厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

百春とハクション

このところ、意識はしてないんだけど、なぜだかマグロを食べることが多い。

少し前にもマグロ丼をして、その日は結局「川越」を合わせたんだけど、それはそれでよかったんだけど、ほかに何か忘れてるんじゃないかっていうキモチがどこかにあって、それがまた、ついふらふらとマグロを選んだんじゃないかなぁって。

もちろん、それだけじゃない。まあ、マグロ丼をすれば、おかずにそんなに力を入れずともやり過ごせる。むしろそっちのほうが大きいのかなぁ。

2020-08-06 001.jpg

で、リベンジのマグロ丼。

今回のはそんなにいいマグロってわけじゃないんだけど、冷凍ものでないキハダの切り落としがずいぶん安くなってたんで。

けっこうスジが多いんだけど、その切り落としをだし醤油が主体のヅケだれに漬け込み、あとは茗荷と大葉のせん切りを留めて。

2020-08-06 002.jpg

さて、それで何を合わせるか。

このあいだは、マグロ丼には力強いのがいいんだろうっていうことで「川越」を合わせたんだけど、「夏のまんねん」で「ももいも」にしようか。

いやいや、そういえばこのあいだ、大雨の中、岐阜に行ってた娘のおみやげ、「百春」があったよなぁ。あの若い躍動感のある酒に合わせるっていうのはどうだろか・・・

 

・・・というわけで、今回は「百春」。

2020-08-06 003.jpg

岐阜の「百春」

そういえば、ここしばらくFacebookで岐阜のともだちから「ハクション大魔王」という称号を贈られてたっけ。

「百春」と「ハクション」。

たぶん、ぼくのアタマの中では、ヘンな具合にシナプスが結びついてしまったなぁ、これは。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
アルコール | comments(0) | - | 

きょうの注目!

キャベツのせん切りなんてものは、切りたてがおいしいに決まってる。

でも、そうして食べた残りを捨てるなんていうのももってのほかで、残りは次の日に食べるっていうのが家庭料理っていうもの。なわけで、きのうの生姜焼きのときの残りをきょうも。

2020-07-28 002.jpg

キャベツのせん切りといえば、やっぱりフライ。できればとんかつがいいんだけど、よくよく考えればきのうは生姜焼きだったわけで、2日続けて豚っていうのもなぁ・・・

てなわけで、家人に相談したら、「じゃあ、駅前の串カツ屋のコロッケを買ってきて」と。

2020-07-28 001.jpg

この駅前の串カツ屋のコロッケっていうのも侮れない。

ひとつ100円っていう破格なくせに、ミンチたっぷりで頗るうまい。反対に言えば、これを100円っていうのも反則じゃないかと。家でコロッケつくる気が失せてしまう。

だけども、きょうの注目はこれではない。

そして、きょう注目すべきもののために買ってきた水茄子の浅漬けをまず。

2020-07-28 003.jpg

最近は路地ものの水茄子もすっかりと安くなって、その水茄子を糠床にくるんで浅漬けの状態で売ってる。

これが手軽でいいわけなんだけど、浅漬けを食べた後に新しい水茄子を塩もみしてその糠床に納めておくっていうのも、なんだかカッコウが他の鳥の巣をぶんどるみたいで、後ろめたいけども小気味いい。

とまあ、カッコウの巣の話はともかくとして、きょうの注目!

2020-07-28 004.jpg

おなじみの「ももいも」と、そのために買った「夏のまんねん」。

これを手に入れるために骨を折ってくれたOさんありがとう。

これさえあれば、暑い夏も少しは過ごしやすくなりそうだ。

といっても、まだ梅雨も明けきってないんだけどね。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
アルコール | comments(0) | - | 

あらためて甕雫

祭りにいただいた差し入れの焼酎、甕雫。

ことしは台風のために1日目のだんじり曳行が中止となり、我が家に集う面々はずっと飲んでたので、ほぼ底をついてたんだけど、最後の一杯だけはなんとか守ってうちへ持って帰ってきた。

