厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

焼きそばの味

焼そばはソースと醤油、そして最近は塩っていうのもあるようで、たいていはその三つのバージョンのどれかに属するってことになるんですが、下のキムチ焼きそばっていうのも、ほんらいはキムチソース、キムチ醤油、キムチ塩のどれかになるハズ。
でも、今回はキムチだけで味付けてしまった。
2018-02-24 001.jpg
つれあいがいつも買ってきてくれる成城石井のキムチ。
今回はそのキムチを使って焼きそばを焼いたんですけど、味見してみると、それ以上にソースや醤油、あるいは塩を加える必要がないくらいの味に仕上がってたんで。
そんなわけで、白菜の芯のところが写ってなければ、ナポリタンと見まがうばかりの真っ赤に仕上がった。
弁解を言うと、この毒々しいばかりの真っ赤な焼そばも、食べてみると全然辛くなくって、むしろ甘味を感じてしまうくらいやったんですけどね。

でも、ぼく的にはキムチを入れるっていうのは全くなくって、純粋なソース味に。
2018-02-24 002.jpg
こちらもちょっと極端かも知れませんけど、味つけは焼きそばソースなんかを使うんではなくて、むかしながらのウスターソースで仕上げた、純粋なソース味。
ただし、味つけには白だしで塩味を、みりんで甘味をそれぞれ加えてる。
ソース焼そばの要諦は、そばがソースを吸って表面にべたつきがなくなることで、そばがソースでべたついてるようだと、湯切りしてソースと混ぜるインスタントの焼きそばと何ら変わらないわけで、ともすればそっちの方がうまいってなことも有り得る。まあ、個人的な見解にすぎないけども・・・

で、焼きそばにはビール。これは譲れない。
2018-02-24 003.jpg
というわけで、焼そば。
ぼく的には、焼そばにしろ、お好み焼きにしろ、キムチを入れるっていうのは、そういう方向に味が塗りつぶされるっていうか、味つけがキムチに支配されてしまうような気がして、どうもいただけない。
まあ、こんなふうに焼きそばの味にはけっこうこだわってしまってる、ハズカシながら。
もっとも、キホンは好き好きなんで、注文には応じるんだけども。

JUGEMテーマ:グルメ
  


お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

名店の次は自家製のお好み焼き

きのうは7年連続ミシュランガイド 掲載の名店、「清水」。
こういうのの次の日ってどうしようか悩んでしまうんですが、やっぱりこういうのに流れてしまう、お好み焼き。この日は珍しくいか玉も焼いてみました。
2017-07-10 001.jpg
ちょうどゲソの入った刺身が安くなってたので、それを使って。
奥のは相変わらずの豚玉。こちらは三枚肉のカタマリを買ってきて、それを分厚い目に切ったのを使う。

生地はいつものとおり。中力粉と山芋、それに濃い目に煮出したダシ、それに砂糖を少し加え、白だしで味付けして固めに練り、しばらく寝かしておく。
それからキャベツを刻み、具材を揃えたり、鉄板を暖めたりしてしばらく経過した後におもむろにさっきの生地を引っ張り出してきて、タマゴを割り入れ、キャベツをどさっと入れ、さらに天かすを加えて混ぜ込む。

で、熱くなってる鉄板に豚の脂身を乗せ、万遍なく油を行き渡らせたら具材を鉄板に丸く敷き詰め、その上に生地を乗せていく。
途中、ビールで一息つきながらね。
2017-07-10 002.jpg
ビールは大阪に乾杯。ベタですが、お好み焼きにはこれかなぁと。

さて、生地を乗せたらば、カツオを躍らせて蓋をしてしばらく蒸し焼きに。
でもって、頃合いを見計らって蓋をとり、ひっくり返してそのまま蓋はせずに水分を飛ばしていく。

で、こんがり焼けたならばひっくり返して鉄板の温度を保温に調節し、余熱でじんわりと熱しながら上にはソースとマヨネーズとまたかつおぶしを躍らせて。
2017-07-10 003.jpg
というわけで、懐食「清水」の次は自家製のお好み焼き。
上方料理の精華から大阪のベタの味へ。
ああ、どっちもうまいですねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

なんばダイニングメゾンの福太郎で昼間っから

久しぶりに友人のY氏が東京から来阪したんで、同級生のSちゃんと3人でミナミでメシでも食おうやってことで。
以前来たときもお好み焼きを食べたいっていうから「ぼてじゅう」へ連れてったんですが、今回もお好み焼きを食べたいっていうんで、こんどはなんば高島屋のダイニングメゾンにある「福太郎」へ行ってきました。
で、まずはおススメの一品、アボカド豆腐。
2017-06-18 001.jpg
照明の加減で画像がちょっと黄色味がかってるんですが、実際にはもっと鮮やかなパステルグリーン。ちょっとどうかなぁって思いつつも、まあ、味はまずまず。

