを傾けるなんてことを洒落込んだ。でも、実はこれにも理由があって、名古屋へ行くなら車中でビールって嘯いてたら、友人のSちゃんからダメ出しを喰らったので、ならばワインっていう屁理屈をこねたっていう話。
まあ、こういうわけで名古屋〜岐阜道中、少し続けて書いてきます。

JUGEMテーマ:グルメ
  



旅行先の料理 | comments(0) | - | 

三輪山のぶっかけ素麺

三輪山へお参りしました。
三輪山は、山そのものがご神体とされており、お参りは西麓の大神神社にするだけでなく、お隣の狭井神社から御神体の三輪山そのものに登拝するっていうのが我が家のキホン。
で、三輪山に登拝した際に見聞きしたことを喋ったりするのはあまりよくないそうなので割愛しますけど、これがけっこうキツイ。山頂に近い奥津磐座までの往復は、おおむね3時間といった行程。体力も消耗するし腹も減るっていうことで、麓で三輪素麺をいただきました。
2018-04-29 001.jpg
で、素麺といえば冷やし素麺か、にゅうめんなんですけど、今回はぶっかけ素麺っていうの。盛り付けは冷麺とかによく似た感じで、真ん中にプチトマトと大葉があって、周りにねぎとか椎茸の甘煮、ワカメ、錦糸卵、きゅうりの細切りが添えられてる。
で、薬味はというと、おろししょうがと・・・すりごま。
あああ、すりごまが苦手な下の娘は、これでは食べられないわ。
なので、つれあいが別に頼んでたきつねうどんと交換。
2018-04-29 002.jpg
実を言うと、ぼくもぶっかけ素麺よりも、温かいダシのきつねうどんが無性に食べたかったんですが、さりとて三輪山へお参りにきたのにきつねうどんはないわなぁと。
そしたらにゅうめんっていう選択肢もあったわけなんですけど、素麺はやっぱりコシが大事。にゅうめんになるとやっぱりコシもなくなるし、とはいえ冷やし素麺っていうのもなぁっていうんで。
2018-04-29 003.jpg
で、そのぶっかけ素麺、要は冷たいにゅうめんっていう感じ。冷たいダシで食べる素麺。
まあ、温かさをあきらめた分、たしかに素麺のおいしさは格別。細い細い素麺のコシの具合っていうのは、この地が本場っていうこともあって、なるほどこれくらいの加減が絶妙やねぇって。
でも、やっぱりきつねうどんにしときゃよかったって思うのが素直なところなんですがね。

JUGEMテーマ:グルメ
   


旅行先の料理 | comments(0) | - | 

地元の人に教えてもらった「漣」

きのうは、旅先でうまいごはんにありつくために、ローカルサイトで地元のお店を物色するっていうのを書いたんですけど、もっとカンタンにうまい店を探す方法がある。
それはもう、地元の人に訊くっていうこと。単純な方法ですけど、これはさらに確実。
というわけで、伊勢志摩の最後はいるか島っていうところに行ってきたんですけど、そこの人にどこかおいしい店って訊いたらば教えてくれたのが「漣」っていうお店。
2018-03-26 001.jpg
「漣」っていえばぼくの中ではこの作品、日本画家 福田平八郎(1892〜1974)の代表作を思い浮かべるんですけど、ぼく的には、この絵が長谷川等伯の「松林図」と並んでいちばん好きな日本画。
でも、地元の人に教えてもらった「漣」は、そんなイメージではなくて、エビフライがうまいっていう話。なので、ここはその大エビフライ。
2018-03-26 002.jpg
このエビフライ、丸のまんま揚げると火の通りに時間がかかってしまうので開いてある。で、その大きさたるや一緒に頼んだトンカツよりも大きいっていう有様。
ま、どれくらい大きいかっていうのは、結局ご自身で確かめていただくほかはないんですがね。
2018-03-26 003.jpg
まあ、とんかつはちょっと小ぶりといえば小ぶりだけど。
でも相当な厚みがあって、食べごたえもけっこうありましたけど。
2018-03-26 004.jpg
というわけで、「漣」。今度漣ってことばを聞いたら、大海老フライのことを想い起すのか、それともこの絵を思い浮かべることができるのか、一体どっちなんでしょねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

旅行先の料理 | comments(0) | - | 

ローカルサイトで見つけたお店、「UTAGE」

旅先の晩ごはんは、いつもいろいろとネットで調べてから出かけるんですが、ネットの情報っていうのは玉石混交なわけで、その見極めはなかなかムツカシイ。
これが観光地ともなるとなおさらで、観光サイトで流布されてる情報を鵜呑みにするのはちょっとアブナイ。
だからどうするかというと、観光客を相手としたサイトではなくて、ローカルのローカルのための情報サイトを探したほうが、結果的においしいものにありつける確率は高くなる。
で、今回はホテルが志摩にあったもんですから、「SHIMAZINE」ていう志摩のローカルサイトを見つけて、そこから探し当てた「UTAGE」っていうお店に行ってみた。