2019-10-24 001.jpg

いきなり大きな甕を抱えてきたので家人らは何それって言うんだけど、まあ、ごにょごにょとごまかして。

 

というわけで甕雫、合わせるには何がいいかなぁ。

大きな器からは想像できないような上品な味わいだから、いや、やっぱり宮崎の焼酎だから宮崎の鶏ミンチを使ってかなぁってことで、鶏ハンバーグの卸しポン酢にした。

2019-10-24 002.jpg

いつもの蓮根をつなぎに使って。

でも、ここはあえて和風にせずに、ソフリットにしたたまねぎとにんにくを効かせて。

一方で副菜は、いつもの煮びたしを。

2019-10-24 003.jpg

多いめにつくったので、その分味付けが薄くなってしまったなぁ・・・

内心そう思ってたら、きっちりそれを娘らが指摘する。容赦がないんだから。

けども味噌汁はめずらしくおいしいと。奴等もバランスっていうのを働かせてるんだか。

2019-10-24 004.jpg

ちなみに味噌汁は、蕪とにんじん、しめじ、薄揚げ。

でもって、くだんの甕雫。甕の底に少し残ったのをぜんぶ注いで。

やっぱり上品だなぁ、この焼酎。

意外と煮びたしにもよく合うんだけども、造りを合わせてもよかったかもね。

でも、最後に鶏ハンバーグに酢橘を絞り、グラスにも数滴たらせば、これはこれでなかなか。

2019-10-24 005.jpg

そんなわけで、いきなり最後の一杯。

まあ、空いた甕はへそくりを入れて庭へ埋めておくっていう手もあるけど、たとえ1円玉にしてもこの甕を満たすにはなかなか嵩むなぁ・・・

 

JUGEMテーマ:グルメ
アルコール | comments(0) | - | 

祭りは酒びたり

ことしも祭りが終わりました。

ことしは、台風のせいで1日目は曳き出しの後はずっと中止になってしまい、2日目のみの曳行だったんで、もうほとんど酒びたりの祭りでした。

で、まずはNさんからの差し入れ、甕雫。

2019-10-13 001.jpg

宮崎は日南の芋焼酎。

もう、その名のとおり、甕に入ってる。

で、ついてる柄杓で掬っていただくんだけど、もうそれだけでごくりと唾を飲む。

でも、そのダイナミックさとは裏腹に味わいは上品で奥ゆかしい。

 

で、いただくのは祭り前に仕込んだ関東煮。

あいにくそっちの画像をまた撮り忘れたんだけど、まあ、前日のアップした画像を再掲。

2019-10-12 001.jpg

いつもそうなんだけど、もう鍋ごと供すので、いつでも撮れるわと高をくくってしまい、よけいに画像を撮り忘れてしまう。

 

それから、甕雫に対抗するんじゃないけど、九州からわざわざ祭りのために帰ってくるSくんがもってきたのがこれ、一どん。

2019-10-13 002.jpg

こちらは鹿児島の芋焼酎。

甕雫が上品で奥ゆかしい味わいあのに較べて、こちらはもう剛直、芋まっしぐらってな味わい。

しかし、S君がもってくるのはいつもレアものなんだけど、ことしもなかなかすごいねぇ。

この焼酎、プレミア価格で凄いことになってるらしい。

 

というわけで、酒びたりの祭り。

焼酎が残ったらどうしようと、ことに甕雫は甕に入ってるので心配してたんだけど、2日かければ2本ともほぼからっぽ。反対に、少しは残しておきたかったので最後は慌ててビールに切り替えたくらい。

まあ、ちょっと残ってるのは、また後でちびりちびりとやりたいね。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
アルコール | comments(0) | - | 

