厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

夏のヘビーローテーション

夏のヘビーローテーション、冷しゃぶです。

わが家のこの冷しゃぶ、いろいろと変化を辿って現在のかたちになったんですが、ま、一口で行ってみれば、どんどんとトッピングが増えてきた。
当初はレタスとトマト、それにきゅうりにもやしってところやったんですけど、現在はご覧のとおり。茗荷に白髪ねぎ、それに貝割れとパプリカ・・・。
上にいろいろ乗っかってるのもあるんですけど、画期的変化(?)は下に冷麺を敷いてあるってこと。でもって、タレはその冷麺のゴマダレ。

で、冷しゃぶのときはなぜかこれが多い、魚香茄子。

魚香茄子って書くとピンとこない方もいらっしゃるようで、ありていに言えば麻婆茄子。
中国にはこの言い方はないそうで、本来は麻婆豆腐とは全然別のメニュウなんだとか。
ま、そうは言っても我が家のつくり方は麻婆豆腐と共通点が多いのもたしか。
で、このあいだ久しぶりに行った兆楽の味付けを参考に、いつもより甜麺醤を多くして甘味を強めてみた。
これはなかなかヨカッタみたい。

でもって、やっぱりビールも。

ビールは一番搾りの沖縄に乾杯。
なぜ沖縄かと言われると答えに窮するけど、まあ、キブンで。
で、この沖縄に乾杯、どこがどうなってるか分からんのですけど、たしかに沖縄って言われればそういう感じ。ほんと、味覚のチカラっていうのは不思議なもんです。
でも、冷しゃぶ冷麺に沖縄のチカラ。やっぱり夏のキブンとしては最適かも。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

鼻歌まじりでパンのヘタ

このところ、毎週金曜日は実家に泊まって、その翌朝、和泉中央のフルニエに寄ってパンを買って帰る。これまで何度も書いたとおりなんですが、だいたい買って帰るのはバゲットと食パン、あとはその時のキブン。
で、もうひとつ、これがあればの話なんですが、あればいただいて帰るのが食パンのヘタ。ちょっとお恥ずかしい話ですが、無料でお持ち帰りくださいっていうことなんで、さも、フライのパン粉にでも使うようなフリをして。
2017-07-25 001.jpg
もちろん、実はこうして食べる。
この日は最近豊作なトマトを使って。
つれあいの実家でいただいた黄色いトマトと、わが家で獲れた真っ赤なやつを交互に配して。それにチーズを散らし、カットしたソーセージを乗せ、さらにドライのバジルを。悔しいけど、最近わが家の縁側のミニバジルが萎れてるんでね。
で、それをサクッと焼き上げて。

それからトマトの余波はサラダにも来てて・・・
2017-07-25 002.jpg
ていうか、上のに使った余りのやつを、こうしてブロッコリーと一緒にして、ドレッシングをかけ回して。

それから、ドリンクはここ最近はもっぱらコレ。
2017-07-25 003.jpg
冷たいカフェオレ。
これも以前に書いたように、アイスコーヒーに砂糖を加え、氷をがらがら入れて掻き回し、最後にミルクを静かに注いでマーブル模様になるように。
今回は殊のほかくっきりとマーブル模様が現れたので、ちょっと嬉しい。

まあ、バジルは悔しいけども、マーブル模様ひとつでキブンが上がるんですから単純なもの。それでも、週末の朝、こんなふうになると鼻唄のひとつでも出てくるってもの。お聞かせできるような唄ではありませんけど。

JUGEMテーマ:グルメ
  


パン | comments(0) | - | 

心残りの杏仁豆腐?

きのうは週末に行った鳳(いや、駅でいうと富木かな)の中華料理、兆楽の話。
その日は別にデザートを買ってたんで、兆楽ではデザートを頼まずに帰ったんですが、それがどっか引っかかってたのか、このあいだ出張帰りに寄ったデパ地下でおみやげに買ったのがコレ。
2017-07-24 005.jpg
グラマシーニューヨークの杏仁豆腐。

もっともその日は娘と二人で晩ごはんっていう予定やったもんですから、買ったのはスイーツだけでなく、晩ごはんのおかずも。
で、この日は串カツを。
2017-07-24 001.jpg
トンカツにたまねぎ、レンコン、じゃがいも、ハムカツってところ。
それからまた別の店でコロッケとミンチカツを買い足してフライの盛り合わせ。
ま、キャベツくらいは刻みましたけど。

