厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

タマゴが半熟なハヤシグラタン これにワインがあればなぁ

きのうは娘がLINEで「塾の帰りが遅くなるので迎えに来てくれる?」って訊いてきたので、思わず「いいよ」って答えてしまった。

ん?

迎えに行くってことは、当然クルマで、クルマってことになると当然アルコールはNGで、となるとまたお酒が飲めない。というわけで、きのうに引き続いて禁酒ってことで、きのうの残りのハヤシライスをグラタン仕立てに仕立て直して。

2019-07-19 001.jpg

これはもう簡単で、時にごはんを敷き、ハヤシのルーをかけ、まん中にタマゴを割り入れ、その上にチーズを散らしてオーブンレンジに放り込む。

ちなみにきのうはソテーした茄子もあいだに重ねておいたんだけど。

 

で、そのあいだにサラダも用意。

2019-07-19 002.jpg

サラダは、いや、サラダもきのうとあんまり変わってなくて、レタスとトマトときゅうりと生ハム。

 

で、そうこうしてる間もオーブンレンジは働いてくれてるんだけど、これ頼ってそのままにしてると真ん中に割り入れたタマゴが固まってしまう。

このオーブンレンジでグラタンを自動選択すると17分30秒って表示されるんだけど、10分くらいでとりださないと半熟にはならないわけ。

2019-07-19 003.jpg

というわけで、めでたくタマゴが半熟なハヤシグラタン。

娘を迎えに行かないといけないんできょうも我慢したけど、これに赤ワインがあれば言うことないんだけどなぁ。

ま、あしたはきっと飲めるよ。飲むよ、きっと。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

グッと来てほしいな、そろそろ

朝はバタバタしてる。

きっと、どこの家庭もそうなんだろうけど、ぼくもつれあいも働いてるんでなおさら。

で、つれあいがその間隙を縫って仕込んでたから予想できたんだけど、ハヤシライス。きょうの夕餉。

2019-07-18 002.jpg

感染性胃腸炎になってからこっち、食事は徐々にふだんどおりに戻りつつあるんだけど、アルコールはまだ。べつにドクターストップがかかってるわけでもないんだけど、自重して見合わせてた。

でも、もうそろそろ。

と、思いながら、きょうのメニュウはハヤシライスって判ってながら、ワインを調達しなかった。ストックはあるにはあるんだけど、ふだん飲みにはちょっともったいないようなのしかなくて、手頃なのがない。

というわけで、また一日、アルコール抜きの日が続いてる。

サラダを用意しながら、ビールでもいいかなぁって頭をよぎったんだけど、なんとか思い留まった。

2019-07-18 001.jpg

やっぱり10日もアルコール抜きの生活が続いてると、再開するときは何かこうグッとくるものが欲しい。

その盛り上がりをちょっと待ってるんだけど、案外こういう時に限ってそういうのがやってこない。

一説によると、そんなことやってるから体調がおかしくなるんじゃないっていう意見もあったりして、それもそうかなぁって耳を傾けるところも、ある。

まあ、でも、この週末あたり、グッとくるんじゃないかな、いや来てほしいな、そろそろ。

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

復調のカツ丼

いろいろ心配をおかけしましたけど、そろそろ復調って言ってもいいかな。

この日は娘からカツ丼っていうリクエストをもらってたんだけど、帰りがすっかり遅くなったので、肉屋へ立ち寄ってヘレカツを買い、それでカツ丼を。

2019-07-16 001.jpg

ただ、復調とはいえ、まだ感染リスクは否定できないので、いちいち小皿にとって味見しないといけない。正直、けっこうぞんざいにしてたので、実際できあがったのを先に食べてもらい、ツユが少ないとか、味が濃いとか、いろいろな意見を聞いて修正したので、結局自分の番になるとけっこうおいしくできたりして。

 

それから、丼には漬物がやっぱり。

で、今回はいただきものの水茄子の漬物。

2019-07-16 002.jpg

ただ、この水茄子、けっこう漬かってて、浅漬よりももう少し進んでる。

醤油はもういらない。でも、れくらいがけっこううまいんだけどね。まあ、胡麻は擂ったほうがおいしいかな。

 

それから、これもある意味よく浸かってる。前日に炊いた煮びたし。

2019-07-16 003.jpg

もうくたくた。

でも、病み上がりでくたくたのぼくが、くたくたの煮びたしを食べてても、シャレにもならないんだけどね。

 

でもって、味噌汁。今回のは豆腐とだいこん、しめじにねぎ。

2019-07-16 004.jpg

というわけで、ヘレカツ丼。

こういうことに文句を言うのは、結局自身を責めることになるんだけど、肉屋のヘレカツが薄すぎる。次はきっとジブンで、肉厚のを揚げてガッツリいこう。

 