それから次は福太郎サラダ。
2017-06-18 002.jpg
こちらも同様にアボカドが入ってるんですが、あとはエビと明太子ドレッシングやったかなぁ。まあ、賛否両論ありそうですけど、少し明太子の生臭さが気になるのは事実。

で、一方の土手焼き。
2017-06-18 003.jpg
これがうまい。
とろっとろのスジがうまい。
スジはこのお店ではいろんな使われ方をしてるんですが、さすがさすが。
ビールがどんどん進みます。

それからトンペイ焼き。
2017-06-18 004.jpg
タマゴの半熟具合がなんとも言えない。
そこにソースとマヨネーズが合わさって豚のカリッとした香ばしさをくるんでるっていう寸法。

で、次がスジのねぎ焼き。
2017-06-18 005.jpg
こちらは一転醤油味。
見た目は硬そうなんですが、実際にはほんとにふわとろ。
で、自家製の醤油ダレに葱の甘味がかぶさり、そこでスジのとろんとした味わいが生かされてる。これはまたリピートしたい味わい。

で、豚玉。
2017-06-18 006.jpg
まあ、お好み焼きを食べる上では基本はコレ。
トンペイ焼きやねぎ焼きなんかがけっこう軽めの味わいだったんで、こちらはがっしりと行くんかなと思いきや、こちらもやっぱり軽い味わい。
まあ、でも、個人的にはしっかりとした生地を味わいたかったんですが。

でもって、最後が焼きそば。
2017-06-18 007.jpg
こちらはさすがに安定した感のある焼きそば。
おかげでビールを3杯4杯と重ねてしまいました。
なんば高島屋のダイニングメゾンで昼間っからこんなに杯を重ねるとは思いもよらなかったんですが、でも、この福太郎でおしまいっていうわけにはいかず、次の店へとハシゴして行ったわけで、まあその話はまたあしたっていうことで。

JUGEMテーマ:グルメ
   

お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

カオスとコスモス

GWのラス前にちょっと小ネタを。
このあいだ、最後の筍を採ってきた日に筍をまた知人に配って回ったんですが、お礼にホタテやら何やらをいただいたって書いたんですけど、今回はその何やら。
ある知人のとこを廻ると、ちょうど泉佐野漁港で買ってきたタコを茹でてたところでして、その茹でたてをひとついただいてきた。
で、そのタコをクレソンに合わせてサラダにしようと思ったんですけど、下の娘がまだタコ焼きを焼いたことがないっていうんで、じゃあタコ焼きをやってみようと。
2017-05-06 101.jpg
生地はゆるめ。
基本は小麦粉と卵、それにだし汁なんですけども、ポイントは麩をバーミックスで砕いて入れてあることかな。
で、まずは鉄板を熱して胡麻油を引き、そこにタコとこんにゃくを入れて、ジューッと音が鳴るくらいになったところで生地をだだだと注ぐ。
でもって、そこへ天かすとねぎを散らす。
しばらくして無秩序に広がった生地をまとめていく。
2017-05-06 102.jpg
近所にタコ焼き屋があるもんですから、要領は分かってるんでしょうが、なにやら不安げ。でも、この混沌をがんばってまとめていくと、そのうちこんなふうにくるんと丸まってくる。
まさにカオスから生まれたコスモス。
2017-05-06 103.jpg
・・・と、エラそうなことを言ってながらも、おっさんは傍らでビールを呑んでる。
ちょっと、ちびまる子ちゃんちのお父さんみたいなイメージ。
まあ、それでもいろいろ楽しげにやってるところを見ると、満更でもなかったようですね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

お好み焼きじゃあないんですが・・・

GWだから一休みってわけではないんです。きのうは実家泊りやったんで、しかもGWの中日でやっつけなければならないシゴトがいろいろあったもんですから、更新が今になってしまいまして。
まあそんなわけで、まずはさくっと。
2017-05-01 001.jpg
お好み焼き・・・ではなくて、洋食焼き。
広島焼のようなんですが、ちょっと違う。
中の具は、スジとその他。
その他っていうのがミソでして、実はこのあいだ炊いて残ってた関東煮。
2017-05-01 002.jpg
小さめのフライパンに小麦粉を溶いて薄く延ばし、そこにカツオと天かすを振り、さらにスジとじゃがいも、こんにゃく、ちくわを刻んで散らし、その上にキャベツのせん切り、さらにその上にタマゴを割落とし、最後に溶いた小麦粉を回しかけ、そろそろ熱が通ったら大き目のフライパンにひっくり返す。
無理に小さなフライパンでひっくり返したりせずに、要は2つのフライパンでキャッチボールするようにひっくり返すわけ。
あとはおたふくソースにカツオを躍らせて完成。
関東煮の残り具合と、いただいたキャベツがあったもんですからやってみようかなということで。
まあ、なかなかイイ感じでした。

