厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

肉が余ったのが幸か不幸か

きのうのウチで焼肉。
だいたい全部で800gの肉を買ったんですが、思いのほか肉が余ってしまいまして、それをどうしようかということで、正月に使わなかったたけのこの水煮を出してきて、青椒肉絲に仕立て直してみた。
2018-01-17 001.jpg
けっこう贅沢な青椒肉絲。
ふつうならわが家では、たけのこの季節以外は滅多につくらないんですが、思いがけない余りもののおかげで。

で、余りものと言えば、こちらもそう。
2018-01-17 002.jpg
といっても、上に写ってるせん切りキャベツではなくて、下に写ってる千草タマゴ。
じつはこの日の前々日につくった余りもの。

で、せん切りキャベツがあるということは、それに合わせて唐揚げ。ていうか、唐揚げに合わせてのせん切りでしたが。
2018-01-17 003.jpg
見た目が丸くなってるのは、揚げる前に皮目を外側にして掌で丸く成型してるんで。
そうすると、熱の入り方が一定になって、外側の皮がパリッと揚がる。
まあ、これだけずっと揚げてれば、そんな工夫も気が付くってなもの。

で、スープ。
2018-01-17 004.jpg
こちらはいつものエノキと青梗菜。で、これにもたけのこを少し入れて。

ま、発端はきのうの焼肉なんですが、思いのほか肉が余ったのが幸か不幸か。ちょっとだけシアワセって思っておこう。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

この日は娘のアシスタントということで

その日は娘が天ぷらを揚げてくれるっていうんで、ぼくはアシスタントということで。
で、まずは椎茸とえび、それに醤油で味付けしたささみ。
こちらの方は娘が下拵えから担当してくれましたので、まずは下の野菜の下拵えを。
2018-01-10 001.jpg
野菜は、ごぼうにかぼちゃ、さつまいもにたまねぎ。
ごぼうは庖丁の背で皮を削いで下茹でし、八方だしで含め煮にしてる。
後のはまあ、切ったり串を打ったり。
2018-01-10 002.jpg
アシスタントはそれよりも、娘が揚げた天ぷらを皿に盛りつけたり、後片付けをして回ったり。これがけっこう忙しい

それから、先に娘が下拵えしてる横で、こちょこちょっとつくっておいた煮びたし。
2018-01-10 003.jpg
まあ、いつもの倍の小松菜2束を煮びたしにしたんで、こちょこちょっというわけにはいきませんでしたが。
それでも、こういうのって量が多くなればなるほど味が安定してきてうまくなる。不思議なもんですね

それと、これは前の晩に米のとぎ汁で下茹でしておいた丸大根の田楽。
2018-01-10 004.jpg
こちらはレンジで温めて、田楽味噌をかけるだけでしたが。 

でも、まあ、アシスタントってけっこう大変。
だから、それのご褒美に。
2018-01-10 005.jpg
というわけで、この日は娘の揚げてくれた天ぷらで一献。
というと、なにやら羨ましがられもするんですが、後の片づけが大変。夜半までかかってしまいましたヮ。

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

「今晩何が食べたい?」

下の娘に「今晩何が食べたい?」って訊いたその瞬間に、あれ?、こういうシチュエーションって前もあったよなぁって思い出して、訊き直そうって思った矢先に、娘は二カッと嗤って「ハンバーグ!」って答えてた。
まあ、そんなわけで、ハンバーグ。逃れるすべもなく。
2018-01-08 001.jpg
実のところ、鶏とレンコンのパティっていうのはどうかとか、いろいろ揺さぶりをかけてはみたんですけど、彼女の決心(?)は固く、ふつうのハンバーグをと所望。
それでも、つなぎに麩と豆腐を使ったり、色々ふつうからハズしてるんですが、そのあたりはいちおう黙っておこうと。

で、サラダ。
2018-01-08 002.jpg
このところ、野菜がバカ高い。レタスなんかおいそれと手が出ないくらい。
なので、この日は紫キャベツとふつうのキャベツを刻み、そこへにんじんのせん切りと水菜とを混ぜ、プチトマトをトッピングしてカラフルに、嵩だけは確保して。

それから、前日の残りの肉じゃが。
2018-01-08 003.jpg
きのうはいちおう順番や盛り付けをきれいに心がけたんですけど、この日はもう、残り物ですから、ざっと集めるだけで。

でもって、スープと味噌汁と。
2018-01-08 004.jpg
ハンバーグに合わせてじゃがいもスープをつくったんですけど、ダイエットのことなどもあって、ぼくは前日の味噌汁をいただいた。