欅の神への捧げ物

きのうちょっとふれたお酒、あらためて書いてみたいっていうのをきっちりキャッチされたんで。

じつはこのあいだ滋賀に行ったときに、時間外に立ち寄った酒蔵。

同行した方が一度行ったことがあるっていうんで、ほぼ飛び込みのようにアポイントを取ったんですが、快く対応いただいて、めでたく見学を。

2019-03-28 001.jpg

藤居本家という江戸時代より続く酒蔵。

肝心のお酒のことは後程書くとして、もうひとつ特筆すべきはこの酒蔵の建築。

昭和30年代に先代の女性が独学で設計したんだという。琵琶湖周辺の選りに選った欅の銘木をふんだんに使った建築。このあいだ京都へ行ったときに訪れた清水寺は、欅の柱が自慢のひとつなんですが、こちらの欅の柱のほうが数段凄い。

ぼく自身、長く建築から離れてたんですけども、久しぶりに凄いのを見た。

残念ながら、そちらのほうは画像を撮るのも忘れて魅入ってしまったんですが、ご厚意でお見せいただいた旧の酒蔵はこんなとおり。

2019-03-28 002.jpg

で、そこで醸されるお酒がこれ。旭日、純米吟醸生原酒。

ちょうど、早春搾りの新米の新種を手詰めするっていう催しを始めるところだったそうで、その一番手として自ら手詰めして封をしてもらったのがこのお酒。

2019-03-28 003.jpg

四合瓶に張り付けるエチケットも貰ったんですが、このままにしておくのがいいんやないかなぁって。

 

でもって、そのお酒に挑むのは、まずはコレ。ヒラメと鮭の造り。

2019-03-28 004.jpg

旭日はそれに寄り添うでなく、背反するでなく、ただただ在る。

説明してもらった遠く愛知川の水がゆっくりとゆっくりと濾過され伏流水となって湧き出る。そんなイメージがぴったりと重なるような味わい。

 

で、次にそれに挑むのは、安心堂白雪姫のあわゆき厚揚げ。

2019-03-28 005.jpg

前にも書いたように、「安心堂白雪姫」っていう店のなまえはともかく、ここのあわゆき厚揚げ、あわゆきっていう豆腐をじっくり揚げた、ふわふわな厚揚げ。それをオーブントースターでカリッと焼き、おろし生姜と刻み葱をちらし、醤油をかけていただく。

これは旭日になかなか。ストレートな醤油の味に応えるかのよう。

 

で、さいごに挑むのがこれ。

2019-03-28 006.jpg

白菜と豚肉の旨煮。

ちょうど義弟のうちの近くにある地場の農産物の販売所、「いずみ ファーマーズ 葉菜の森」で手に入れてた白菜の芽のところを間引いたのを手に入れて、それをピエンロー鍋のように豚肉と煮立てただけのこと。

 

というわけで、きょうは三品。なんだか欅の神への捧げものみたいでしたね。

 

JUGEMテーマ:グルメ
    
アルコール | comments(0) | - | 

房島屋の中汲み、純米無濾過生原酒を再度

岐阜のMちゃんからいただいた房島屋の中汲み、純米無濾過生原酒。

なかなか全貌を掴みきれないような、ミステリアスな味わい。

このあいだぶりしゃぶのときには、ブリに負けない強さがあった。

ならば、こんどはさんまで試してみようと。

2018-10-18 001.jpg

今秋はさんまがいい。

脂が乗って、安くて。

で、塩をして半時間ほど。その塩をさっと洗い流して水気をぬぐい、さらに新しく塩を振ってグリルで焼き上げる。七輪ならなおいいんですがね。

で、それに大根おろしをたっぷり、でもってスダチをちゅーっと絞って、さて房島屋。

酸味がすっと立ってる。これはこれでいいんかな。

 

それから、小松菜の煮びたし。

2018-10-18 002.jpg

これは実は冷蔵庫で2日ほど残ってた、いや、寝かしてる。

寝かしたせいか、ひねた味わいが気に入ってる。

でも、これと房島屋っていうのもなんだかオモシロイ。

 