JUGEMテーマ:グルメ
  


お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

ヘビーローテーションのキャベツを使ってお好み焼きを

このところ、たけのこばかりっていうわけではなくて、このあいだも書いたように、わが家の米を作ってもらってるFさんからキャベツをどっさりもらったので、キャベツもヘビーローテーション。
で、今回はそれをつかってお好み焼き。
2017-04-13 001.jpg
近前にも書いたように、最近お好み焼きのレシピをちょっと変えた。
基本パターンは相変わらずなんですが、このところ生地は少なくとも約30分前には仕込んで寝かすっていうことと、生地に砂糖を少々加えるっていうこと、そして今回は自然薯を使うってこと。
それに肉は豚バラのブロックを厚めに切って。
2017-04-13 002.jpg
他の地域は知らんけど、こと関西ではお好み焼き用の豚と称して三枚肉の部位を厚めにスライスしたのが売ってる。
ぼく的にはそれでも少々物足りなくて豚バラのブロックを買ってきて、それを厚めに切ってお好み焼きに使ってる。
豚はあらかじめ焼いてお好み焼きの中に混ぜ込むってパターンもあるんやけども、豚の脂を外に出して、それでこんがりクリスピーに焼きあげるっていうのがやっぱりおいしい。
2017-04-13 003.jpg
で、焼き上がったお好み焼きを相変わらず、ひとりレンジ台の前に立ったまま食べるんですが、もう喰い気に走ってるもんですから、ソースやマヨネーズをきれいにトッピングするのもおざなりに、さっさと塗ってかつおぶしを躍らせ、ええいままよと一気呵成にコテでそのままかぶりつく。
あとはググッとビール。
2017-04-13 004.jpg
サイコ―です。
これがまた春キャベツでやると一段とうまい。
そろそろ値段も落ち着いてきたら、またあらためてやろうかなぁ。
でもまだもらったキャベツ、2つも余ってるしなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ

お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

注文生産の焼きそば

ほんと言い訳がましいんですが、最近とんとパスタをつくってない。
なので焼きそば。
で、うちの焼きそば、ひとり一人の注文を聞いてからつくる、いわば注文生産。
でもって、この日はぼくのとつれあいのを。
2016-08-20 001.jpg
まずはぼくの中華風。
味付けは醤油ベースに味覇とオイスターソース。
具材はいつもと変わりなくて、麺も泉北高島屋で売ってる三井食品の太打ち浪花焼そば。
で、ちょっと裏技を発見。
というのも、この三井食品の太打ち浪花焼そば、むかし乾物屋で売ってたような黄色くて不透明で小麦の味がしっかりとした麺なんですが、なまじっかかたくて太い麺なもんでなかなか柔らかく炒まらない。なので、これをあらかじめ袋ごとレンジでチン。すると柔らかくはならないまでも、炒める時間がずいぶんと短縮できる。以前はほんと麺を入れてから5分以上炒めてましたから。

で、一方のつれあいの。
2016-08-20 002.jpg
ご覧のとおり、キムチ焼きそば。
最近、成城石井のキムチをよく買ってくる。量が多くて味もまずまずっていうんで。
で、それを使って。
邪道全開です。
ただし、具材はピーマンの代わりにブロッコリーで、豚ではなくてイカを使用。炒めるのは太白胡麻油。だから動物性の油脂は一切なし。
邪道の割にはけっこう気を使ってる。よくよく考えれば、ちょっとおかしいですけども。

と、いろいろありましたけども、注文生産が終わって労働のあとのビール。
2016-08-20 003.jpg
ま、労働があろうとなかろうと焼きそばにはビールなんですが。

JUGEMテーマ:グルメ
   

お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

父の日のお好み焼き

最近なんだか外食っていうのの割合が減ってきてる。
ほんまにうまくって、こりゃみんなに伝えようって思うときにはきっとそうするはずなんで、今のところはなんていうか、気のおもむくままに。

で、きょうはお好み焼き。
このあいだの休み、娘からリクエストをいただきましたんで、はいはいということで。
2016-07-03 001.jpg
最近お好み焼きのレシピをちょっと変えた。
お好み焼きは以前、イチオシレシピとして、つくり方を書いたんですが、決してそれが完全なレシピっていうことではなくて、いろいろと微修正を繰り返したりしてる。
といっても基本パターンは相変わらずなんですが、このところ生地は少なくとも約30分前には仕込んで寝かすっていうことと、生地に砂糖を少々加えるっていう改良を施した。まあ、これがなかなか効いてる(ような気がする)。