わが家と義弟一家、合わせて総勢8人での晩ごはんなんですが、鉄板まわりのカウンター席を占領して、めいめい好きなものを注文。まずはサラダを。
2018-03-25 001.jpg
この日は義弟のクルマに乗せてもらって出かけたんで、存分にビールなど。
で、順番は前後するんですが、こういう串焼きも。
2018-03-25 002.jpg
それからメインのお肉。
下の画像のサーロインとモモ肉をグラム単位で注文。
2018-03-25 003.jpg
もちろんカウンター席ですから眼の前で焼いていってくれます。
そればかりか、茶目っ気たっぷりの若い店主が目の前で豪快にフランベしてくれる。
2018-03-25 004.jpg
で、ほんのりとブランデーの香りをまとわせて、サクッと焼き上げてくれる。
ぼくの注文はレアなんですが、焼き上がりを見て、もう少しだけ焼いてもらった。
こういう細かい注文ができるのも鉄板前のカウンター席の特権かな。
で、めいめいの皿に取り分けて、にんにくをたっぷりと乗せてくれて。
2018-03-25 005.jpg
ステーキには、あっさりとしたタレと塩、それにわさびを用意してくれたんですが、わさびを乗せ塩をつけて食べるのがイイ。

それから、同じ鉄板を使って、こちらはじっくりと。
2018-03-25 006.jpg
じゃがバター。分厚い鉄板でじっくりと焼けばおいしくないはずがない。

それから、牡蠣嫌いのぼくとしてはあんまり見たくもないんですが、つれあいが頼んだカキの網焼き。
2018-03-25 007.jpg
これが安くて殊のほかおいしかったそうなんですが、ぼく的には「ふ〜ん」って感じだけ・・・。

で、気を取り直して、娘が頼んだ鉄板すき焼きっていうの。
2018-03-25 008.jpg
すき焼肉を割下で焼き、たまねぎの炒めたのを器用に巻いてできあがり。
もちろん一切れいただき、溶きタマゴをくぐらせて。
2018-03-25 009.jpg
で、最後はガーリックライスを。
これも、目の前の鉄板で手際よく、見る見るうちにできあがっていく。
2018-03-25 010.jpg
というわけで、ローカルサイトで見つけたお店、「UTAGE」。決して観光客相手ではないんで、佇まいはけっこう脱力系やったんですが、地元の人を相手にしているようなお店のようで、まずまずおいしい。で、2家族8人でカウンターを占拠していろいろ注文、わいわいがやがやと。

きのうは「旅先の、和風の朝ごはん」ということで、あっさりとした朝食をいただいたんですが、それもそのはず、前夜はこんなのでしたからね。

JUGEMテーマ:グルメ
  



旅行先の料理 | comments(0) | - | 

旅先の、和風の朝ごはん

たしか、旅行に出かける前も「ちょっと朝ごはん」ということで、オムレツとサラダ、コーヒーとパンという、わが家の朝ごはんのことを書いたんですが、旅行に出かけたときは・・・

まあ、旅行に出かけるっていうのも、家族で行ったり友人や勤務先からっていういろんなパターンがあるんですが、つれあいと一緒のときは、最近はたいてい和風のを。
で、今回も娘に無理を言って、どうにかつきあってもらいました。
2018-03-24 001.jpg
さて、和風の朝ごはんって言っても、いろんなバリエーションがあるんですが、ここのは大きな二段のお重で用意いただきました。

和風の朝ごはんはウチの朝ごはんとは違って、つい迷い箸をしたくなるっていう、いろんな料理が品数多くちょっとずつ盛られてるっていうのが愉しみなんですけど、それでいうとここのはまずまずといったところですかね。

で、特徴的だったのが出し巻き。
関東風の甘いのか、それとも関西風の甘味のないやつなのかと思ってたら、そこそこ甘味を抑えたような、そんな味付けでした。ま、場所柄、少し関東寄りって感じかな。

それから、湯豆腐。
2018-03-24 002.jpg
これもそんなに珍しいものでもないんですけど、家で朝ごはんを食べるときにわざわざこんなのできっこないですからね。

それと、海苔の佃煮。きっとアオサと思うんですが、これがおいしくて、ついついごはんが進んでしまう。
で、いつもならごはんをおかわりするところなんですが、ここはそれに代えて味噌汁のおかわりを所望。味噌汁にもアオサがいっぱいで、とてもおいしかったんでね。
2018-03-24 003.jpg
というわけで、旅先の、和風の朝ごはん。
ほんとうはね、ここで小原庄助さんみたく、朝寝、朝酒と行きたくなるんですがね。

JUGEMテーマ:グルメ
  



旅行先の料理 | comments(0) | - | 

お伊勢参りから帰ってきました

きのうから伊勢までお参りに行ってきまして・・・帰ってきました。
なので、少しみやげ話でもしたいわけなんですが、まずは伊勢に行ったあかしというか、伊勢うどん。
2018-03-23 001.jpg
おかげ横丁で。
伊勢うどんっていうと、最近は肉や揚物なんかいろいろトッピングがあったり、あるいは手ごねずしが付いたりしてたんですけど。ここはシンプルに月見のみにして、それでいろいろと買い食いしようという魂胆。