それから、この日はスペシャルゲスト、なんと、松茸ごはん。

2018-10-18 003.jpg

めずらしく実家のおかんが、「貰い物」と言ってくれた。

小さいながら、国産のようで匂いが凄い。

だから、もう、松茸だけで炊いてみたんですが、家人から口を揃えて、もうちょっとふくらみが欲しいと。はいはいはい、次からは油揚げもきちっと入れますよ。

 

というわけで、あとこの日は味噌汁もあったんですが、けっこうシンプルに。

でも、また、房島屋の正体を掴みきれなかったなぁ。

あと、残りわずかだから、ラストチャンスはどうしようか。

 

JUGEMテーマ:グルメ
   
アルコール | comments(0) | - | 

念願のお酒、二木酒造の「氷室」

このあいだ、名古屋〜岐阜に行ったときのおみやげ、といっても自分へのおみやげなんですが。
JR岐阜駅から直結の「アクティブG」っていう施設の中にある、様々な県産品を取り扱う「THE GIFTS SHOP(ザ・ギフツショップ)」で見つけたお酒、二木酒造の「氷室」。
2018-08-05 001.jpg
このお酒、というかこの酒造会社、以前からその存在は知ってて、いつか手に入れようと思ってたんですが、ようやく。
で、買ってきて、いつ開封しようかタイミングを見計らってたんですが、この日は娘から手巻き寿司をっていうリクエストを受けたんで。
で、わが家の手巻き寿司。
2018-08-05 002.jpg
いつもなら、これがうまかった、とか、あれがどうしたって書くんですが、今回はさらりと。やっぱりいちばんうまかったのは、中トロと貝割れでしたヮ。

で、いちおう準備したのは造りの盛り合わせ。
2018-08-05 003.jpg
こちらは、中トロに鮭、鯛、蛸、ハマチ・・・

それから、野菜はというと・・・
2018-08-05 004.jpg
きゅうり、山芋、貝割れ、茗荷・・・

あと、先に調理が必要なもの。
2018-08-05 005.jpg
海老とタマゴ焼き、それに焼肉。

こういうのを並べて、めいめいが自分の皿に海苔を置き、その上にすしめしを拡げてネタを乗せる。もちろん、組み合わせは各自の思うがままに。
で、この日は先に載せた中トロと貝割れに次いでおいしかったのは鯛と木の芽。ここへレモンを絞り、醤油ではなく塩を振って。
2018-08-05 006.jpg
というわけで手巻き寿司、二木酒造のお酒に合わせての。
で、肝心のお酒はどうだったかというと、期待にたがわぬうまさ。
まあ、ぼくの苗字が鈴木や山田といったメジャーな名前なら、こんなに思い入れもなかったんでしょうが、その思い入れで若干バイアスがかかってたかもしれませんが。

JUGEMテーマ:グルメ
  


アルコール | comments(0) | - | 

もう、きょうは一日どこへも行かない

GWも後半です。
お出かけの方も多いとは思いますが、ぼくは一日庭いじり。
庭の草をむしって、トマトときゅうりを植えて。
で、もう、きょうは一日どこへも行かないって決めて、昼の休憩に縁側でビールを開けてやった。
2018-05-03 001.jpg
アテはフライドポテトとスナップエンドウ。
じゃがいもも新じゃががずいぶんと出回ってて、デカい、見るからにうまそうな新じゃががあったもんですから、皮をむき、太めに切って小麦粉をまぶし、たっぷりの油で低温から徐々に温度を上げてって、最後に高温でカリッと上がるように。
2018-05-03 002.jpg
太いフライドポテト。
ぼくの後輩にじゃがいもが苦手なやつがいて、そいつが唯一食べられるのがマクドナルドのフライドポテト。後輩曰く、マクドのは細くてあんまりポテトの味がしませんからね、と。
それでいくと、このフライドポテトは絶対よう食べらんやろなぁ。
もう、断面が1.5cm×1.5cmくらいあるんですもんね。マクドの4倍くらいかな。
まあ、ポテト嫌いなやつはともかくとして、ポテト好きの家人らには、めっちゃ高評価。