で、焼き上がったお好み焼きを相変わらず、ひとりレンジ台の前に立ったまま食べてるんですが、きょうはビールが特筆。
2016-07-03 002.jpg
といっても変哲もない一番搾りなんですが、この日のビールは下の娘が父の日にくれたビール。
だから、娘からのリクエストはそのビールを呑めというシグナルなんでしょ。
ま、父の日の思い出として、お好みを焼き、ひとりレンジ台の前に立ったまま食べてるお父さんの姿を焼きつけておいてくださいな。

JUGEMテーマ:グルメ
   


お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

春キャベツをたっぷり

この時期、春キャベツがうまい。
なので、春キャベツを買うんですが、冷蔵庫の中のストックを確かめずに買ったり、つれあいと別々に買い物に行って、結局どちらも春キャベツを買ってきたなんていうバッティングが起こったりもする。
でも、春キャベツを2つも冷蔵庫にしまうってのは、ちょっと場所をとり過ぎなもんで、お好み焼きを。
2016-03-09 001.jpg
ウチの鉄板、つまりホットプレートをどこに置くかというと、換気の関係上、キッチンのIHクッキングヒーターの上に置かざるを得ない。
で、また、いつものごとく換気扇のあるレンジ台の上にホットプレートを置いて、お好み焼き屋のおやじのごとく、黙々と
2016-03-09 002.jpg
むろん、お好み焼きたるもの、鉄板で焼いて直接コテで食べるべしという変なこだわりはいまだ捨てきれておらず、そのためレンジ台の前に立ったまま食べる。
で、家人らのは皿に入れてテーブルで。
いつものとおり、アホな娘がこんなことをしやがる。
2016-03-09 003.jpg
もっとも、オヤジの方はオヤジのほうで、前日の関東煮なんかをつまみながらお好み焼きを焼いてる。
お好み焼きと関東煮っていうのは、なんともキブンのでるタッグなもんでね。
2016-03-09 004.jpg
で、この日はいただきものの淡麗。
2016-03-09 005.jpg
春キャベツは生食がいちばんで、煮込み料理や焼いたりするのは冬キャベツの方が向いてるって言うんですが、ぼく的にはやっぱりこれで焼いたお好み焼きが好み。
ただ、春キャベツのばあい、中がスカスカなもんで、どうしても冬キャベツよりも分量が多い目に要ったりもするんですが、この日は2玉もあるわけで、いつもより多い目に春キャベツを入れて。
呑気なお好み焼き屋のオヤジ役もけっこう心地がよかったりもして。

JUGEMテーマ:グルメ
  

お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

お好み焼きのスタンダード

親友のがんちゃんが亡くなってから、友人の奥さん連中と呑む機会が増えて、その日はがんちゃんとこの奥さんとHとこの奥さんの3人で、ひさびさに泉大津のふじ好へ。
で、まずはビールでカンパイ。
2016-02-28 001.jpg
もちろんぼくは大。
で、お好み焼きが来るまでの間、関東煮をアテにビールをやる。
このあたり、お好み焼き屋のスタンダードっていったところ。
2016-02-28 002.jpg
そういえば、先月の末に東京から友人のY氏がやってきたんで、氏のリクエストでお好み焼きを食べに行こうということになりまして、いろいろ思案してミナミの老舗、ぼてぢゅうに行ったんですが、どうも期待していたスタンダードなお好み焼きが食べられなくて、もやもやっとしてた。
で、そのもやもやってしてたのを解消してくれる一枚がこれ。
2016-02-28 003.jpg
わりと薄い目のお好み焼きなんやけど、ほんとバランスがよくてうまい。
以前にも書いたんですが、江弘毅さんが、「お好み焼きの旨さを人に語ったりすることは・・・「どこでどんなお好み焼きに親しんできたか」という街的な個人史に直接リンクしてくる・・・」と書いたように、昔っからこの味に慣れ親しんできたぼくにとって、ここのお好み焼きの味とか(もう1店「味福」っていう店のも)が基準となる味。だから、ぼくがお好み焼きのことを書いたり語ったりするときは、この味をもとに話をしてるわけ。
さらに言うと、焼そばもそう。
2016-02-28 004.jpg
これも前に書いたのからの引用なんですが、近畿の某県にJなんたらという研修所がありまして、かれこれ二十数年前、そこで研修を受けてたんですが、何年か前、各地からそのときのメンバーを招いて、岸和田祭りを見に行こうということになりまして、招く側としては地元のうまいものを喰ってもらおうということで、ダンドリしたのがこのお店。

つまり、このお店の味がぼくのスタンダード。
Yさんにも食べさせたかったのは、この味なんやなぁ。
ま、また機会があればね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 
| 1/9P | >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>