それからスープも出来合いのを買ってきて。
2017-07-24 002.jpg
本当は味噌汁でもと思ったんですけど、仕事が終わったのが5時過ぎで、買い物に小一時間費やして、それから帰ると7時ってことで、そこから味噌汁をつくる気にもなれなくて、仕方なく出来合いのスープってことで。

まあ、ともかくなんとか体裁は整ったってことで。
2017-07-24 003.jpg
このところ、ちょっとプレミアムモルツがおいしいなぁって思うようになって、つれあいの前でそんなふうに呟いてたら父の日にプレミアムモルツを買ってくれたんで、最近はヱビスから鞍替えして。

で、ようやくですが冒頭の杏仁豆腐。
2017-07-24 004.jpg
杏仁粉よりも、むしろミルクの香りが濃厚でして、今風な感じの杏仁豆腐。
ま、中国料理っぽくなくっても、いや、むしろそんなののほうが好みだったりもして。
どうやら、このあいだの心残りよりもキモチはフライの盛り合わせのほうに傾いてたよう。
やっぱり過去にこだわるよりも、今をどうするかってなことで、ま、それはそれで健全なんかな。

JUGEMテーマ:グルメ
  

中食 | comments(0) | - | 

久しぶりの兆楽はやさしく

先週、朝から映画を観に行きまして、その帰りに久しぶりに寄ったのが兆楽、鳳にある中華料理。
そのむかし、この裏にポモドーロっていうイタリアレストランがあって、そこにつれあいと結婚前によく通ってたんですが、兆楽のほうもそれと前後して行くようになったかな。
だから、けっこう慣れ親しんだ味なわけで、その代表がこの麻婆豆腐。
2017-07-23 001.jpg
本格的な味なんやけども、どこか大衆的な慣れ親しんだ味もする。
秘訣は甘味と思う。
少しぼくの基準からすると甘い目なんですが、それがなんか距離を縮めてくれてるような、とっつきやすい味わいを醸してくれてる。

で、頼んだのはランチの定食ですから点心もついてくる。
2017-07-23 002.jpg
蝦餃子に翡翠餃子に焼売。
なかなかこれもおいしい。
で、さらにというか、順番が前後するんやけども、先にスープと搾菜と。
2017-07-23 003.jpg
とりわけ、この自家製の搾菜が好き。
もちろん、一緒に行った娘はあんまりこういうのを食べませんから、その分までも。

で、その娘はというと、酢豚。
2017-07-23 004.jpg
揚げたてのカリッカリの豚に、甘酢餡が絡めてある。
ふつうなんやけども、やっぱり揚げたての豚に手早く絡めた甘酢っていう構成は何にも増しておいしい酢豚の必須条件。
ただし、アツアツすぎて猫舌の娘は四苦八苦してましたけど。

それからつれあいはというと、焼きそば。
2017-07-23 005.jpg
酢豚は言わずもがな、麻婆豆腐もそうなんですけど、焼きそばもちょっと甘め。
久しぶりの来店をやさしく、とっつきやすくしてくれる効用がありました。

JUGEMテーマ:グルメ


中華 | comments(0) | - | 

庭のトマトでパスタを

庭に植えたトマトが最盛期で、鈴なりのトマトがどんどんと真っ赤に熟れてくる。
だから放っておくとトマトがたまる一方なもんで、久しぶりにパスタでもしようと。
2017-07-22 001.jpg
けども、あいにく縁側のバジルが不調で、こんな時に限ってしおれてる。
なので、この日はバジルを使わずに、トマトで鶏肉とたまねぎを煮込み、それをそのままパスタのソースに仕立ててみた。
2017-07-22 002.jpg
ちょっと多いなぁっていうくらいのトマトをミキサーにかけ、目の粗いざるで皮と種を除いておく。
鶏肉を皮目を下に火にかけ、脂が融け出て皮がこんがりとなってきたらたまねぎを入れ、たまねぎが透き通った頃合いでくだんのトマトを注ぎ入れしばらく煮ておく。

で、その間にサラダを。
2017-07-22 004.jpg
きのうは近くのスーパーが朝市で、いろいろ買ってきたんですけど、唐揚げ好きな下の娘と食べようと、唐揚げを買ってきたんですが、トッピングにそれを使って。
で、サラダの主体はレタスときゅうり、それにトマト。
トマトはつれあいの実家からいただいた黄色のとわが家で採れた真っ赤のと。
考えてみれば、パスタもサラダもチキンとトマトですね。