まあ、そんなわけで、つなぎに麩と豆腐を使ったり、あるいは副菜が肉じゃがとか、スープの代わりに味噌汁とかなわけで、いっそ大根おろしを乗っけて醤油で食べるのも一興ってことで。
2018-01-08 005.jpg
図らずもおろしハンバーグってことになったわけなんですが、、下の娘が言うには、「ふつうのハンバーグが食べたかったんやけど、ま、これでもいいよ。」だと。
ま、苦笑いしか出ませんわ。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

肉じゃがとお造り

肉じゃがとお造り。
つれあいのリクエスト。
あんまり料理屋では出てこない、居酒屋や大衆食堂なんかで頼まないと出てこない取り合わせと思うんですけど、ウチでは大丈夫、出てきます。
2018-01-06 001.jpg
ただ、ダイエットを意識すると、肉じゃがの肉はよくても、じゃがはちょっとダメかなぁっていうんで、ぼくはじゃがいもはひとつだけ。代わりにこっそり入れておいたこんにゃくをイタダキマス。もちろん甘味は大部分がラカントS。

それから、お造り。
2018-01-06 002.jpg
マグロの赤身のところと中トロと。それから、ハマチに鮭に鯛、それにイクラとなんだか貝らしきもの。
あと、特筆すべきはだいこんのツマ。いつもなら買ってきたお造りに添えてあるツマは盛り付ける際に除くんですが、今回はこれを全部食べてやろうと。ダイエットを意識し手の話なんですけどね。

それに味噌汁。
2018-01-06 003.jpg
今回はベーシックに、大根と豆腐、しめじと油揚げ、それに葱。
最近、わが家でいつも使ってる味噌が切れてて、市販のふつうの味噌を使ってるんですが、どうも甘みが控え目で、あんまり親しみがわかない。いつもの味噌が恋しいなぁと。

で、ダイエットを意識すると、ごはんはほんのひとくち。でも、米の汁はイタダキマス。
2018-01-06 004.jpg
お屠蘇に飲んでた加茂鶴の吟醸原酒、限定搾汁。
原酒ですから、アルコール度が少し高い目ですが、そんなことを感じないくらいおいしいんで、あっという間になくなっちゃった。

この日は、じゃがいもを少し食べて酒を飲んだから、ちょっと減点。まあ、でも、これくらいのユルイ感じで続けていくのがイイんでしょうねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

そろそろふだんどおりの食事を

年末の蕎麦や年始のおせちの話もひと段落ということで、そろそろふだんどおりの食事を。
もちろん、ふだんどおりっていうことは、また元どおりのダイエットを意識した食事ってことで。
で、まずはどっかからのいただきものなんですが、麺屋はなびっていうところの台湾まぜそばっていうの。
2018-01-05 001.jpg
沖縄そばのような極太麺を茹で、レトルトになってる唐辛子とニンニクを効かせた台湾ミンチを乗せた汁なし麺。ほんとはここにタマゴを落としたり、さらににんにくを入れたりするんですが、それはちょっと省略ってことで。
で、ひと箱2食入りなんですけど、もちろんこんなのをガッツリ食べるってことはNGでして、ぼくはほんの味見程度。ま、魚粉が入ってるので、なんだかツナみたいな味ですね。

それからこれに餃子を。
2018-01-05 002.jpg
こちらは大阪王将の。まんなかがちょっと焼けすぎたようですけどね。
もちろんこれもガッツリ食べるってことはNGでして、味見をせずとも味は判るんですが、やっぱり2つ3つは味見を。

で、味見でないぼくの食べ物はこちら。
2018-01-05 003.jpg
手羽元をこんがりと。
こちらは焼けすぎでもなく、綺麗にこんがり焼けた。
ただし、こちらは反対に娘らに味見をされる側。

で、スープは大丈夫。余分な手羽元で取ったスープに青梗菜とエノキ、それに白葱で。
2018-01-05 004.jpg
で、ほんとはここでノンアルコールビールっていきたいところですが、この日はアサヒドライプレミアム豊醸。ま、いろいろ我慢してると精神衛生上もよろしくないので、少しはヌケを。
2018-01-05 005.jpg
というわけで、ふだんどおりの食事。
少し、リバウンドしたカラダを、改めて元に戻す。
改めて元に戻す、なんて言うんですけど、もはやどっちが元のカラダか分からなくなってきましてけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

