厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

よろず懐石 藤の趣悦 暴飲暴食の夜

これももう、1ヵ月も前の話デス。
なんでこうなるのかっていうと、たまに毛色の違ったところへ行くと、どうもデジカメをバシャバシャ撮ってしまうんですが、それをブログを書く段になって、画像の処理が邪魔くさくなって、ついつい後回しにしてしまう。なのでこんなに遅れてしまったっていうのがコトの真相。でも、これ以上置いておくと、ただでも悪い記憶がどんどん劣化してしまう。そんな危険を感じたんで、とりあえずここいらで一丁頑張るかってことで。

さて、このお店、今回ご一緒していただいたJさんのオススメのお店。けど、三々五々にこの店で集合ってことで、地図を片手にこのお店へとたどり着いたんですけど、まあ、なんていうか、宗右衛門町でもとりわけ怪しげなディープなエリア。ほんまにこの地図で合ってるんかと疑いたくなるような場所にアッケラカンとある。そんな感じ。
で、和洋折衷のよろず懐石とあるわけでして、まずは料理の行く末に期待を寄せて、アワでカンパイ!
それで胡麻豆腐とかお造りとかをいただく。
それから一転、こんどは洋風。

まずはサーモンの焼いたヤツ。
記憶が定かでないんで、間違ってるかも知れませんけど、サーモンの周りに垂らしてあるグリーンのソースとおぼしきものは、たしか蓼酢やったような・・・、
それから、肉のゼリー寄せみたいなのがあって、野菜のマリネとか、蝦夷鹿の生ハムなんていうのも出てきたんで、こんどはお酒。別段天の邪鬼ってワケでもないんですが、手取川の山杯吟醸とやらを。
で、お次が鍋、なんと鴨鍋。

和食にスパークリング、洋食に日本酒と奇を衒ってるわけでもないんですが、それでも三度続ければちょっとねぇって言われるのも目に見えてましたから、今回はおとなしく鳴門鯛純米霧造り生21度っていうのを。まあ、コレもアルコール度数21度の日本酒、けっしておとなしくないか。
で、鴨鍋のあとはお約束のうどんで〆。それからデザートも平らげたんですけど、このあたりになると記憶がほとんどない。
で、宴がこれで終わりかというと、全くそんなことはなくて、このあと眠眠で餃子を食って、そのまた後に寿司屋に入り、それからまた最後にラーメンを啜ったという、近来稀にみる暴飲暴食の限りを尽くしたのは、あれは人間ドックの問診で節度ある食事をと諫められた夜のこと。ダメだこりゃ。


JUGEMテーマ:グルメ


フュージョン | comments(0) | - | 

クチーナ・ディ・セーナ ドマ

このあいだ、高石界隈をクルマで移動してたんですが、娘が「あぁ〜お腹へった、パスタが食べた〜い」(アンパンマンのドキンちゃん口調で)ということで、近くにどこかないかなぁと考えてみました。以前ならポモドーロがあったのにねぇ。
で、思い出したのがここ、クチーナ・ディ・セーナ ドマ。

このお店、つれあいの家族ご一統様で行ったことがあるんですが、ずいぶんとむかしのはなし。おぼろげな記憶では、イタリアンと和のフュージョンキュイジーヌだったような・・・

ま、そんなわけで、出てきたのが、サラダにスープ、パンと・・・アンティパスト? いや、先付?
フュージョンキュイジーヌっていうことばは、少し前から使われてきたことばなんですが、たぶんカリフォルニアが発祥地?
でも、よくよく考えるといったい何なんでしょうね。

ま、いろいろと考えながらも、次に登場したのが土曜日の主役、パスタ。茄子とベーコンのトマトソース。パスタはなぜかリングイネ。

なんだかねぇ〜・・・これなら家でもつくれそうって感じ。

で、次が娘が頼んだピッツァ、サツマイモのピッツァ。なるほど、黒胡麻がかかってる。
でも、あぁ〜これは甘い。まあ、これはうちのオーダーミスなんでしょうなぁ。

それから、セコンドの鯛のグリル・・・

フュージョンっていうことばは、日本語に直せば、融合・溶解・統合ってな意味なんでしょう。
だから、フュージョンキュイジーヌっていうことばは、もともと日本料理、フランス料理、イタリア料理などと一つの確立された料理が、他の料理と融合して新しいカタチを生み出しているということなんでしょう。でも1+1は単純に2にはならないようで・・・

まあ、今度あらためて、このフュージョンキュイジーヌっていうことばについて考えてみたい・・・そんなこと言って、なかなかこんな積み残しが多いんですがね。


JUGEMテーマ:グルメ
フュージョン | comments(0) | trackbacks(1) | 
| 1/1P |
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>