で、バゲットはもちろん、フルニエの。
2017-07-22 003.jpg
さて、パスタのほうですが、トマトを注ぎ入れしばらく煮ておいたのもずいぶんと煮詰まってきたので塩こしょうで味を調えて、茹であがったパスタを絡め、仕上げにEXヴァージンオイルを。
2017-07-22 005.jpg
バジル抜きでもいいようにチキンとたまねぎで仕上げたんですけど、やっぱりバジルが欲しいところ。ついでに言えばパルミジャーノもあったほうよかったかも。
でも、おかげでトマト本来の味が味わえた・・・なんて言えば、負け惜しみみたいに聞こえるかもしれませんけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


パスタ | comments(0) | - | 

ベーコンエピとマーブル模様のカフェオレ

このところ、金曜日はいつも実家にまり、その翌朝、つまりきょうの朝を早く起きて和泉中央のフルニエに寄ってパンを買って帰る。
いつもはバゲットと食パン5枚切りを買うんですが、きょうは目の前でベーコンエピが焼き上がったんで、それも。
2017-07-21 001.jpg
ベーコンエピ。
麦の穂をかたどったこのパン、生地の香ばしい匂いと、ベーコンの焼けたそそる匂い。
で、無性にカフェオレが飲みたくなったんで・・・
アイスコーヒーに砂糖を加え、氷をがらがら入れて掻き回し、最後にミルクを静かに注いでマーブル模様になるように。
2017-07-21 002.jpg
別にマーブル模様になったからって味が変わるわけでもないんですけど、なんだかいつもやってしまう。
白いミルクと暗いブラウンのコーヒーが混ざり合って、微妙な模様を描き出すとちょっと嬉しい。
ま、他愛のない話ですけど、ぼくの密かな愉しみ。

さて、ベーコンエピ。
2017-07-21 003.jpg
上からひとつづつ毟ってムシャムシャしてると、つれあいがやってきて、「わたしも」と。
上の娘もひと毟り。
あっという間に麦の穂はなくなってしまいましたヮ。

JUGEMテーマ:グルメ
  


パン | comments(0) | - | 

薄口に辛口

このところこってりしたのが続いてるんで、ちょっとあっさりしたのを。
そんなわけでこの日は和食。主菜はシタの煮付け。
2017-07-20 001.jpg
酒を煮切ってみりんを合わせ、淡口醤油で味付けるわけですけど、なかなかこれがうまく決まらない。この日もちょっと薄味すぎたかな。

副菜はうちの定番の煮びたし。
2017-07-20 003.jpg
こちらもちょっと味が薄い目。濃口醤油を使ったんで見た目は味が濃そうなんですが。
煮魚と煮びたし。ちょっと味がかぶってるところもあって、そのうえどちらも薄味っていうんで、家人から辛口の批評がある。

副菜はもうひとつ。じゃこおろしを。
2017-07-20 002.jpg
こちらは醤油なりポン酢なりを自分で加減すればいい。もっとも、だからよけいに煮魚と煮びたしの薄味が目立ったりもして。

それにこの日は味噌汁も若干薄い目でして。
2017-07-20 004.jpg
近ごろは料理男子ってのがごまんと居て、それぞれの家庭で腕を振るうのも珍しくないんですけど、結果が少々まずくても家族はけっこうおだてたりするもの。
でも、わが家のばあい、おだてっていうのはあんまりなくて、けっこうストレートにダメ出しされたりもするワケ。
この日もダメ出しっていうほどではないんですけど、辛口の批評があって、こっちはこっちでしおらしく耳を傾けるものの、心の中でペロッと舌を出し、そして一献飲み干すワケ。
2017-07-20 005.jpg
まあ、家族ですからおだてがあって円満にいくっていうのもいいんですけど、こんなふうに素直に言ってもらえた方が身のためになるんかなと。
辛口の批評もそんなふうに捉えるっていうのは、批評を正面から受け止めてないとも言えるわけで、実のところ自分に甘いっていうことかもしれませんけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

ハヤシグラタンはアルコール抜きで?