とまあ、こういう大口をたたけるようになったっていうのは復調の証。

あとはしばらく遠ざかってたアルコールもそろそろ再開できるよなぁ、この分で行くと。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

沁みるぅ

先週はアサヒスーパードライ・梅田で恒例のJなんたらの会を愉しんだんだけどな。

まさかそのときは、続く一週間が感染性胃腸炎で七転八倒の日々となるとは夢にも思ってなかった。

でも、ようやく体調もマシになってきたようで、何よりも少し食欲が戻ってきた。

なので、復活に向け、まずは幽庵焼き。

2019-07-13 001.jpg

夏の幽庵焼きっていうのは、幽庵焼き本来の柚子がなかなか手に入らないんで、スダチを使う(まあ、スダチもなかなか高値なんだけど)。

で、スダチのときも柚子のときも、醤油、酒、みりんでつくった幽庵地に果汁を絞って加えるんだけど、その前におろし金で皮をまんべんなく擂り、皮ごと幽庵地に漬け込む。要は柑橘の香りを余さず幽庵地に移すってこと。幽庵焼きは柑橘の酸味はともかく、むしろ柑橘がふわっと香るのがたまらなくいいんでね。

魚は鰆。これを幽庵焼きにすると、身がふっくらと仕上がるので殊においしい。

それから、相変わらずの煮びたし。

2019-07-13 002.jpg

このあいだは、水菜を使ったんだけど、やっぱり小松菜。いつもより多い目につくったんで、あしたも楽しみ。

 

それよりも味噌汁。

きのうも豆腐ばっかりだったんだけど、復帰戦の味噌汁はやっぱり豆腐が主役。だから、味噌を少し濃いめに溶いて、刻んだねぎをたっぷり。

2019-07-13 003.jpg

沁みるぅ。

このあいだも食べたんだけど、やっぱり。

たとえば外国へ行ってしばらく味噌汁を食べられない、あるいは、そこまで行かずとも、外食が続いたり、洋食や中華が続くと、平気で一週間以上味噌汁を食べないなんてことはままあるんだけども、こんなふうに一週間近く臥せって、回復していただく味噌汁って、ほんとに沁みる。おいしいっていうよりも、ありがたいって思ってしまうほど。そういう意味では、ごはんもそう。噛みしめるとたまらん、ありがとうって。

2019-07-13 004.jpg

ほんの一週間なんだけど、カラダが弱るとキモチまで弱くなる。

何よりも、食欲がなくなるっていうことがいちばんぼくにはこたえた。

まだまだ体調は万全とまでは行かないけども、少なくとも食欲が湧いてきたっていうのが嬉しいかぎり。もう大丈夫だな、きっと。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

なんとも物足らない でも仕方ない

きのうはもともと、ナンバで飲み会っていう予定だったんだけど、例の感染性胃腸炎が思いのほか長引いたせいで、泣く泣く断念した。お酒がNGで、食べ物も制限される。みんなへの感染リスクのことも考えれば仕方ないよなぁ。

 

そんなわけで、泣く泣く帰ってきたんだけど、帰ると誰もいない。

しかたなく自分で豆腐と青梗菜の煮込みをつくった。今週は結局、ずっとこんなメニュウだったな。

2019-07-12 004.jpg

まあ、テキトーにつくった料理なんだけど、ベースはくず仕立ての湯豆腐。

鶏挽肉を使い、醤油ベースでとろみをつける湯豆腐。いつもは三つ葉やエノキを入れるんだけど、この日は三つ葉もなく、消化のことを考えエノキも省き、かわりに青梗菜を入れてみた。2019-07-12 005.jpg

これだけ。

なんとも物足らない。

でも、仕方ない。

 

治ったら、またガッツリいくぞ、きっと。まあ、いきなりってわけにはいかないけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

今も逡巡

きのうは朝から、なんとか復帰にこぎつけたものの、やっぱりシゴトができる体調でないと判断して、早々に帰ってきた。

それでまた一日静養してたんだけど、なにせ暑い。安易にエアコンをつけるわけにもいかず、冷たいものを口にするのも憚れてるわけだから、どうも回復も遅々として、今現在きょうの出勤をどうしようか思案してる。

でも、きのうの夕餉は、出勤を想定して、うどんにエビ天を二尾も乗せてみた。

2019-07-10 001.jpg

つれあいが言うには、「私は健康でも、エビ天二尾は食べられないわ」と。

それが正しかったのか、どうだか。まだ気分もすぐれず、胃腸はぐるぐると不穏な音を立ててのたうってる。

でも、月曜よりは火曜、火曜よりは水曜と確実によくはなってるし、まだ完全に食欲は戻っていないものの、食べ物を口に入れればおいしいっていう感覚は、ある。

だから、つれあいが「これくらいなら」と買ってきてくれたプチシューも、ひとつふたつと口に入れてみたんだけど、まだまだ食べられそうな気にはなる。でも、そこはやっぱりふたつで自重しないとと思い留まった。