それから、スナップエンドウ。
2018-05-03 003.jpg
これもポテトの揚げあがりとタイミングを合わせて。
茹でたてのにマヨネーズをつけて食べる。
フライドポテトであっちっち、スナップエンドウであっちっちと、猫舌ならずともたまらん熱さ。それをビールでゴキュッと冷やす・・・

GWの1日はこれで潰してしまいましたヮ。

JUGEMテーマ:グルメ
  


アルコール | comments(0) | - | 

琵琶湖大花火

のっけからカツサンドなんですけど、照明環境が悪くって補正を施してもご覧のとおり。
2015-08-07 001.jpg
で、なんで照明環境が悪いかっていうと、夜の屋外だからなんですが、なんでそんな場所に居るかっていうと、これを見るため。
2015-08-07 002.jpg
琵琶湖大花火。
ワイン片手に優雅なもんです。
2015-08-07 003.jpg
が、キュートな色合いのロゼのスパークリングも画像を撮るとこんななんで、花火が終わったその後は、不躾にも段取りをしてくれたNさんちへお邪魔しました。
で、あらためてカンパイ。
2015-08-07 004.jpg
ぼくの持って行ったチリワインとSちゃんの持ってきたアイスワイン。
ぼくのはこのあいだ高島屋で買った安いチリワインなんですが、試飲で気に入ったんで。
メルロー主体で、なんていうか、小気味のいいっていうような感じ。
それからSちゃんのアイスワイン。
2015-08-07 005.jpg
むかしカナダに行ったときに買ってきたんだそうで、色がもう琥珀色になってる。
Sちゃんは大丈夫かなぁって心配してたんですけど、飲んでみると、まだまだ瑞々しく甘いっていう一面と、風味というか風格が漂ってるっていう一面が同居したような味わい。へぇ〜って感じです。
とまあ、そんなこんなで最後はFさんのもってきたチーズケーキ。
2015-08-07 006.jpg
これに味をしめて来年もお邪魔してみようかなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ



アルコール | comments(0) | - | 

桃と芋焼酎(北薩)で「ももいも」

日曜日に桃を買いまして、今か今かとタイミングを見計らってた。
ところがなかなかそれに合うメニュウがなくて、しばらくお預けを喰らってた。
で、ようやくっていうか、もう矢も盾もたまらずに、北薩の桃割り。
2015-06-25 001.jpg
春に入手しまして、今か今かと待ち望み、できるだけチビチビと飲んできた、北薩。
これに桃を浸して、マドラーでじくじくとつっつきながら香りと味を移していく。
すると、桃のあまい香りがプ〜ンと立って、そこはかとした甘みが加わる。これがもう堪らなくイイ。長く待ちわびた甲斐があるっていうもの。

で、それに合うか合わないか、サゴシの塩焼。
2015-06-25 002.jpg
ま、ふつうならに清酒を合わせるところなんですがね。
でも、ここはやっぱり桃の北薩でしょってばかりに。

あと、南瓜とじゃがいもの煮物。
2015-06-25 003.jpg
これはつれあいがつくってくれてたやつ。
鶏の挽肉がなかったと見えて、コマ切れをさらに刻んで代用してるみたい。

それから酢の物。
2015-06-25 004.jpg
これは娘らのために、カニではなくカニカマを使ってるところがポイント。
ま、娘ならずとも、今の季節ならカニは使えそうもないんですが。

それから味噌汁。だいこん、にんじん、豆腐にシメジ。
2015-06-25 005.jpg
もう慣れっこになったんですけど、よそからすればなんともいろいろ入った味噌汁やなぁって思われるんでしょね。

てなわけで、半ば強引に北薩の桃割。桃と芋焼酎(北薩)で「ももいも」と。
桃の季節は短くて、あと何回できるやら。でも、それがまた魅力なんですがね。

””
JUGEMテーマ:グルメ



アルコール | comments(0) | - | 
| 1/4P | >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>