ハヤシライスっていうのはけっこういろいろとアレンジが効くもので、一昨日のハヤシライス、まずはハッシュドグラタン、いや、ハヤシグラタンへとアレンジしてみた。
2017-07-19 001.jpg
グラタン皿へごはんをよそい、ルーをかけ、タマゴを割り落としてさらにその上からルー、それから、ピッツァ用のチーズとパルミジャーノ、それにパン粉を少々かけてオーブンへ。

で、ここで赤ワインを合わせようとするのが安易な考え。
2017-07-19 002.jpg
ワインはシャトー・ロック・ド・マンヴィエルっていうボルドーの。
メルロー主体で、あとカベルネとか。

で、ハヤシグラタンに合わせたものの、つれあいが用意してくれたサラダにはちょっと合わんなぁと。
2017-07-19 003.jpg
山芋とオクラとレタスのサラダ。
味付けは昆布と擂りごま。
こりゃ、もう清酒か焼酎?

うひゃぁとか言いながらハヤシグラタンにエスケープするんですが、よくよく考えたらタマゴを割り入れてたっけ。
2017-07-19 004.jpg
これももう、ワインとは合わせにくい。
さりとて、清酒も焼酎も・・・

というわけで、たまには酒を抜けってことかなぁ・・・

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

“うまい あまい”

お義母さんからハチミツバターってのをいただきました。
2017-07-18 001.jpg
わが家では、ずいぶん前にバターをカルピスバターに替えてから、もっぱらこのカルピスバター(安い業務用のほうですが)を使い続けてる。もはや、あと戻りができないっていう状態。
でも、このハチミツバター、その名のとおりバターとハチミツでできてるので、甘い。だから、このハチミツバター、バターっていうよりもむしろコンフィチュールに近い扱い。
で、この日はバゲットで試してみた。
2017-07-18 002.jpg
カリッと焼き上げたフルニエのバゲットにこのハチミツバター、なんだかラスクみたいな感じ。
でも、フルニエのふわっとしたパンで食べれば、もっとうまいんやろなぁ〜
てなわけで、その次の週、食パンをフルニエでいそいそと買ってきた。
2017-07-18 003.jpg
で、その5枚切りの食パン。
買ってきたての。
むろん、焼きたてですから、実際には常温になっているものの、まだほんのりと温かいって錯覚するくらいに焼きたての。それをトースターで軽く焼いて、そこへハチミツバターをたっぷり、
2017-07-18 004.jpg
うまい。
あまい。
やっぱり狙いどおり、バゲットよりも食パンに合う。パンケーキに使ってもさぞかしうまいんやろなぁ。
お誂え向きに今月末に九州出張があるんで、九州パンケーキを買い込んで、それで試してみようっと。

JUGEMテーマ:グルメ
  


パン | comments(0) | - | 

主菜はハヤシとはいえ

休みにかまけて、ここ何日かはゆっくり目の更新だったんですけど、またもとどおりの時間でということで。
で、今回はハヤシライス。
このところ、ぼくが担当のハッシュドビーフはとんとつくってなくて、ほぼほぼつれあいがつくるハヤシライスに偏ってる。
2017-07-17 001.jpg
もっとも、つれあいがつくるハヤシライスに偏ってるとはいえ、仕込みは担当するんですが。

で、今回はサラダを充実してみた。
まあ、水茄子の浅漬けをサラダに入れるのは少々無理があるかも知れませんけども。
2017-07-17 002.jpg
それでも、以前、大阪の新町のリストランテ、ラ・ギャロワーズでは、ランチのサラダによく水茄子の浅漬けを使ってたんですけどね。

まぁ、それはともかくとして、お次はマカロニサラダ。
2017-07-17 003.jpg
こちらは朝につれあいがお弁当用にとつくったやつやったんやなかったかな。
記憶が不確かなんやけど、このにんじんの切り方はきっとつれあいやろうと。

けど、今回はサラダを充実してみたってんで、さらにもうひとつ。
2017-07-17 004.jpg
こちらは定番っていうか、レタス、トマト、きゅうりにハム。

でもって、さらにおまけでとうもろこし。
2017-07-17 005.jpg
というわけで、サラダはいろいろと。
だから、ハヤシライスが主役なら迷うことなく赤ワインを選ぶんですが、主菜はハヤシライスとはいえ、これだけサラダに囲まれるとそうも選択しづらくなるもんで、ここは大事をとって焼酎。それでもちょっとちぐはぐさは否めませんが。
2017-07-17 006.jpg
そんなわけで、ハヤシライスとサラダ、それに焼酎。
まあ、ナントカいつものとおり更新できた。
とはいえ、きょうは実家に泊まる予定なもんで、また更新は遅れることとなるんですが。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 
| 1/407P | >>
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>