ハンバーグ、堪能しました

例によって、娘に「なにが食べたい?」って訊くと、ハンバーグっていう答えが返ってきた。
正直ハンバーグはあんまり想定してなかったんで、邪魔くっせぇと思いながらも。
2017-12-27 001.jpg
ハンバーグ。
ぼく的に、牛100%っていうのは手間がかかるんで、この日は合挽きと牛ミンチをプラスして、だいたい牛:豚が6:4か6.5:3.5くらいの割合で。
だから香辛料は豚に好相性なセージを省いて、牛に好相性なナツメグと胡椒、それにクローブを。
つなぎは麩をバーミックスで砕いたのとタマゴ、それにちょっと甘みが欲しかったんでケチャップを少々。あとは細かく刻んだたまねぎをじっくり炒めたのと、粗く刻んだたまねぎをさっと炒めたの。味と食感の両方を愉しみたかったんで。
で、これらをさっくりとあんまり粘りが出ないくらいに混ぜて、少しためしに焼きながら塩加減を決めていく・・・

こんなふうに書くとずいぶん大変な作業って思われるかもしれませんけど、そんなに。
ま、楽しみながらやってるってところもあるんですがね。

で、その傍らで豆腐サラダを。
2017-12-27 002.jpg
こちらはちょっと見えにくいですけど、サニーレタスと水菜、それに大根のせん切りをベースに、よく水切りをして大き目の賽の目に切った豆腐とトマトと。さらに、ちりめんじゃこをこんがりと炒ったやつをトッピング。

それからスープ。こちらはミネストローネ風。
2017-12-27 003.jpg
表紙に切ったベーコンを炒め、トマト、にんじん、だいこん、たまねぎ、エリンギなんかを主体に、ミックスビーンズとパスタはファルファッレを。
パルミジャーノを切らしてたのが、玉に傷でしたが。

で、ハンバーグ。合挽きミンチを2パック、牛ミンチを1パック使ったもんですから、けっこう多い目になってしまいまして、その翌日はバンズを買ってきてハンバーガーに。
2017-12-27 004.jpg
ハンバーガーチェーンなんかの薄いパティのハンバーガーに慣れてる身としては、これくらいのボリュームのハンバーガーってのは、全く別物の感じ。
ポパイの脇役でハンバーガーを食べてるウインピーのキブンですね。
ま、バンズの炭水化物がちょっと気になるけど、けっこうハンバーグ、堪能しましたヮ。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

ダイエット後のカレーとの戦い

年末はなかなかシゴトが山積してて、きのうも帰りが遅かったんですが、うちへ帰るとカレーの匂い。思わず湧いてくるよだれを飲み込みながら、こりゃヤバイと。ダイエット後の養生の身としては、カレーはできれば避けたいなぁっていうんで、きのうの残りの豚汁を思わず温め直したワケ。
2017-12-26 001.jpg
きのうはずいぶんと多めにつくったせいか、豚汁はまだけっこう残ってて、こりゃ幸いということで。
むろん、味噌の香りが少し薄まって、もやしは少しくたびれ気味なんですが、その分2日目のコクが出てきて、まあ、これもそんなに悪くない。

で、それから、主食を何にしようかと少し思案して、ええいタマゴでも焼けってことで。
2017-12-26 002.jpg
タマゴ3つと白だしと隠し味に胡麻油をたらして。

さらにちょっと消化にいいものはってことで、大根おろしとちりめんじゃこを。
これなら大根おろしとタマゴ焼きっていう組み合わせもできますしね。
2017-12-26 003.jpg
というわけで、とにかくこんなメニュウを腹に入れて、ムクムクと起き上がってくる食欲をなんとか抑えにかかったわけ。

でも、ひととおり食べて食欲がマイルドになったところで、やっぱりご褒美に、ほんの小盛りのカレーを。
2017-12-26 004.jpg
後でつれあいに訊いたら、ぼくの分は別につくるだろうってことで、カレールーを溶く前の下拵えの状態で別鍋に取ってくれていた。
ま、後のまつりって感じですけど、それはまたきょうの愉しみに。
今度はきっちりダイエト対策を施した自分用のカレーをはじめっからということで。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

きょうはブリカマと豚汁を

きのうは所用で休みをいただきまして、余った時間で庭の片づけをしたもんですから、買い物に行くのもめんどくさくって、ウチにストックしてる材料で豚汁でもしようってことになりまして、足りなかった厚揚げだけ近所のスーパーで調達してきた。

で、そのついでに見つけた半額の鰤。これを見逃す手はないなということで。
2017-12-25 001.jpg
ちょうどカマの部分。
塩焼きにしたんですけど、そこへレモンをちゅーっと絞って。
で、これがもうスバラシイ脂の乗り。
こんなうまいのをこんな安く手に入れてバチが当たらんかと心配するほど。

それから、くだんの豚汁。
2017-12-25 002.jpg
また例によって大量につくったんですけど、ちょうど味噌がなくなった。
味噌が足りてヨカッタ。味噌が足りなかったらまた調達しに走らないといけないところ。
でも、よくよく考えたらシメジを買うのを忘れてたな。