で、伊勢うどん、茹で過ぎでぶよぶよだとか、ダシが黒いだとかいろいろ悪名は高かったんですが、画像のは月見に隠れて黒いダシがあんまり写ってませんでしたけど、たしかに麺はふにゅふにゅって感じ。
でも、その腰抜け感がそれはそれでけっこうやさしい。それにダシも黒いけどそれほど甘辛いってわけでもなくて、これはこれでいいんじゃないかな。

それから、おかげ横丁に来たらば、「豚捨」っていう肉屋へ行ってコロッケを食すべしっていう話なんだそうで。
2018-03-23 002.jpg
コロッケとミンチカツと串カツと。
揚げたてですからもちろんおいしい。
でも、おかげ横丁に来たらば、必ず食すべしっていうところまでは、少なくともぼくはよう言わないな。

で、最後はやっぱり赤福。
2018-03-23 003.jpg
ほんとはつれあいと赤福氷の話を娘にやってたんですが、さすがに晴天で暖かかったとはいえ、あいにくまだ寒い季節のメニュウで、あったのはぜんざい。なので、ここはキホンの赤福を。

というわけで、これ以外にもジュースや焼き栗やいろいろ買い食いしたんですけども、きょうのところは代表的なこの三つを。あしたから、またあらためてみやげ話など。

JUGEMテーマ:グルメ
  


旅行先の料理 | comments(0) | - | 

秋の夜長におっさんが2人

きのうのつづきっていうか・・・
代々木に住んでる友人のY氏と埼玉出張の折にイッパイ飲もうやっていうことで、代々木上原の按田餃子に行ったんですが、そこからY氏のウチで家飲みに。
で、途中酒屋へ寄って買ったのがコレ、ナパ産の赤ワイン「シックス・エイト・ナイン・ナパヴァレー・レッド」。
2017-10-12 001.jpg
どこかの本で、コスパ最高って見かけたのを覚えてて、思わずこれかなぁと。
丸みがあってボディもふくよかなんですが、ぼく的にはちょっと甘すぎるんやないかなぁ。

で、それをやりながらY氏がつくってくれたサイコロステーキ。
2017-10-12 002.jpg
ガーリックとクレイジーソルトをかけて。
この後さらに上にソテーしたたまねぎを乗せてくれまして。

代々木っていうまちは、どうも大阪人のぼくにはあんまりどういうニュアンスか分からないんですが、Y氏のマンションには共用の広いベランダがあって、さらにその周りの壁面が緑で覆われてる。たまにカエルが鳴いてるらしい。

そんなシチュエーションで杯を重ねて最後がコレ。
2017-10-12 003.jpg
酒の肴のようなんですが、実はこれ、最後の〆の具。
で、〆は何かというと、Y氏が施主から貰ったっていう小豆島のそうめん。
それにこんなふうにキッチンばさみで海苔を刻んで。
2017-10-12 004.jpg
ふつうのよりも太くって、けっこう細うどんに似た味わい。
やっぱりそうめんは三輪の極細のやでぇ・・・とか、いやいやとか、秋の夜長におっさんが2人よもやま話を繰り返す・・・

ま、なかなか風情があるっていうか、侘しい感じで、これがまたいい味出してる。
またいつか、そのうちにね。

JUGEMテーマ:グルメ
    

旅行先の料理 | comments(0) | - | 

長浜ロイヤルホテル 翌朝はあっさりと

きのうまでにも触れたように、GWの前半は琵琶湖をうろつき、長浜で一泊。
で、朝食は旅の楽しみのひとつ。以前ならバイキングでガッツリっていう感じやったんですけど、最近はもっぱら朝は和食を注文して、ゆるりといただくっていうスタイルに。
というわけで、長浜ロイヤルホテルの朝食。
2016-05-01 001.jpg
左上から時計回りに冷奴、温泉タマゴ、ハムサラダ、鰈の一夜干しにかまぼこ。
それから納豆がついてるんですけども、わが家では納豆は食べないんで、家族全員手つかず。
で、中央のひじき、山芋、じゃこおろし。
でもって左の香の物と手前に海苔。

それから、ごはんと味噌汁がやってきた。
2016-05-01 002.jpg
ご飯は炊きたて、味噌汁も具はワカメとなめこ、それに麩が入ってるだけのシンプルな感じですけど、あっさりとした感じでおいしい。
これが友人との旅行なら、二日酔いの胃に染みわたるって感じなんでしょうが。

それから、鰈の一夜干しを炙って。
2016-05-01 003.jpg
良く、旅館の一夜干しって、ペラペラの一夜干しのことを揶揄するんですけど、ここの一夜干しはしっかりとしてて、しかも骨を抜いてくれてる。なので炙ったところをちまちまと身を剥くではなしに、そのままガブリとイケる。

とまあ、ここの朝食、特徴はそれくらいで、けっこうあっさり気味。
もっとも前の晩はフレンチをいただいたんで、これくらい朝はあっさりとと行ったほうがイイって感じですが。

JUGEMテーマ:グルメ
  

旅行先の料理 | comments(0) | - | 
| 1/3P | >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>