2019-07-10 002.jpg

思い留まったのは正解なんだろ。いや、思い留まる以前に自重すべきだったか。

 

ほんとに回復が遅い。

カラ元気で凌げるか、無様に醜態をさらすか・・・今も逡巡してる。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

おなかの調子が悪いときは・・・

わが家では、おなかの調子が悪いときは、むかしからカレイの煮付け。

娘らが小さい頃はそんなことも多かったんだけど、このところ、おなかの調子が悪いから、カレイの煮付けっていうパターンは暫くはなかったよう。

でも、まさか、今回はぼくのためにそうなるとは。

2019-07-09 001.jpg

もちろん、家族誰かが病気にならないとカレイが食べられないわけではなくて、下の娘の好物なんで、たびたび食卓にはのぼる。

それでも、そういうときはこってりした味のもので、たいていバランスを取ってるんだけど、今回、ぼくだけはこれに冷奴。

2019-07-09 002.jpg

といっても、ほんのひとくちだけ。

 

それから、ワカメ。こっちも軽く。

2019-07-09 004.jpg

いずれもチューブのおろし生姜(気力が萎えてて、しょうがをおろす気にもなれない。)に醤油を垂らすだけ。

 

それから、家人向けの副菜。

まずは水菜と厚揚げの煮びたし。

2019-07-09 003.jpg

今回は小松菜がなくって、サラダ用に水菜を買ってたんだけど、それを煮びたしに転用。

 

さらに、つれあいがデパートで買ってきた惣菜の天ぷら。

2019-07-09 005.jpg

もちろん、少しこれもつまませてもらったんだけど、長らく濃い味付けから遠ざかっていたせいか、これがいちばんおいしく感じたりして。

 

で、味噌汁。やっぱりホッとする。

2019-07-09 006.jpg

というわけで、いろいろ。

久しぶりにいろいろ食べた。

これだけ食べられたら、そろそろ復帰できるかなぁ。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

鯵フライにタルタル 少し後悔

ウイークディで帰りが遅くなる日が多いので、晩ごはんはつれあいに頼りっきりなんだけど、週のうち、1日か2日くらいは早く帰れるときがあって、そんな日はぼくがつくったりもする。

で、その日は少し早く帰れたので、「つくろうか?」ってLINEで訊くと「ありがとう!」ってことなんで。

でもって、何をしようかと娘らに尋ねたら、意外にも「魚フライ!」って返ってきた。

なので、「魚フライ?」と訊きかえすと・・・

「うん、タルタルたっぷりつけて。鯵フライとか白身の魚の。」

「鯵は白身やないよ。白身ならキスとか、サーモンとか?」

「ううん、キスでもサーモンでもなくて・・・」

「じゃあ、やっぱり鯵かなぁ」

・・・なんてやりとりがあって、結局、鯵フライに。

2019-07-04 001.jpg

で、鯵を買いに出かけると、特売で1尾150円っていう味があったんだけど、あいにく特売だからご自身で卸してくださいとある。

ちょっと邪魔くさいなぁと思って、タルタルたっぷりなら海老でもいいかと心が揺らいだんだけど、結局、どちらも買ってきた。

 

それから、サラダ。

2019-07-04 002.jpg

買い物に出かけていろいろ買い忘れるっていうのはきのうも書いたとおりで、この日も生ハムと肝心のビールを買い忘れて、それはつれあいに買ってきてもらう羽目に。

でもって、つれあいが買ってきてくれた生ハムを水茄子に合わせて。

あと、きゅうりとトマト、レタスはいつものとおり。

 

それから、フライにする野菜は家に小さなさつまいもと小たまねぎがあったので。

2019-07-04 003.jpg

ただ、たまねぎは比較的火が通りやすいんだけど、さつまいものほうはなかなかで、結局色の違いはそういうわけで。

 

で、買ってきてもらったビールは、一番搾り。

2019-07-04 004.jpg

といううわけで、鯵フライにタルタル。

かぶりついてから言うんだけど、あああウスターソースをかけたらよかったと。

横で娘が、「あたしはタルタルで食べたいからそうしてるけど、おとうさんまで別にタルタルで食べろとは言ってないよ。」と。

そりゃそうだ。でも、もうあとの祭り。

きのうのお好み焼きもソースがなくて不完全燃焼で、このところ、なんだかソースに祟られてるなぁ。

また、これもそのうちリベンジしないと。ていうか、リベンジしないといけないのが増えて、そのうち忘れてしまうんだけどな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