で、ボリューミーなブリカマと豚汁だからっていうわけではないんですけど、ごはんの量はこれくらい。
2017-12-25 003.jpg
これでも少し心持多いような気もするんですが。
(ま、食欲に従えば、これの何杯も食べられるわけですけども・・・)

もっとも、その代わりと言ってはなんですが、お米の汁も。
きょうは某大手酒造メーカーの大吟醸をぬる燗で。
2017-12-25 004.jpg
というわけで、きょうは図らずも手に入ったブリカマと豚汁。
あと、つれあいが食べてた明太子も少しいただいたんですが、これはごはんが恋しくなるからあんまり食べてはイケなさそう。
やっぱりね、それでなくてもごはんが恋しいヮ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

きょうは千草卵に

鶏挽肉っていうのはけっこう使い出があって、きのうはかぼちゃとじゃがいもの炊き合わせに使い、果てはそぼろをごはんに乗せてまで食べたんですが、きょうは千草卵に。
2017-12-20 001.jpg
つくり方は簡単で、タマゴ5つに白だしとみりんで味付けし、そこへ刻んだ三つ葉一束とたまねぎ1/4、それに鶏挽肉を入れてかき混ぜ、そのまま小ぶりのフライパンで弱火で焼き上げるだけ。上の画像はフライパンからそのまま大皿へひっくり返したんで、お好み焼きでも焼いたんかというような見え方をするんですが、十二等分して、めいめいが取り皿に取り、表を返せば下の画像のような具合。
2017-12-20 002.jpg
これが簡単でおいしい。
鶏肉にタマゴですから、親子の関係なんですが、そこに三つ葉とたまねぎですから、まんま親子丼の構成。でも、親子丼とは全く異なった味わい。ま、大根おろしを付ければ完璧ですが。

それから、ほうれんそう。こちらはちりめんじゃこを炒ったのを散らして。
2017-12-20 003.jpg
このあいだ、豆腐サラダをするのにちりめんじゃこを炒ったんで、その残りを。
鰹節やごまを振るときに較べると、やっぱりちょっとワイルドな感じかな。

それから、きょうの漬物は西利の「ゆずの香り」っていうの。
2017-12-20 004.jpg
季節の大根を、拍子切りにして柚子を絞り漬け込んだのだそうですが、肝心の柚子が入ってないんで、自前の柚子の皮をむいて細切りにしてあしらった。

で、わが家の味噌汁はやっぱり、具だくさん。
2017-12-20 005.jpg
だいこんやにんじんはいつものほぼレギュラーなのに加えて、エノキと白ネギを。
殊に白ネギを入れた味噌汁っていうのが下の娘のお気に入り。

・・・というわけで、きのうに引き続いての素食系。
でも、このメニュウって結構お気に入り。
ずっとこんなので満足できたらいいんですけどね・・・

JUGEMテーマ:グルメ
   


家庭料理 | comments(0) | - | 

ダイエットのあとの素食

きのうは誕生日のディナーのことを書いたんですが、それを差し引いても最近ちょっとガッツリ食ってねぇか?、ダイエットのあとの時期にしては。
そんな思いも手伝って、この日は少し素食にしようということで、主役は湯豆腐。
2017-12-19 001.jpg
まあ、青梗菜やシメジ、ちょっと水餃子なんかも入れたりしてますが、まあ、これくらいなら。
それから、豆腐とちょっとかぶってるんですが、厚揚げと小松菜の煮びたし。
それにかぼちゃとじゃがいもを鶏ミンチで甘く炊き合わせたの。
いずれも前の日の残り物なんですが。
2017-12-19 002.jpg
もっとも、煮びたしも炊き合わせも二日目がうまいわけで、食べごろと言えば食べごろ。
殊にかぼちゃとじゃがいもの炊き合わせは“後の愉しみ”もあって。

それから、西利の白菜の漬物と沢庵。
2017-12-19 003.jpg
これらもけっこう地味なおかず。
まあ、お粥やお茶漬け、おにぎりなんかが欲しくなりますけどね。

でも、この日のいちばんのごちそうはコレ。
先のかぼちゃとじゃがいもの炊き合わせの“後の愉しみ”、一緒に炊いた鶏ミンチを乗せたごはん。
2017-12-19 004.jpg
これこれ、ひさしぶり。
なんていうか、かぼちゃの甘味をまとった鶏のそぼろがごはんによく合う。
もちろんダイエットのあとなので全開とまではいきませんので、ごはんは少しだけなんですが、頬張ると自然と顔がほころんでしまう。

ダイエットのあとの時期に、図らずもけっこういろいろ制限なしで食ってるような印象だったんですが、実はけっこうこんな素食系も少なくない。
ま、ブログのネタにはちょっと地味過ぎるかも知れませんけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 
| 1/106P | >>
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>