梅雨もそんなに悪くないなと思い返したりもして

梅雨はあんまり好きでない。

そういう人も少なくないだろうけど、季節が進まないと新しい旬の味覚を愉しめない。

まあ、だから、梅雨も仕方がないなぁって。

そろそろ出回りはじめた水茄子を手に取って、そんなことを思いながら、この日はフンパツしてプロシュートとサラダに。

2019-07-01 003.jpg

この日は胡麻ドレッシングでいただいたんだけど、ほんとは宮崎産の日向夏ドレッシングで水茄子に少し甘みを加えてやるとサイコーなんだけどなぁ。

 

で、水茄子とプロシュートのサラダには、和風の鶏ハンバーグを。

2019-07-01 001.jpg

ぼくの中で、鶏ハンバーグっていうのは微妙な位置づけ。つくり方によってはイタリアンのポルペッティーニっぽくしたり、あるいはおろしポン酢で和風っぽくしたり。この日は画像には写ってないけど、この後、おろしポン酢をたっぷりと乗せて。

で、ぼくの中では、ポルペッティーニであろうと和風であろうと鶏ハンバーグにはれんこんを入れるっていうのがお約束で、おろしてつなぎに入れるのと刻んで食感のアクセントにするのと。

で、和風っぽく仕立てるときは、オリーブオイルもソフリットも使わずに、葱を使うっていうのが常道なんだけど、この日はとうもろこしのスープをつくるのに玉ねぎを炒めたので、ついでに鶏ハンバーグにも。

2019-07-01 004.jpg

こちらもそろそろ旬を迎えるとうもろこし。

牛乳と炒めたたまねぎを一緒にミキサーにかけて、それを裏ごしする。

あと、生クリームとバターを加え、味付けは塩と少しの胡椒のみ。

クルトン代わりに余りもののバゲットをこんがりと焼いて浮き身にして。

 

それから、こちらは名残りのじゃがいもグラタン。

2019-07-01 002.jpg

とうとういただいてた北あかりもおしまい。

しばらくはじゃがいもグラタンもヘビーローテーションだったんでね。

 

さて、きょうは水茄子にとうもろこしと旬の味覚を愉しんだんだけど、もうひとつ、心待ちにしてたのが、これ、ももいも。

2019-07-01 005.jpg

半分に割った桃と氷をグラスにいれ、芋焼酎を注いでフォークでモモをつっつきながら味を馴染ませる。これがほんとにおいしい。アタリマエの話だけど、本物のフルーツなんだから、へたにフルーティなワインなんか比べ物にならない(やっぱりアタリマエだよね)。

 

梅雨は鬱陶しい。

でも、ももいもをいただくと、梅雨もそんなに悪くないなと思い返したりもして。

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

ホッケの開きとクリガニと

このあいだの話。

上の娘バイトで晩ごはん要らないって言ってたんで三人の晩ごはん。

その前の日まで立てつづけに中華料理が続いたので、ちょっと和食が食べたいなぁっていうことで、魚に強いスーパーを覗いてみた。

もちろん最初はつくりを物色してたんだけど、あんまり「これだ!」って響くのが見当たらない。かわりにちょっと目が止まったのがこれ、ホッケの開き。

2019-06-28 001.jpg

脂の乗りもさることながら、何よりもその大きさ。わが家で一番大きいサイズに乗せてもこんなに。

ホッケは、大きければ大きいほどおいしいんだけど、ひとりで、いやふたりでもちょっと。

なので、これを一尾と、さらにこんなのを買い込んだ。

2019-06-28 002.jpg

クリガニ。

童謡では、「毛ガニになれないくりがにさん」と唄われてるそうなんだけど、その実毛ガニに迫るおいしさ。脚の身もおいしいし、胴の身も、カニ味噌もなかなか。

でも、二杯も要らなかったようで、一杯はまたあした。

 

それから、野菜はまず、ほうれんそうをどっさり茹でて。

2019-06-28 003.jpg

例によって、胡麻が苦手な娘のために、めいめいが好きなだけ取って胡麻やかつおぶしを振りかけて、醤油を垂らし、ざっくりと和えていただく。

 

さらに味噌汁はこんな感じ。

2019-06-28 004.jpg

写ってるのは、にんじんとしめじとじゃがいも、それに油揚げ。

でも、上のほうにすこし覗いてるんだけど、ワカメは先に器に沈ませてる。

味噌汁の中に入れて煮るとすぐにとろんとなってしまうので、わが家では味噌汁に入れて煮ずに、椀種のように器に先に入れておく。だから、かき回すとワカメだらけになってしまうわけ。

 

で、この日はこのあいだ開けた飛良泉ではなくて、一升瓶にすこしだけ残ってた初桜の生原酒。これでようやくすっからかん。

2019-06-28 005.jpg

というわけで、ホッケの開きとクリガニと。

一杯残ったクリガニは、パスタにでもしようかな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 
| 1/126P | >>
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>